フットワーク

コートをリカバリー出来るフットワーク、秘密は膝とつま先の向きに有り

素早くコートを動いて、しっかり止まって打つこと。

これが、なかなか試合では難しいですよね。

練習よりも身体は固いし、試合で対戦するのは初見の相手も多い。

いかに、コート上で速く動けるのか、はスタートダッシュにかかっている。

このコツ、見直してみませんか?

 

コートをリカバリー出来るフットワーク、秘密は膝とつま先の向きに有り

 


 

1.後ろ足の膝を、素早く走る方向に向ける

動く方向を決めたら、素早くこの反応から入りましょう。

自分の後ろ側の足、から膝を進行方向に向ける。

同時につま先もしっかり向けて、身体が動き出す最初の動作をスムーズにしていく。

右側に動くなら、右足の膝、つま先を素早く進む先に向けてみる。

当たり前、の動作に思えるかも知れませんが、結構これって大事ですよ。

 

2.膝が反応すれば、骨盤も反応してくれる

実際、膝を意識すれば腰も連動して動くはず。

骨盤から動かすよりも、まず膝を向けていく、と考えるとスムーズですよ。

反応が悪い人は、上半身から先に反応して突っ込んでしまう、またはネットの方向を向いたままに遠い足、から動かしてしまう人が多い。

右側に動くなら、大きくまず右足から出していかないと。

そしてその右足を左足が追い越していく。

大きな歩幅でスタートが切れると、フットワークとしては素早さが俄然出てきます。

 

3.大きく動いて、小さく合わせる

最初の歩幅は大きく、ハッキリと。

そしてその後、小さい歩幅で合わせていく感じ、がテニスには必要です。

大きな歩幅、はスタートダッシュが大事。

膝とつま先を意識して、進行方向に一気に動く。

特に後ろ足、を意識出来ると良いと思いますよ。

 

4.オムニコート、実は動き辛い・・・?

と、私は思います。

足への負担は少ないのですが、やはり滑るし、走り辛い。

だからこそ、ちょっとした工夫が大事なんです。

膝やつま先、をスタートでどう使うのか。

進行方向にパッと向けて、大きく動き出す。

これだけで、かなり違うはずですよ。

 

実際に足が速い人が、コート上を素早く動けるとは限らない。

進行方向に、素早く向ける、ことだけまずは意識してみて下さい。

膝から反応、腰に連動していく、だけで守備範囲はかなり拡がるはずです!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ

    試合で大事なのに、つい練習で見落としがちなモノ。それは、フット…

  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

    トレーニングは大事だけど、なかなか取り組むことが出来なくて・・・と、悩…

  4. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

    テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。…

  5. テニス ミス
  6. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい

    テニスの試合でのフットワーク、みなさんどんな意識ですか?ここ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない
  2. テニス イベント

    練習メニュー

    技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!
  4. テニス センス

    メンタル

    テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えてお…
PAGE TOP