テニス 準備

フットワーク

フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人

目次

フットワークは細かく!小さい歩幅で!

私もよく、この言葉を聞いてました、アドバイスとして。

でも、実際の試合でこの動き、考え方って、使えるでしょうか?

私は、そう思わないんですよね。

実は、大股の方が良い、試合では合わせやすい。

みなさん、一緒に考えてみませんか?

フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人

1.小さい歩幅で、タタタタッ・・・と、動けますか?

テニスの試合では、広いコートをカバーしないといけない。

そんな時に、小さい歩幅で細かく動いて、追いつけますか?

小さいフットワーク、が使える時って、ある程度時間がある時だけ。

フワッとしたチャンスボール、は細かく合わせて良いと思います。

でも、普通の速度のストロークや、遠い場所のボレー、下がってのスマッシュ、私は大股が基本だと思いますよ。

それでバシッと合わせられたら、それはアナタの武器になるはずです。

2.短い歩数で、合わせられれば試合で強い!

例えば、遠くのボールに追いつきたい。

相手のボールも速い、反応が少し遅れた・・・ような時に、みなさんどうでしょうか。

大きく1、2!と歩幅で合わせることが出来れば、反撃だって出来るかも知れない。

遠くの場所に、大股で合わせるのには、それなりの予測が必要。

これを、磨いて欲しいんです。

走って止まって打つ、ような感じではないでしょう。

踏み込みながら打つ、ような場面も試合では多い。

大股で合わせることが出来れば、フットワークと予測が進歩している、ということですから。

3.細かく動いても、速くは動けない

実際に、小さいステップは速くない。

相手にとって、威圧感のあるようなフットワーク、ではないんですよね。

テニスって、意外と大股で動く機会の方が多いんですよ。

プロ選手は身長も高いし、股下が長いから、これが凄く速くて正確。

だからシングルスの激しいラリーでも、コートをカバー出来るんです。

小さく細かく、はもしかしたら、アナタ自身のフットワークの障害になっているかも知れないですね。

4.もっと言えば、動かないで打てれば一番良い

最高なのは、これですね。

先回りしておいて、動かないで打つ。

これが出来れば、体力も温存出来るし、相手へのプレッシャーになる。

テニスが上手い人って、試合であまり動いているように見えない、ことないですか?

バタバタ走っているのは、いつも負ける側。

理想かも知れませんが、このイメージもすごく大事だと思います。

「そんなの、横着なテニスだ!」という声は、甘んじて受けます。

でも、トーナメントを勝ち上がるなら、こういう考え方は大事。

ぜひ、意識してみて下さい。

大きく足を拡げて、走ることってなかなか無いですよね。

股関節をしっかり拡げるようなウォーミングアップ、大事です。

大股で合わせること、が出来ればテニスは間違いなく強くなる。

小さい歩幅ばかりの人は、ぜひ見直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. フットワーク

    ネットプレーに強い人は、これを意識している

    試合の中で、前でポイントが取れる。ボレー戦に強い、前衛が得意…

  2. フットワーク

    自分のコートのどこに、速いボールが飛んで来るのか分かる?

    相手が打って来る、まさにその瞬間。試合に強い人は、何を考えて待…

  3. テニス リターン

    フットワーク

    打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと

    知らないうちに、追い込まれている。知らないうちに、負けている。…

  4. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう

    「試合中に足が動かない・・・」と感じると、気持ちが落ちていってしまう。…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう

    試合の緊張した場面で、ネットに「パン!」とボールが当たる。コー…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール
  2. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
  4. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみた…
PAGE TOP