テニス 言葉

フットワーク

テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。

ですが実際にこの言葉を実践するには、相手に守備しかさせないような圧倒的な攻撃力が必要。

でもテニスでは、そんなに圧倒的な攻撃力、無くて良いんです。

そう、平凡な攻撃力を持っての「超攻撃的守備」が出来るかどうか、を考えてみましょう。

 

テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

 


 

1.前に詰めることで、相手の打てる範囲を狭める

ボールに近づくこと、が出来ると、相手は打てる範囲が狭まります。

触れる範囲が拡がる、ということは守備力が上がるということ。

つい下がった方が時間も作れるし、ボールを拾いやすいように錯覚してしまいますが、テニスは違う。

サッカーのゴールキーパーのように、前に出ることでシュートエリアを狭めるような攻撃的な守備も、必要です。

 

2.移動は常に斜めに動くフットワーク

ポーチで一部例外、を除いて、テニスでは斜めに動いて最短距離で移動したい。

相手が打った瞬間には、自分が打てる場所へ動くイメージが出来ていますか?

足の速さ、は必ずしもコート上での動くスピードとは比例しない。

攻撃的な獲物を狙うようなフットワークは、予測と素早い判断力、によって絶対に養えます。

普段の練習から、0.1秒を縮めていく危機感を持って臨みましょう。

 

3.スタンスを広くしてラケットを下げる

スタンスが広いと、自分の近くのボールに対しては反応が速くなる。

足元のボールにも反応しやすいし、相手の攻撃をカウンターで返球して反撃出来るのも魅力です。

スタンスが狭いと、目線も高くなるし守備力も下がる。

返球出来たとしても、その次で決められて終わりでしょう。

攻撃的な守備、とは相手に反撃を許さないような返球にあるのです。

 

4.走らされてコートの外・・・こそ反撃のチャンス!

攻撃的な守備は、コートの外に走らされたときにこそ強みを発揮する。

コートの端にいけば、それだけワイドを含めて打てるコースが拡がっていることに気付きましょう。

相手に攻撃されている、動かされていることで、自分の気持ちが引いてしまわないように。

あくまで反撃は、攻撃的な守備の意識から。

しっかり走りながら、有効な返球コースを見つけていきましょう!

 

攻撃的な守備、はどのスポーツにも求められる。

カウンターという言葉でひとくくりにされがちですが、一発で決めなくても良い。

テニスでは相手の攻撃を、イーブンに戻す、だけでも充分攻撃的ですよね。

そんな守備が出来ていれば、相手はきっと自分から崩れていってくれることでしょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう

    フットワークの基本、だけど見落とされがちな基本。不思議と・・・…

  2. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠

    当たり前ですが、なかなか出来ないこと。テニスの基本は、試合での…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  4. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすることが多い

    試合に勝てない選手には、共通点がある。攻撃され窮地に立たされる…

  5. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?
  3. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
  5. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法
PAGE TOP