リターン

センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。

ダブルスでもシングルスでも、センターへのサーブが厳しくなる。

これには、しっかり踏み込んだリターンで対応しないと難しい。

前に出るのが怖い、という人は、どこかで壁を破らないと。

今回は、その理由についても考えてみましょう。

 


 

なぜ、リターン側が前に出ないと難しいのか?

答えは、シンプルです。

センターへのサーブが、サーブとしては最短距離でのサーブ、になるから。

ネットの中心は高さも低いので、フラット系のサーブも入りやすい。

そのうえ、最短距離で自分の横を通過してくサーブ、ですからね。

下がって触ること、もレベルが高くなってくると難しい。

対戦相手のレベルが上がると、コントロールも良いですしね、サーブの。

それに、しっかりセンターに入るとサーブ側の作戦も立てやすいんです。

コートの中心奥からは、攻撃出来ないのがテニス

これが一番、でしょう。

センターへのサーブが重宝されるのは、次の展開が進めやすいから。

コートの真ん中、奥からはテニスは攻撃が難しいですから。

シングルスでもダブルスでも、打てるリターンのコースが限られてしまう、だからみんなセンターに打つのが基本になる。

「うん、今日の相手はセンターに打っておけば問題無いな」と思われたら、終わりです。

リラックスしてどんどんサーブも良くなる。

そうなる前に、しっかり前に踏み込んで対抗していかないと。

前に入れば、相手サーバーだってプレッシャーがかかってくるはずです。

ライジングショットの感覚で、高い打点で

出来るだけ、これを意識しましょう。

バックハンドでも、しっかり前に入って高い打点で打つ。

ライジングショット、をしっかりイメージしながら。

相手のサーブの持っているボールの力、を使うイメージでいきましょう。

アナタ自身は、力む必要はありません。

それこそ、ボレーのようにラケット面をシンプルに作る。

これだけで、かなり返球確率が上がるはずです。

最悪、入らなくても良い。

とにかく、前に入るだけで相手のサーブ側は絶対に嫌なはずですから。

T-PRESS公式チャンネルに登録をお願いします

 



 

サーブの後の守備、を相手に考えさせよう

私がサーブ側なら、嫌です。

だって、前に入って来るということはリターンのタイミングが速くなってくるということ。

サーブを打った後、早く構え直してステップも早く止まらないといけない。

サーブ&ボレーだって、あまり前には行けなくなりますよね。

後ろでリターンしてくれている分には、すごく楽なんですけど・・・。

多少ミスがあっても、リターンでどんどんプレッシャーをかけていくこと。

これが、センターへのサーブへの最高の対抗策になるはずです。

踏み込んで、前でリターン・・・難しい!

そうです、実際には難しいです。

でも、繰り返しますが、アナタなりに工夫していくことが大事。

対抗していくことで、相手が必ず乱れてくれますから。

ぜひ、格上相手に試してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  2. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

    両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。その…

  3. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

    相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。これ、結構多いと思…

  4. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

    テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。気…

  5. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  6. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  2. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  4. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  5. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!…
PAGE TOP