テニス ボレー

ストローク

テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つのポイント

ダブルスが得意な選手がシングルスに出るとき、意識したいのはいかにボレーに繋げていくか。

ストローク全盛期の今、なかなか勇気がいりますよね。

相手に応じて使い分けたいところですが、まずは基本的なネットに出る為に使いたいストロークのパターンを考えてみました。

 

テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つのポイント

 


 

1.浅いボールで相手を前後に揺さぶる

浅いボールをあえてストロークで混ぜるのは有効です。

低い打点で打たせれば、相手はパッシングショットが打ち辛くなる。

特に両手バックハンドストロークを打つ選手には、バックの浅い場所が狙い目です。

 

2.スライスで相手の打点を低くする

スライスショットをストロークに混ぜることで、相手のペースを乱し打点を低くさせる。

さらには自分が前に行く時間も稼げますね。

いかにも「アプローチショットです・・・!」という感じで素直に前に行くと相手もリズムを合わせやすいので、通常のストロークから相手が打点に入るくらいで前にダッシュしてみるのも有効です。

「えっ、前に来てたの・・・?」と思わせれば、心理的に動揺も誘えます。

 

3.肩が入った形でしっかりストロークのコースを隠す

前に行くには、相手の逆を突いてストロークで優位に立ちたい。

その為には、打点に早く入って速いタイミングでテイクバックまで終えること。

そうすることで、相手は打つコースが読めませんので足が止まってしまいます。

このタイミングがつかめると、相手をじっくり見ながらそのままネットに出ていくことができて便利。

ぜひ、早い準備を意識してみて下さい。

 

4.フォアハンドの逆クロスから前、のパターンは鉄板

とにかく鉄板のパターンは、一つ自分の中で持っておきましょう。

お勧めは、フォアハンドの逆クロス。

打つ方向に対して、打った後に動きやすいですし、右利き相手であればバックハンド側へ強力なアプローチになります。

回り込んでしっかり打てる、というタイミングでは、ぜひネットプレーに繋げていきましょう!

 

5.ドロップショットから前に走ってネット際の攻防に持ち込む

前が強いダブルスプレイヤーであれば、思い切ってボレー戦に持ち込んでしまう。

ドロップショットを打って、自分も前にいって相手に近づきましょう。

重要なのは、ポジショニング。

まずはストレートのコースを塞ぎつつ、サービスライン少し前くらいの位置が最もお勧めです。

 

ネットプレーは、シングルスの試合に取り入れることで相手が無駄に警戒してくれます。

前に出てこない相手は、どれだけストロークが安定していても、変化のある怖さが無いので楽。

ボレーが多少下手でも、前に出て来る相手のほうが、私は嫌です。

アナタは・・・どうですか?

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

  2. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

    最近スライスショットをよく使うようになった。理由は簡単。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「軸足使い分け上手」になれば、テニスの試合で積極的にライジングショットで攻撃できる!

    どのショットも軸足って大事。足は二本あるけど、どっちの足が軸と…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  6. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

    高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。グランドス…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  2. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレ…
  4. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?
  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
PAGE TOP