テニス 練習

ボレー

ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。

なぜかって?

それはストロークだけでもテニスが試合が出来てしまうから。

ボレーを絶対にしないといけない、というルールはテニスにはありません。

ですが・・・そこに甘えていると、一生ボレーは上達しない。

もし本当に試合に勝ちたい、テニスを上達させたいなら、強制的にでもネットに出たい。

と思ったら、こんな練習を試してみてはどうでしょうか?

 

ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

 


 

■やり方は簡単!バウンドさせたら「失点」のルールにしてみる

やり方は簡単です。

コートにバウンドした時点で、そのペアの失点にする。

ダブルスでもかなり難しいこの練習、シングルスでも有効な練習になります。

この形式だと・・・そう、当然ネットに出てなるべくノーバウンドで触りやすい感じのポジションにしないといけない。

そう考えると、割り切って練習できますよね。

 

■サーブ&ボレー、リターンダッシュが基本プレーになる

当然、サーブ&ボレーやリターンダッシュが基本になります。

ダブルスであれば、早々に4人でネットに詰めるような4アップの陣形になるでしょう。

ここから、いかに前とロブを駆け引きの中で使えるかどうか。

バウンドさせることが出来ないので、ロブも基本的には前衛がカットしないといけない。

制約を作ると、人は頭を働かせて工夫しようとします。

この必死さが、大事なのです。

 

■ぬるま湯に浸かっていては、いつまで経っても上達しない

普段の練習、ぬるま湯に浸かっていませんか?

「出来ること、当たり前のこと」だけの練習に、終始していませんか?

それって、楽。

すごく楽だから、みなそっちに逃げてく。

好きでやっているテニスなのに、なんで出来ないことや難しいことをしないといけないの・・・と思う人もいるでしょう。

でも何度でも言いますが、試合に勝ちたい、テニスが強くなりたいならそれは違う。

自分をあえて苦しい道に縛ってみる、ことで身に付く世界もあるのです。

 

練習は工夫次第。

今回紹介した、ボレー限定、ストローク禁止の形は極端かもしれません。

でも、それくらいやらないと、人って工夫しないし考えない。

さぁ、やってみましょう。

リターン以外は、ワンバウンド禁止!

アナタの周りの人、チームは、どんなテニスが出来るでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!…

  4. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考える

    「ボレーで足元にボールが来た時、ノーバウンドかハーフボレー、どっちの方…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

  6. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打て…
  2. ボレー

    テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと
  3. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識し…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い
PAGE TOP