戦術

とりあえず、3つに絞ろう

試合前に、色々準備してきたけど…。

急に不安になって、パニックになる。

何をやれば良いのか、やることは多いけど選択出来ない、絞れない。

訳が分からなくなって試合に入って、結局何がしたいのか分からないまま試合が終わる・・・なんて経験、ありませんか?

私は、何度もあります。

だからこそ、あえて絞るんです。

 
 

やることは3つだけ

自分の中で集中して絞ってみる

試合の中で、自分がやることは3つだけ。

大胆に、まず絞って考えて良いでしょう。

私の中では、全体で1つ、サービスゲームで1つ、リターンゲームで1つ。

3つを試合前に絞って、やることを決める。

この3つだけは、しっかりやり抜くことだけに集中する。

これで、シンプルに集中して試合に入れますよ。

3つ以外は、身体に任せる

実際には、もっとたくさんの作戦、意識することはあるでしょう。

でも、それらは実際の試合では、身体に任せる。

反応してくれる、頭で考えなくても出来るだろう、という感じで考えておきます。

ですから、当然出来ないこと、「あれ、出来なかったな…」と思うことはありますよ。

でも、完璧な試合なんてなかなか出来ないですから。

考え過ぎは良くないです。

絞ると成功体験が積める

これが、みなさんに伝えたいこと。

3つに絞ると、試合中でも「よし、出来てるじゃん!」と感じられるようになるんです。

だから、気分も高まるし自信も生まれる。

絞っているからこそ、自分の中で出来ているという実感が生まれやすいんですよね。

これも、一つの成長のテクニックです。

たくさんのことをやろうとしても、結果的に「出来ない自分」を突きつけられてまた落ち込むだけですから。



私が試合前に意識すること、3つ

1.全体で意識すること=早い準備

テイクバックを早く、ラケット準備を早く。

ストロークでもボレーでも、相手が打った瞬間に自分の準備を終える。

終えながら、走ってボールに追いついてコントロールする。

基本中の基本、ですが意外と試合ではテイクバックも遅れがちになるのがテニス、です。

この意識だけで、序盤のイージーミスはかなり減らすことが出来ますよ。

2.サービスゲーム=ファーストサーブ重視

これも何度か書いて来ましたが、セカンドサーブは打ちたくない。

体力も精神力も削られるので、サービスゲームではとにかくファーストサーブをまず入れる。

コントロール重視で、前衛にポーチで参加してもらうこと、を一番に優先する。

ダブルスの試合では、自分がナイスサーブ→自分で決め切る、なんてポイントは要らない。

サーブはしっかりファーストサーブを7割以上入れて、試合のリズムを良くしていくことを意識しています。

3.リターンゲーム=セカンドサーブを攻撃

どんな相手でも、セカンドサーブは弱い。

攻撃のチャンスがある、としっかり準備して入ります。

ストレートに打つ、クロスにドロップリターン、ロブも有効ですね。

リターンからの並行陣、リターンダッシュも積極的に使う。

ブレイク出来なくても、慌てない。

相手に圧力をかけていくリターンゲーム、を作る為に試合前に準備しておくことは大事ですよ。

   

3つに絞ったら、序盤に全て出す

後半にやり出しても、遅い!

試合後半になって、エンジンをかけても意味が無い。

決めた3つは、最初のゲームから「誰が見ても、そうだと分かる」くらいハッキリと実行する。

そうしないと、自分の中でも踏ん切りがつかないんですよね。

逆に、序盤でしっかり実行出来ると、いつも通りの自分を感じられて精神的にも落ち付いて来る。

ぜひ、意識して3つ、選択してみて下さい。

〇〇でポイントを取る!ではダメ

ここまで決めると、逆に辛くなります。

〇〇をやる、やり切るだけで成功、自分の中では達成というイメージでいきましょう。

ポイントを取れなくても、相手に何かを残して終える。

そんなポイントを、しっかり序盤から積み重ねていくこと、が試合では大事なんです。

シンプルに、シンプルに考えましょう。

チェンジコートで、メモを見直すこと

私はいつも、小さい紙に書いてチェンジコートで見直します。

ペアで確認、も大事ですがその前にやはり自分ですよ。

とにかく自分のプレーは、誰も助けてはくれませんから。

チェンジコートで、小さいあのメモがどれだけ心強いか。

3つに絞ってあるテーマを、自分はやり切れば良いんだ、と。

それで負けたら、もうしょうがないですから。



準備し過ぎて、頭でっかちにならないように。

やることは多くても、テニスの1セットマッチって本当30分くらいで終わる可能性もありますからね。

ぜひ、意識して欲しいんです、みなさん自身で「絞る」ということに。

たくさんの内容、記事を紹介して来ましたが、後はアナタ次第。

選択していく、決断していく力、が求められているんです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

    試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?上手くポイン…

  2. 戦術

    コートと喧嘩しちゃ、試合に勝てない

    「あ、この試合は勝ったな」と思う瞬間。色々ありますが、私は相…

  3. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

  4. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

    対戦していて、嫌な相手。それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説
  2. テニス知識

    試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!
  5. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
PAGE TOP