テニス ロブ

その他

「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

試合中に、どういうスタンスで自分と向き合うのか。

この問題について、私のスタンスは明確です。

今、目の前で出来ることが全て、リアル。

改めて、みなさんこの問題にしっかり向き合ってみませんか?

そんな試合、楽しくない?ですかね?

 

「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

 

1.徹底的な、現実主義者になろう

私は、この感覚で試合を進めています。

面白いかどうかは別として、徹底的な現実主義者、です。

だからこそ、試合前から考えておいて欲しいんです。

自分に何が出来るのか、相手はどんな相手なのか。

その中で、徹底的に勝てる確率が高い方法を探す。

割り切った感覚、私は大事だと思いますよ。

 

2.「自分が楽しいこと」は、誰だってやりたいけど

みなさんも、試合中そうじゃないですか?

速いサーブを打ちたいし、ストロークでもエースが欲しい。

自分楽しいと思えるプレー、がしたいと思うのが自然です。

もちろん、そういうプレーが大事な時もある。

ですが、優先順位として一番上、だったら試合自体が難しいでしょう。

感情中心、な自分で勝てる相手は限られる。

だからこそ、しっかり客観的に、リアルな自分を見つめる。

これが大事なんですよね。

 

3.ほとんどの人は「リアルな自分」を受け入れられない

試合中、パニックになる人はほとんどこれ、ですからね。

リアルな自分が、受け入れられない。

「こんなはずじゃない」と思いながら、みんなおかしいと感じながら試合を終えていく。

目の前のリアル、が全てですよ。

試合って、そういうものです。

練習で出来ていることが、難しい、のが当たり前。

パニックになりたくなければ、試合中は現実主義者であり続けるということ。

これが大事、でしょう。

 

4.試合は背伸びする場、でも無い

結果的に、はありだと思います。

思ったよりも良い試合が出来た、ということはあるでしょう。

試合運びをするうえで、自分から背伸びをしていく必要はない。

結果的に背伸び、くらいで良いと思います。

現実主義者として、今の自分のリアルを出す、それを恥ずかしいとは思わないこと。

だって、その実力が自分自身ですからね。

試合とは、リアルな戦いであり、リアルな場。

だからこそ、楽しいと思えるように頑張っていきましょう。

 

今、目の前のリアル。

それは、練習でも一緒です。

何かに不満がある人は、今の自分に不満を持たないと。

全ては自分が引き起こしていること、だからこそ、頑張るのは今だということ。

今を変えていければ、その先も変わり、自分も変わる。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. その他

    なぜ、テニスは試合経験が必要なのか?

    私が考える、テニスが強くなる、上手くなる方法。それは、とにか…

  2. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  3. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

    昨日から開幕した、全国選抜高校テニス大会。今年は5年ぶりに私も…

  4. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  5. その他

    10年前の、有明センターコート

    今朝は、朝早くから大井町へ。大井町スポルのテニスコートで、佐…

  6. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です

    自分のテニスを見つめ直す機会、皆さんは今まで経験してますでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  2. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
  4. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ
  5. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
PAGE TOP