ストローク

両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショットと言えるのではないでしょうか。

男女共に、トップ選手のほとんどが得意にしているこのショット、磨いて試合で使いたいですよね。

磨く・・・と言っても、どこを具体的に変えていくのか。

ここは、「両手打ちならではの利点」に再度注目してみましょう。

 

両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

 


 

■右利きの両手バックハンドは、最後に左肩を前に出す!

両手打ちのメリット、それは上側の腕で最後押し込めるところ。

片手打ちだと押し負けてしまうような高い打点でも、上側の利き腕でない方の腕を使うことで、負けないストロークになりますよね。

自分でチャンス、打てると思ったら、積極的にこの腕を前に出していく。

右利きの方であれば、最後左肩をグイッと前に出すような動き、を意識してみましょう。

肩を出せば、自然に腕も前に出て打点も前になるはず。

今よりパワーのある両手バックハンド、になるはずです!

 

■高い打点の打ち方は、少しだけ両手の間を空けるのがコツ

高い打点のバックハンド、皆さん苦労していませんか?

この上側の腕を前に出すときに意識したいのが、高い位置の打点では少し両手の感覚を空けるということ。

私は両手打ちのとき、1cmくらい空けてグリップが見えるように意識していました。

この間隔があると、最後に前に出したときにラケットヘッドがしっかり前に出る、だから良いショットが打てるんです。

女性の方でもオススメの打ち方なので、ぜひ試してみて下さい。

 

■ボールの「打ち方」で威力は変わって見えるのがテニス

威力のあるボールは、筋力だけが大事な要素では無い。

むしろ打ち方、打点、で実は威力は大きく変わります。

いや、「変わったように見える・・・」と言った方が正しいかも知れません。

タイミング速くしっかり打っていくこと、打点を前にすることで、実はテニスのストローク力は大きく変わっていく。

今回ご紹介した打ち方、肩を前に出していくことで、自然に攻撃的なタイミングになるはずです。

 

両手バックハンドは、しっかり攻撃に使えるように。

守備的なイメージもあるかも知れませんが、それだけだと狙われ続けて辛い。

しっかり攻撃の姿勢、を相手に見せておくこともメンタルゲーム、で大事なこと。

まずは打ち終わった態勢、から両手バックハンドをチェックしてみましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

    テニスの試合、特にダブルスですね。試合を動かす、思い切ったショ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  3. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと

    最近は砂入り人工芝のコートが増えている。学校のコートもクレーコ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テニスの攻撃の幅が拡が…

    浅いボールをどんどん攻撃していきたいけど、テニスというスポーツはネット…

  5. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、…

  6. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る
  2. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
  5. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました
PAGE TOP