テニス ボレー

ストローク

テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つのポイント

ダブルスが得意な選手がシングルスに出るとき、意識したいのはいかにボレーに繋げていくか。

ストローク全盛期の今、なかなか勇気がいりますよね。

相手に応じて使い分けたいところですが、まずは基本的なネットに出る為に使いたいストロークのパターンを考えてみました。

 

テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つのポイント

 


 

1.浅いボールで相手を前後に揺さぶる

浅いボールをあえてストロークで混ぜるのは有効です。

低い打点で打たせれば、相手はパッシングショットが打ち辛くなる。

特に両手バックハンドストロークを打つ選手には、バックの浅い場所が狙い目です。

 

2.スライスで相手の打点を低くする

スライスショットをストロークに混ぜることで、相手のペースを乱し打点を低くさせる。

さらには自分が前に行く時間も稼げますね。

いかにも「アプローチショットです・・・!」という感じで素直に前に行くと相手もリズムを合わせやすいので、通常のストロークから相手が打点に入るくらいで前にダッシュしてみるのも有効です。

「えっ、前に来てたの・・・?」と思わせれば、心理的に動揺も誘えます。

 

3.肩が入った形でしっかりストロークのコースを隠す

前に行くには、相手の逆を突いてストロークで優位に立ちたい。

その為には、打点に早く入って速いタイミングでテイクバックまで終えること。

そうすることで、相手は打つコースが読めませんので足が止まってしまいます。

このタイミングがつかめると、相手をじっくり見ながらそのままネットに出ていくことができて便利。

ぜひ、早い準備を意識してみて下さい。

 

4.フォアハンドの逆クロスから前、のパターンは鉄板

とにかく鉄板のパターンは、一つ自分の中で持っておきましょう。

お勧めは、フォアハンドの逆クロス。

打つ方向に対して、打った後に動きやすいですし、右利き相手であればバックハンド側へ強力なアプローチになります。

回り込んでしっかり打てる、というタイミングでは、ぜひネットプレーに繋げていきましょう!

 

5.ドロップショットから前に走ってネット際の攻防に持ち込む

前が強いダブルスプレイヤーであれば、思い切ってボレー戦に持ち込んでしまう。

ドロップショットを打って、自分も前にいって相手に近づきましょう。

重要なのは、ポジショニング。

まずはストレートのコースを塞ぎつつ、サービスライン少し前くらいの位置が最もお勧めです。

 

ネットプレーは、シングルスの試合に取り入れることで相手が無駄に警戒してくれます。

前に出てこない相手は、どれだけストロークが安定していても、変化のある怖さが無いので楽。

ボレーが多少下手でも、前に出て来る相手のほうが、私は嫌です。

アナタは・・・どうですか?

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識したいポイントとは?

    今までこのサイトでは、基本的に右利きの方の視点で記事を書かせて頂いてい…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

    以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

    ストロークで相手を攻撃していくとき。みなさん、どんな場面を想定…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない…

    ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしま…

  6. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  2. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
  3. その他

    今の状況になって、気付いたこと
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど
  5. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける
PAGE TOP