テニス ボレー

ボレー

「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。

ここを攻撃されて、いつも手堅く返球していては相手も攻勢を強めてきます。

ときには、しっかり反撃の姿勢を見せておくことも必要。

そこでお勧めは、思い切ってアングルを狙ったハイボレーです。

「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

 


 

■苦しい場面なので、つなぐのがセオリーだけど・・・

あくまで、テニスは手堅いプレーが主軸。

そこは変えずに、ただときには相手の意表を突いたショットも打てると試合で効果的です。

バックハンドハイボレー、しかも深めのロブを追いかけたときは自分自身も苦しい。

だからこそ、発想としてはチャンスでもあります。

 

■攻勢に出る相手の狙いを外す、背中を向ける

相手が攻めてくるときに、まずは背中を向けるくらいしっかり肩を入れましょう。

こうすることで、アングルボレーが打ちやすくなります。

女性で両手バックの方は少し難易度が高いですが、男性でシングルハンドであれば、初中級者の方でも打てるはず。

コツとしては自分の背中、真後ろの方向へボールが飛ぶラケット面を作ります。

決して大振りせず、当たる瞬間に全神経を集中させましょう。

何度か練習してみて、ラケット面でボールを飛ばす感覚を養って下さい。

 

■遊び心が大切、普段から発想力と想像力を養うこと

こういった技術には、まず遊び心が必要です。

テニスで相手を翻弄したい、逆を突いてみたいという発想が、普段からアナタの中にありますか?

苦しいときですから、本来は繋ぎたい・・・と、誰もが思っているところで意表を突いてみる。

バックハンドハイボレーだからといって、いつも守りに入るのは卒業しましょう。

 

「いつも手堅く、手堅く・・・と言っているのに、今回はなぜ?」と感じる方もいると思います。

テニスには、緩急が必要。

それは心理戦にしても同じだと私は思います。

普段の練習から、粘るだけの人が前にいく、打っていく人が逆に粘る・・・みたいなテニスを実践してみて、幅を拡げましょう。

まだまだ、アナタのテニスは拡がっていくはずです!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

    普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

    風上から気持ち良くプレーして、ネットに出て・・・。でも、ここで…

  4. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

    ボレーの基本、いやテニスの基本ですね。私たちはつい、忘れてしま…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く気付こう!

    テニスはメンタルや思考が、プレーに現れる。気付いていない人も多…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功

    ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。ポーチに出る…

特集記事

  1. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ
  3. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由
  4. テニス 客観視

    練習メニュー

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ
  5. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
PAGE TOP