テニス ストローク

戦術

試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

試合の中で、自分のペースを作りたい。

細かいことは考えずに、何か相手を揺さぶる良い手段は無いか・・・と考えてみたときに、これはどうでしょうか。

私は、結構シングルスの試合で意図的に使います。

長いラリー、短いラリー。

意図的に交互に組み合わせてみたりするだけで、かなり相手はやり辛いと思いますよ。

 

試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

 

1.長いラリーって、意外と少ないかも

どうでしょう、みなさん。

シングルスの試合でも、結構少なくないですか?

相手と10往復前後、の長いラリーのポイント。

こういうポイントって、少ないと試合の流れが掴みにくいし、相手のこともよく分からないまま進んでいく。

意外と少ない、この長いラリーのポイントを、意図的に作ってみると考えるとどうでしょう。

相手からすると、「何だか、急に粘り出したな・・・」と、考えて不安になってくれるかもしれない。

結構有効だと思いますよ。

 

2.一本調子のままで進むのが、一番テニスは怖い

勝っていても、私は普段です。

短い、定型的なポイントばかり続いた試合は、後半に何が起きるか分からない。

長いラリーになったら、相手はどうして来るんだろう、という不安もありますしね。

なるべく試合の序盤に、自分からコントロールしてポイントの長短を作ってみる。

これは、自分で動かしていくことで見えてくる作戦、ですよ。

 

3.結果的に長い、短いではダメ

相手にコントロールされて、長いラリーになったり、短いラリーになったりする。

これでは、なかなかうまくいかないですよね。

結果的に長いラリーのポイントを作るのって、結構勇気要るじゃないですか。

だって、粘っているうちに決められてしまうかも知れませんからね。

それに、短いポイントも作るのが難しいと感じる人もいるでしょう。

ネットに出る、ようなプレーを普段から意識していないと、難しいですしね。

どうでしょう、こうやって考えると、練習でも必要なことが見えてきませんか?

 

4.長いポイントを作るには、何が必要だろう?

まず、ミスを減らすことですよね。

「このポイントは、長いラリーにするぞ!」と決めたら、ミスしていたら話にならない。

しっかり高い軌道のストローク、相手を深い位置に留めておけるような回転量が多いショット、が必要ですね。

相手が前に出て来たら、一度ロブで下げさせる、ような発想も大事。

焦って抜こうとしてミス、したら作戦の意味無いですしね。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

 

試合でのラリーの長い、短い、を気にしたことはありますか?

気にしていない人は、いつの間にか相手に主導権を握られてしまっている可能性大。

アナタ自身で、試合の中で抑揚を作っていかないと。

意図的に、長い、短いを作ってみる。

これだけで変わってくるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

    テニスの試合が行われるコートは、基本的には選べない。会場に着い…

  2. 戦術

    人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

    テニスはある意味、騙し合い。これが良い悪い、の議論はさておき、…

  3. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

    試合が始まって、何もしないままに負けてしまう・・・。0-6であ…

  4. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術

    試合の中で、みなさんの技術を支えるもの。私は、大きく2つに分け…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ

    試合の雰囲気が、重たく、暗い。そんなときに、アナタ自身に出来る…

  6. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

特集記事

  1. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  2. 戦術

    考えた時点で、もう遅い
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと
PAGE TOP