テニス ストローク

ボレー

沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

深いボレー、それはテニスの基本・・・。

確かに、テニススクールでも習いますし、有効な攻撃であることに間違いはありません。

でも、実際の試合ではどうでしょう?

結構こういう方、シチュエーションが多いと思いませんか?

 

沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

 


 

1.低いボレーは、「攻撃」の欲を捨てよう

場合にも寄りますが、私はこう思います。

ネットより低い位置でのボレーは、攻撃の欲を出すと基本。

例えば、サーブ&ボレーのファーストボレー、そしてポーチに出たときに相手のボールが低い・・・など、相手がストロークを「沈めてきたとき」ですね。

ここから深いボールで反撃!という意識が強いと、それは黄色信号。

深いボレーを打とうとしてアウト、がすごく試合では多い。

まずここに気付かないと、アナタのミスは減りません。

 

2.深く打つ、よりも前に落とすことが有効な場合が多い

皆さん、つい力が入ってしまうので・・・なかなかこういう発想にならない。

相手がストロークで沈めてくる、なら当然、前のスペースは空いている。

深く打つより、前に落とす方がポイントが獲れるし、効率的。

もちろん、相手に読まれ始めたら深く打つパターンも大事ですよ。

でも、相手の鋭いストロークを深く打つ、時には本当に最新の注意を払わないと。

思った以上に、力が入ってアウトしてしまうのが、低い位置からのボレーなんです。

 

3.深く打ちたい時には、スライスで回転をかけよう

深いボレーをコートにおさめる、にはまずスライス回転をかけること。

それも、切るようなスライスではなく、上からグッと抑えるような感じで、ボールが空中で止まるようなイメージが欲しい。

伸びていくスライス、のようですが、練習すればベースライン手前で失速するスライスも打てるようになる。

意識としては、もう1回ストロークを打たせるくらいで良いでしょう。

確かに沈められるのは脅威ですが、2回目ってそんなに怖く無い。

スライス回転をかけて、コート深くにボールをセットする。

ただし、強く握り過ぎない、振り過ぎないことは大事です。

コレでいきましょう!

 

ちょっとした意識、の違いでアウトミスは減らせる。

やっぱり沈められると、焦るじゃないですか、ボレーって。

これは、グリップを強く握ってしまう元になる。

深く打とうとしてアウトする、無意識のボレー・・・卒業していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

    ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。あくまで、自…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

    ボレーで決定力が無い、ポーチで決まらない・・・。人は、まずこの…

  4. テニス メンタル
  5. ボレー

    「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

    ダブルスの試合の前衛、でなかなかポーチに出ることが出来ない人。…

  6. ボレー

    前に詰めて逆クロスにボレー、打てる?

    ダブルスの試合で、使えるボレー術。あまり良い打ち方としては紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判…
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「あと、1本」は、地球の裏側くらい遠い
  5. ストローク

    ストロークで、「ボールが持ち上がらないんですけど・・・」と嘆く人は意識して欲しい…
PAGE TOP