ストローク

深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。

こんな時に、ほとんどの人はパニックになって慌てて良い返球が出来ない。

でも、ちょっとしたコツで、必ず深いボールの処理も出来るようになります。

ポイントは、軸足を出すタイミングと、テイクバックのタイミングを揃えること、です。

 

深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

 


 

1.ベースライン後方に、一歩足を出す!

ことで、まず軸足を作ります。

深いボールだと気付いた時、すぐに足を後ろに出す。

右利きの方のフォアハンドであれば、右足をサッと後ろに出して壁を作る。

この時に、パッと上半身もセットする。

足を出すのと同時に、テイクバックを完了させること、が大事です。

足を出しても、上半身が準備出来ていないと意味がないですし、対応出来ない。

一緒にセットする、ことを癖付けておけば大丈夫です。

 

2.一緒にセットすると、リズムが取りやすい

後ろ足とテイクバックを一緒に、と意識出来るとリズムが出来る。

リズムが出来ると、身体が自然に反応してくれるんです。

私がいつも意識しているのは、ラケットと足を身体のターンを一緒にセット、するということ。

あくまでセット、ですね。

テイクバックしたり、バタバタ足を後ろに動かしたりはしない。

あくまでシンプルに、やることは最小限に。

時間も無いので、深いボールの対応はシンプルにが基本ですね。

 

3.出来るだけ、腰の高さで打てるように

足を1歩、後ろに下げて空間を作る。

その出来た空間で、出来るだけ腰の高さで打てるように意識してみましょう。

ライジングショット、バウンドした直後はまだボールに力があるし、コントロールが難しい。

上がり切る少し前、腰の高さぐらいが、ライジングショットは一番捕らえやすいはずです。

空間を作って、ボールを引き付ける、呼び込む。

その時にはもう、ラケットセットも完了している、ことを意識してみましょう!

深いボールこそ、シンプルにオープンスタンスで。

やることだけハッキリさせておけば、大丈夫です!

 

4.上半身のセット、テイクバックが遅れないように

これが一番、致命的なミスの元になります。

上半身のセット、をしっかり早く行う。

足を後ろに出すと同時、ですから結構早いですよ。

相手のショットが深いと、焦って身体が固まってしまいがちですからね。

かなり強く意識しておかないと、試合では反応出来ない。

普段のストロークラリーから、足と上半身のセットのリズム、磨いておきましょう!

 

ダブルスでも、これは超絶使う技術ですね。

相手のボレーが深い、けど我慢して低い軌道でもう一度沈めたり、ロブにしたり。

下半身で壁を作ると同時に、上半身もセット、をいかにリズム良く出来るのか。

これをぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

    ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。打ち終わりが違…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  3. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識したいポイントとは?

    今までこのサイトでは、基本的に右利きの方の視点で記事を書かせて頂いてい…

  4. テニス ストローク
  5. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人が多い

    社会人からテニスを始めた人、に多いのがこの傾向。安定したストロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  2. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的で…
  4. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
PAGE TOP