テニス メモ

メンタル

メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると思います。

「無いな・・・」という方は、もったいない・・・し、まだまだ強くなるチャンスがある!

今回は、具体的にどんなメモやテニスノートを用意しておけば効果的か。

シチュエーションを、「チェンジコートの時に読んで、効果的かどうか」をテーマに、考えてみましょう!

 

メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

 


 

1.チェンジコートの時間は、短い!

約2分。

この間で、何かを確認して次どうするかを決める。

その時に、ポイントとなるのは「簡潔に、具体的に、テーマ別に」という点。

メモで記しておきたいのは、シンプルに短い文章で書いておくこと。

チェンジコートのときに見返して、次のゲームからすぐに使える。

そんな小さいネタを用意しておくことが大事なのです。

 

2.自分のことは「理想を低く」見積もっておく

例えば、こんなことが書かれていたらどうでしょう。

「ファーストサーブを入れて、リターンで返ってきたボールを攻撃、バックハンドを攻めていく」みたいな文章が、作戦として書いてある。

でもいざ試合の現場では、ファーストサーブが入らない・・・から、焦りが募るばかり。

自分が「こうなるだろう」という予想は、低く、低く見積もってメモを作っておく。

「サーブが入らないときは、コートをキックする、オーバーフォルトはOK」みたいな感じで、修正方法を具体的に。

こういうメモが、もしかしたらアナタを試合の窮地から救うかも知れません。

それから書いておくべきは、対戦相手の想定、についてです。

 

3.相手の弱点となりそうな要素、を書いておく

私はいつも、こんな感じのメモを持って試合に行きます。

 

・年齢が若ければ、ネットプレーが苦手

・両手バックハンドの選手は、浅いバックハンドが苦手

・回り込みフォアハンドが得意な選手は、空けて待っているフォアハンド側を狙う

・サーブが苦手そうな相手は、セカンドサーブでプレッシャーをかける

・リターンが得意な相手こそ、ゆっくりで良いのでファーストサーブを入れる

 

試合前はどんな相手か分かりませんが、3~4ゲーム進めば大体が見えてきますよね。

上の中から、当てはまるものを1つか2つ、作戦の中で活かしていく。

これが上手くいくかは分かりませんが、少なくとも自分がやることはハッキリするので迷いが無くなる。

チェンジコートで、このあたりまでもっていければメンタルコントロールとしては上出来でしょう。

 

分厚いノートやファイル、必要ありません。

試合のチェンジコートで活かせるのは、1枚の紙でOK。

たった1枚でも、用意しているのとしていないのでは、雲泥の差が出てきてしまうかも知れません。

小さい紙、それこそレシートの裏でも良い。

書いておく、それだけでメンタルが安定するから不思議です。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  2. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無いからだ

    試合は序盤が大事、と何度も書いてきました。ですが、それと同じく…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

    深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待…

  4. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?

    試合に勝ちたい人の為に、ヒントを。これがT-PRESSのメイン…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう

    テニスの試合の中で、調子が上がらない時。手段の一つとして、私が…

  6. メンタル

    勝てる人の、振る舞い方の特徴

    試合に勝てる人、結果を出している人。こういう人を見て、何を感…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず…
  2. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない
  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねり…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない
PAGE TOP