ストローク

ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。

でも、実際に上手い選手のプレーを見ていると・・・どうでしょう。

打つ前、に後ろに引いているように見える、ことないですか?

これを紐解くには、テイクバックを2段階と考える必要があります。

ストロークの基本、テイクバックがしっかり出来ればもうストロークはミスが怖く無くなる。

ぜひ、今一度意識してみて下さい。

 

ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

 


 

1.まずはターン!その後に・・・?

まず、フォアかバックかを分かった時点で身体をターン!

これが第一のテイクバック、ですね。

まずは上半身をターンさせて、走る。

そこでボールに追いついて、その後にもう一度、第二のテイクバックが入ります。

ターンした上半身を、更にひねって、戻す。

この動きが、パワーを生んでくれる。

実は、この2段階のテイクバックが出来ている人って、すごくすくないんです。

 

2.第一のターンが、遅い!

これが、一番多いパターンです。

フォア側にボールを打たれているのに、身体が正面向きのまま。

上半身のターンはすぐにしないといけないのに、出来ない。

結果的に、ボールに追いついてからやっと横向き、ラケットの準備、打つという感じで忙しい。

これでは、打ち分けも出来ないしミスも増える。

第一のターン、は相手が打った瞬間に行わないといけないんです。

普通に待っていたら、まず遅れる。

そう考えておいて、損は無いです。

 

3.第一のテイクバック、ターンさえ終えておけばミスは減る

なぜ、この最初の第一のテイクバックが大事か。

それは、相手のボールが深い時でも、最悪何とかなるからです。

相手のボールが深いと、その返球は難しいですよね。

でも、第一のターンで横向きは作れているから、何とかボールを打つことが出来る。

正面向きのままだと、深いボールって絶対に返らない。

第一のテイクバックを終えていれば、相手のボールが厳しくても対応出来る。

やってみたら、分かると思いますよ。

 

4.余裕があるときこそ、第二のテイクバックが活きる

第二のテイクバック、上半身を更にひねる動き。

これが出来るときは、アナタ自身がストロークで攻撃出来る時。

しっかり止まって、ひねって、その戻す反動で打てる時ですからね。

こういうボール、を試合で増やせば勝てます。

余裕がある時にこそ、第一のテイクバックから早いタイミングで行うこと。

つい、私たちは遅いボールだとさぼりがちなんですよね。

遅いボールでも、忙しい。

忙しく準備することで、初めて攻撃出来るのがテニス、ですから。

 

パッとターンして、踏み込むと同時にひねって戻す。

ストロークの身体の使い方、これをしっかり意識してみて下さい。

第一のターン、この速度が早ければ試合でそうミスは増えないですよ。

相手が打って、ネットを越える前までが勝負。

磨いて、攻撃的なストロークで主導権を握っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

  2. ストローク

    打てそうなボールほど、引き付ける

    相手のボールが力無さそうに見える。叩けそうだからと言って勇ん…

  3. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は試合前に決めておきま…

    シングルスでもダブルスでも、ストロークの展開の中で攻撃的にプレーしてい…

  4. ストローク

    「けっこう、広い!!」テニスコートを試合で活用する為の、自分のボールスピードは?

    テニスコートはけっこう広い。ダブルスは二人いるからシングルスよ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

    試合に出ていると、気付くはずです。ライジングショット、自分が打…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっかりチェックしてみよ…

    両手バックハンドストローク、もっとパワーアップしていきたいと考えている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない
  3. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  5. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう
PAGE TOP