テニス ポーチ

スマッシュ

スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

テニスにおいて、難しいフットワークと言えば?

ほとんどの人が、「後ろに下がる」フットワークと答えるんじゃないでしょうか。

スマッシュが上手い人、縦の守備範囲が広い人は、とにかく後ろに下がるのが速くて上手い。

スマッシュの技量は技術やパワーももちろんありますが、一番大事なのはその守備範囲。

強いダブルスペアは、ほとんどロブを下に落としません。

そんなネットプレー、まずはフットワークの改善から目指してみませんか?

 

スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

 


 

1.サイドステップに慣れて、クロスステップが出来ない!?

クロスステップとは、文字通り足がクロスする、交わるようにして動くフットワーク。

スマッシュで下がるときには、前足、つまりは横を向いたときに相手コートの側にある足が、後ろ足を追い越していくのがクロスステップ。

これが出来る人、実際に本当に少ないのが現状です。

横を向いてから、サイドステップのようになってしまっている方が多く、これだと初速で小刻みなステップになってロブのスピードに付いていけません。

 

2.前足から「大胆に後ろへ動かす」という意識で

「ロブだ!スマッシュだ!」と思ったら、まず最初は大きな歩幅でしっかり前足を後ろへ。

そしてその足で身体を持ってくるように、コートをしっかり足で掴むような感覚が大事です。

次は反対の足を、これまた大きく後ろ方向へ。

この2歩の動きの精度で、ほぼスマッシュの精度が決まると思っても良いでしょう。

しっかり2~3メートルは、この2歩の動きで稼ぎたい。

ボールから目線を切ってしまうのも、有りです。

そこからは細かい調整のステップも大事ですが、まずは最初の動きを大きく、大胆にを意識してみて下さい。

 

3.腰が高い、スタンスが狭いとクロスステップは難しい

大きな歩幅にするには、ある程度重心を低くしなければ、当然難しいですよね。

相手がロブを上げてきそうな雰囲気になったら、しっかり重心を落として構えるようにしてみて下さい。

この準備だけで、左右だけでなく前後の動きも守備範囲を広げることが出来ます。

膝が柔らかく使えることが、こういったクロスステップを行う上での最低条件になります。

 

上手い選手のスマッシュ、ぜひ足元を見てみましょう。

足元に注目すれば、きっとその強さの秘密が見えてくる。

強い選手は、とにかく後ろに強い。

だからこそこのクロスステップ、学生の皆さんにも身に付けて欲しい。

上が強くなると、本当にテニスは楽しいし迫力が出てきます。

さぁ、まずは練習です!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

    明らかにチャンス、なスマッシュの場面。こういうときって、逆に打…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  5. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ
  2. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事
  3. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
  4. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る
PAGE TOP