テニス シングルス

リターン

デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

これは、私がシングルスの試合で考えていること。

リターンをずっと一人でやるシングルスは、どうしても単調になりがちじゃないですか。

だから、あえて自分から変化を付ける。

ダブルスなら、担当するリターンのサイドでもこの考え方、は使えます。

何ごとも、まずは「型」を持ってみるのは大事ですよ。

 

デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

 


 

1.マンネリ化したリターン、危ない

まず、アナタ自身が気付くかどうかです。

特に、シングルスの試合。

リターンって、「ただ相手に返すだけ」になってはいませんか?

ラリーに持ち込む、まずは返せば良いか、あとで考えよう・・・みたいな考え。

悪くは無いですが、格上相手の試合に挑むと考えると、物足りない。

自分でマンネリ化しているリターンに気付かないと、何も始まらないですよ。

 

2.シングルスの試合なら、相手もすぐになれる

何せ、1対1ですから。

リターンだって、毎回同じ選手。

そりゃ、相手も慣れますよね。

ボールの球種、コース、それからリターンした後のポジション。

どれもある程度同じ、になっていては相手がやりやすくなっていく、のが当たり前。

ここは、しっかりサイドごとにメリハリをつけておきたいところ。

デュースサイドは手堅く、アドバンテージサイドでは冒険してみる。

ん?と思った方、一緒に考えていきましょう。

 

3.テニスは全て、デュースサイドから

0-0のカウントは、デュースサイドですよね。

ですから、まずは手堅く入る。

ここで堅実なプレーをして、その次はアドバンテージサイド。

こっち側では、多少冒険しても良いと思います。

リターンダッシュや、ダブルスならストレートアタック。

デュースサイドとの差を、自分の中で明確につける、表現する。

これだけでも、相手は嫌ですよ。

シングルスの試合でも、まるで2人の選手がリターンしているような錯覚、に陥れられる。

メリハリをつける、ということはテニスの試合で必要。

リターンなら尚更、ですね。

4.型があるから、迷いが消える

失敗しても良いんです。

こういう型があれば、自分の中で迷いが無くなりますから。

「どこで攻めよう・・・あ、もう相手打って来るわ・・・」となっているリターンでは、勝てる訳ありません。

「こっちは攻めて、こっちは確実にいこう!」と考えて入れば、迷わない。

それに、自分でも楽しくないですか?

毎回同じようなリターンをしていても、ある意味つまらないですから。

自分の中で、堅実と冒険の2つを用意しておく。

遊び心、があって良いじゃないですか。

 

リターンのサイドは、必ず交互に変わる。

テニスならでは、のこの仕組みを使わない手はありません。

もちろん、デュースサイドとアドバンテージサイド、堅実と冒険を逆にしてもOK。

ぜひ、みなさんの中で型を研究してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  2. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  3. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  4. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

  5. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストローク…

  6. リターン

    バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い

    両手でも片手でも、ここぞという場面ではストレート方向にリターンを打ちた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習と…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?
  4. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
PAGE TOP