テニス ストローク

戦術

試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

試合の中で、自分のペースを作りたい。

細かいことは考えずに、何か相手を揺さぶる良い手段は無いか・・・と考えてみたときに、これはどうでしょうか。

私は、結構シングルスの試合で意図的に使います。

長いラリー、短いラリー。

意図的に交互に組み合わせてみたりするだけで、かなり相手はやり辛いと思いますよ。

 

試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

 

1.長いラリーって、意外と少ないかも

どうでしょう、みなさん。

シングルスの試合でも、結構少なくないですか?

相手と10往復前後、の長いラリーのポイント。

こういうポイントって、少ないと試合の流れが掴みにくいし、相手のこともよく分からないまま進んでいく。

意外と少ない、この長いラリーのポイントを、意図的に作ってみると考えるとどうでしょう。

相手からすると、「何だか、急に粘り出したな・・・」と、考えて不安になってくれるかもしれない。

結構有効だと思いますよ。

 

2.一本調子のままで進むのが、一番テニスは怖い

勝っていても、私は普段です。

短い、定型的なポイントばかり続いた試合は、後半に何が起きるか分からない。

長いラリーになったら、相手はどうして来るんだろう、という不安もありますしね。

なるべく試合の序盤に、自分からコントロールしてポイントの長短を作ってみる。

これは、自分で動かしていくことで見えてくる作戦、ですよ。

 

3.結果的に長い、短いではダメ

相手にコントロールされて、長いラリーになったり、短いラリーになったりする。

これでは、なかなかうまくいかないですよね。

結果的に長いラリーのポイントを作るのって、結構勇気要るじゃないですか。

だって、粘っているうちに決められてしまうかも知れませんからね。

それに、短いポイントも作るのが難しいと感じる人もいるでしょう。

ネットに出る、ようなプレーを普段から意識していないと、難しいですしね。

どうでしょう、こうやって考えると、練習でも必要なことが見えてきませんか?

 

4.長いポイントを作るには、何が必要だろう?

まず、ミスを減らすことですよね。

「このポイントは、長いラリーにするぞ!」と決めたら、ミスしていたら話にならない。

しっかり高い軌道のストローク、相手を深い位置に留めておけるような回転量が多いショット、が必要ですね。

相手が前に出て来たら、一度ロブで下げさせる、ような発想も大事。

焦って抜こうとしてミス、したら作戦の意味無いですしね。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

 

試合でのラリーの長い、短い、を気にしたことはありますか?

気にしていない人は、いつの間にか相手に主導権を握られてしまっている可能性大。

アナタ自身で、試合の中で抑揚を作っていかないと。

意図的に、長い、短いを作ってみる。

これだけで変わってくるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合

    テニスの試合は、相手ありき。これは何度も書いてきましたが、具体…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい

    対戦相手が、技巧派な場合。私は、まずは「やりやすいかも」と感じ…

  5. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらない…

  6. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう

    負けそうで負けない、最後は勝ってしまう人。ポイント取得数はほぼ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    前足、後ろ足、前足、のリズムがサーブの基本
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
  4. ダブルス

    前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事
  5. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
PAGE TOP