テニス ボレー

ボレー

「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる

テニスの試合のアナタの姿。

それは、アナタの日常に潜む本性をさらけ出している、と思って下さい。

こういう前衛のプレーは、きっと普段の勉強や仕事に全て反映されている。

試合に勝ちたければ、覚悟を決めて前衛のポジションに付く、そしてその役割を全うしましょう。

 

「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる

 


 

1.後ろに味方がいると、思ってはいけない!

典型的なのは、ロブを後衛に任せるケース。

そりゃ、ナイスロブなら仕方ない。

後衛がカバーに走れるのも、ダブルスの強みですからね。

ですが、何でもかんでも任せる、後ろに自分の味方がいることに甘えている人、がダブルスの試合では本当に多い。

ネットに近い選手がボレーで触る、ことがダブルスの攻撃として一番効率的なのに。

そこから逃げている前衛は、相手にとって全く怖く無いのです。

 

2.ロブで抜かれたら、「次」にどうするのかを考える

相手の気持ちになって考えてみると、対応策が見えて来る。

自分のロブで相手の陣形を崩せたなら、「なんだ、このペアは困ったらロブを使えば逃げられるな・・・」と思うはず。

つまり、また同じような場面でロブを使うケースは容易に想像出来ますよね。

そこを誘って、仕留めるのがアナタの仕事。

一度抜かれるのは、良い。

でも次からは、その相手の成功体験を逆手に取って、仕留める覚悟が必要なんです。

 

3.テニスの成長も、「他人任せ」になっていないか?

後衛に頼りがちな人は、そもそもテニスのスタンスを見直した方が良い。

失敗が怖い、目立つのが嫌、自分に自信が無い・・・と、どこかで諦めていませんか?

前衛のプレーは、自分を主張してこそ初めて責任が果たせる。

ここから逃げては、ダメ。

テニスの成長まで、他人任せになっているような選手は試合で勝てないし、テニスが楽しく無くなる。

アナタにそうなって欲しくは無いのです。

 

前衛のプレーこそ、「別人格」くらいの意識で。

普段おとなしい人が、前衛で激しく動く・・・なんて、カッコイイじゃないですか!

失敗しても良い、どんどん後衛に任せないで打っていきましょう。

失敗しないことが失敗、になるのがテニス。

任せてばかりの後衛も、きっと楽になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用しなくなる

    テニスは人がするスポーツ。人の習性や構造を考えると、実は想定さ…

  2. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考える

    「ボレーで足元にボールが来た時、ノーバウンドかハーフボレー、どっちの方…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

  4. テニス ボレー
  5. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由

    テニスの技術の中で、これが苦手という方は多いでしょう。低い位…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
  2. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的
  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  5. ボレー

    ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本
PAGE TOP