テニス ポーチ

スマッシュ

スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

テニスにおいて、難しいフットワークと言えば?

ほとんどの人が、「後ろに下がる」フットワークと答えるんじゃないでしょうか。

スマッシュが上手い人、縦の守備範囲が広い人は、とにかく後ろに下がるのが速くて上手い。

スマッシュの技量は技術やパワーももちろんありますが、一番大事なのはその守備範囲。

強いダブルスペアは、ほとんどロブを下に落としません。

そんなネットプレー、まずはフットワークの改善から目指してみませんか?

 

スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

 


 

1.サイドステップに慣れて、クロスステップが出来ない!?

クロスステップとは、文字通り足がクロスする、交わるようにして動くフットワーク。

スマッシュで下がるときには、前足、つまりは横を向いたときに相手コートの側にある足が、後ろ足を追い越していくのがクロスステップ。

これが出来る人、実際に本当に少ないのが現状です。

横を向いてから、サイドステップのようになってしまっている方が多く、これだと初速で小刻みなステップになってロブのスピードに付いていけません。

 

2.前足から「大胆に後ろへ動かす」という意識で

「ロブだ!スマッシュだ!」と思ったら、まず最初は大きな歩幅でしっかり前足を後ろへ。

そしてその足で身体を持ってくるように、コートをしっかり足で掴むような感覚が大事です。

次は反対の足を、これまた大きく後ろ方向へ。

この2歩の動きの精度で、ほぼスマッシュの精度が決まると思っても良いでしょう。

しっかり2~3メートルは、この2歩の動きで稼ぎたい。

ボールから目線を切ってしまうのも、有りです。

そこからは細かい調整のステップも大事ですが、まずは最初の動きを大きく、大胆にを意識してみて下さい。

 

3.腰が高い、スタンスが狭いとクロスステップは難しい

大きな歩幅にするには、ある程度重心を低くしなければ、当然難しいですよね。

相手がロブを上げてきそうな雰囲気になったら、しっかり重心を落として構えるようにしてみて下さい。

この準備だけで、左右だけでなく前後の動きも守備範囲を広げることが出来ます。

膝が柔らかく使えることが、こういったクロスステップを行う上での最低条件になります。

 

上手い選手のスマッシュ、ぜひ足元を見てみましょう。

足元に注目すれば、きっとその強さの秘密が見えてくる。

強い選手は、とにかく後ろに強い。

だからこそこのクロスステップ、学生の皆さんにも身に付けて欲しい。

上が強くなると、本当にテニスは楽しいし迫力が出てきます。

さぁ、まずは練習です!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

    ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。これ、大き…

  2. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

    スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。これが出来れば、もっ…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫

    スマッシュミスが多いと、自信が無くなくなってくる。入れようと思…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

    スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する…

  5. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

    スマッシュでしっかりと、ポイントを取りきること。これが出来れば、試…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある
  3. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を…
  5. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
PAGE TOP