テニス ストローク

フットワーク

打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢

強い選手は、姿勢がぶれない。

特に打った後、じゃないですかね。

ブレないから安定するし、しっかり次への構えの早い。

みなさんも、ぜひ身近な上手い人の姿勢をチェックしてみて下さい。

打った後、どんな感じで打ち終わっているのか、を考えておきましょう。

 

打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢

 


 

1.弱い人は、ぐちゃっとなる

どうでしょう、気付きませんか?

打った後に、構え直しが遅い、ラケットもどこにあるのか分からない。

こういう人が多いし、試合には勝てない。

ぐちゃっとなっていること、に気付かないんですよね。

なぜなら、自分が打ったボールの飛び先にしか、興味が無いから。

どうやったって、次のボールが取れないですよ。

 

2.姿勢が良い人は、ブレる要素が少ない

姿勢が良い人は、ブレる要素がそもそも少ない。

頭の位置、が変わらないんですよね。

自分の身体の中で、重たくて高い位置にある、この頭をどう維持するのか。

打った後に、動かないくらいの感じ。

もちろん構え直すんですが、その動きを小さくしていく。

良い姿勢、を保っていれば、プレーが安定するだけじゃない。

もっともっとたくさん良いこと、がたくさんありますよ。

 

3.疲れないし、相手も騙せる

私も自分が出来ているかどうかは別として、対戦相手の姿勢が良いとき。

何だか、体力負けするような気がします。

疲れないんでしょうね、身体がブレないと。

それに、対戦相手も騙せます。

調子が良さそうに見えるし、打って来るボールが全部入っているように見えるんです。

だから、アウトボールすら触ってしまう。

姿勢が良い選手って、雰囲気で相手にプレッシャーをかけることが出来る。

そう思いませんか?

 

4.強い選手は、こういうリズムを持っている

小さい、本当に小さいことなんですが。

姿勢が良い、というのも一つのリズム。

こういう小さい要素を、強い人はしっかり多く試合に詰め込んでくる。

調子が悪く感じても、姿勢を良くしていれば負けない、何かが良くなっていくというのを知ってるんですよね。

自分のリズムを持っている、という自信にもなる。

みなさんも、まずは自分の姿勢から変えてみてどうでしょうか?

 

構え直しの良さ、メンタルの安定。

これだけは、調子の良い悪い、が無いように思います。

そういう人は、姿勢が良いし雰囲気がある。

簡単じゃないですけどね、体幹のトレーニングも必要ですから。

でも、それだけのことをやる価値はある。

私は、そう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょ…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

    緊張したときに、自分はどうなるのか。特にテニスでは、足元から緊…

  6. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

    テニスラケットがどんどん発達している。でもやっぱりテニスはアナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう
  3. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    行動に昇華しないのであれば、それは刺激とは言えない
  5. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから
PAGE TOP