ストローク

深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。

こんな時に、ほとんどの人はパニックになって慌てて良い返球が出来ない。

でも、ちょっとしたコツで、必ず深いボールの処理も出来るようになります。

ポイントは、軸足を出すタイミングと、テイクバックのタイミングを揃えること、です。

 

深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

 


 

1.ベースライン後方に、一歩足を出す!

ことで、まず軸足を作ります。

深いボールだと気付いた時、すぐに足を後ろに出す。

右利きの方のフォアハンドであれば、右足をサッと後ろに出して壁を作る。

この時に、パッと上半身もセットする。

足を出すのと同時に、テイクバックを完了させること、が大事です。

足を出しても、上半身が準備出来ていないと意味がないですし、対応出来ない。

一緒にセットする、ことを癖付けておけば大丈夫です。

 

2.一緒にセットすると、リズムが取りやすい

後ろ足とテイクバックを一緒に、と意識出来るとリズムが出来る。

リズムが出来ると、身体が自然に反応してくれるんです。

私がいつも意識しているのは、ラケットと足を身体のターンを一緒にセット、するということ。

あくまでセット、ですね。

テイクバックしたり、バタバタ足を後ろに動かしたりはしない。

あくまでシンプルに、やることは最小限に。

時間も無いので、深いボールの対応はシンプルにが基本ですね。

 

3.出来るだけ、腰の高さで打てるように

足を1歩、後ろに下げて空間を作る。

その出来た空間で、出来るだけ腰の高さで打てるように意識してみましょう。

ライジングショット、バウンドした直後はまだボールに力があるし、コントロールが難しい。

上がり切る少し前、腰の高さぐらいが、ライジングショットは一番捕らえやすいはずです。

空間を作って、ボールを引き付ける、呼び込む。

その時にはもう、ラケットセットも完了している、ことを意識してみましょう!

深いボールこそ、シンプルにオープンスタンスで。

やることだけハッキリさせておけば、大丈夫です!

 

4.上半身のセット、テイクバックが遅れないように

これが一番、致命的なミスの元になります。

上半身のセット、をしっかり早く行う。

足を後ろに出すと同時、ですから結構早いですよ。

相手のショットが深いと、焦って身体が固まってしまいがちですからね。

かなり強く意識しておかないと、試合では反応出来ない。

普段のストロークラリーから、足と上半身のセットのリズム、磨いておきましょう!

 

ダブルスでも、これは超絶使う技術ですね。

相手のボレーが深い、けど我慢して低い軌道でもう一度沈めたり、ロブにしたり。

下半身で壁を作ると同時に、上半身もセット、をいかにリズム良く出来るのか。

これをぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

    ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?私は昔から、フォアハ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!

    浅いボールの処理、テニスの試合では実力が一番現れると言っても良いでしょ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  5. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒
  2. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?
  3. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう
  5. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
PAGE TOP