リターン

センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。

ダブルスでもシングルスでも、センターへのサーブが厳しくなる。

これには、しっかり踏み込んだリターンで対応しないと難しい。

前に出るのが怖い、という人は、どこかで壁を破らないと。

今回は、その理由についても考えてみましょう。

 


 

なぜ、リターン側が前に出ないと難しいのか?

答えは、シンプルです。

センターへのサーブが、サーブとしては最短距離でのサーブ、になるから。

ネットの中心は高さも低いので、フラット系のサーブも入りやすい。

そのうえ、最短距離で自分の横を通過してくサーブ、ですからね。

下がって触ること、もレベルが高くなってくると難しい。

対戦相手のレベルが上がると、コントロールも良いですしね、サーブの。

それに、しっかりセンターに入るとサーブ側の作戦も立てやすいんです。

コートの中心奥からは、攻撃出来ないのがテニス

これが一番、でしょう。

センターへのサーブが重宝されるのは、次の展開が進めやすいから。

コートの真ん中、奥からはテニスは攻撃が難しいですから。

シングルスでもダブルスでも、打てるリターンのコースが限られてしまう、だからみんなセンターに打つのが基本になる。

「うん、今日の相手はセンターに打っておけば問題無いな」と思われたら、終わりです。

リラックスしてどんどんサーブも良くなる。

そうなる前に、しっかり前に踏み込んで対抗していかないと。

前に入れば、相手サーバーだってプレッシャーがかかってくるはずです。

ライジングショットの感覚で、高い打点で

出来るだけ、これを意識しましょう。

バックハンドでも、しっかり前に入って高い打点で打つ。

ライジングショット、をしっかりイメージしながら。

相手のサーブの持っているボールの力、を使うイメージでいきましょう。

アナタ自身は、力む必要はありません。

それこそ、ボレーのようにラケット面をシンプルに作る。

これだけで、かなり返球確率が上がるはずです。

最悪、入らなくても良い。

とにかく、前に入るだけで相手のサーブ側は絶対に嫌なはずですから。

T-PRESS公式チャンネルに登録をお願いします

 



 

サーブの後の守備、を相手に考えさせよう

私がサーブ側なら、嫌です。

だって、前に入って来るということはリターンのタイミングが速くなってくるということ。

サーブを打った後、早く構え直してステップも早く止まらないといけない。

サーブ&ボレーだって、あまり前には行けなくなりますよね。

後ろでリターンしてくれている分には、すごく楽なんですけど・・・。

多少ミスがあっても、リターンでどんどんプレッシャーをかけていくこと。

これが、センターへのサーブへの最高の対抗策になるはずです。

踏み込んで、前でリターン・・・難しい!

そうです、実際には難しいです。

でも、繰り返しますが、アナタなりに工夫していくことが大事。

対抗していくことで、相手が必ず乱れてくれますから。

ぜひ、格上相手に試してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ

    春になり、試合のシーズンに入って来た方も多いと思います。まず、…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

  3. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  4. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  5. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  6. リターン

    ブレイク意欲、を相手に見せつけよう

    テニスの試合は、どこかで相手のサーブをブレイクしないと勝てない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスはいつでも、「お互い様」
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
  4. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  5. テニス 居場所

    水分補給

    本気の水分補給には、トレーニングが必要
PAGE TOP