戦術

試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

試合前に過ごす時間、みなさん何かきまったことはありますか?

試合に入るコートが決まって、あと1時間くらいで試合開始。

この時間をどう過ごすのか、で試合の序盤のプレーの精度は決まる。

アナタ自身、何となくでいつも過ごしているなら、それはチャンス。

決まったルーティーンを入れていくことで、序盤の安定感につながると思いますよ。

 

試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

 


 

1.必ず、1人になる

私は、団体戦でもダブルスでも、必ず1人になる時間を作ります。

1人で5分、10分だけでも過ごす。

1人で自分と向き合って、しっかりやるべきことを確認して無心になる。

試合会場って、どうしても仲間と群れたがるじゃないですか。

本当の試合前は、少しでも1人で過ごす時間を作った方が良いですよ。

 

2.好きな音楽を聴く

ストレッチをする時に、いつも決まって聞く音楽、曲を用意しておく。

そうすると、不思議と落ち着くし身体が戦闘モードになるんですよね。

ただストレッチをするよりも、音楽と併せてみることでリラックス度が増します。

これは私のお勧め、です。

 

3.自分の動画を見る

良い時、のプレーの動画を見る。

これは、結構プロ選手はやってますね、控え室で。

自分の良い時の動画、を少し見て試合に入るだけで自信がみなぎって来る。

もし自分の動画が無い方は、好きなプロ選手の動画でも良いでしょう。

ちょっとしたことですが、試合前から試合勘を取り戻すのに、すごく使えます。

 

4.リターンの後ろで試合を観る

サーブに目を慣らしておく、ことも大事な準備。

私はいつも、リターンの選手の後ろのフェンスから観ることが出来る時に、なるべくチェックするようにします。

もちろん、試合の邪魔にならないように。

リターンに立っているつもりで、予測も立ててサーブを見る。

特に男性の試合は、目をしっかり慣らしてコートに入ること、大事です。

 



 

5.トスアップの練習

試合が始まって、いきなりアナタのサーブから始まるかも知れない。

ですから、トスアップだけはしっかり10回以上、練習しておきましょう。

その試合会場での風、太陽の位置、をしっかり確認しておくだけでも、かなり楽になれるはず。

私たちの試合は、サーブ4本のウォーミングアップですぐに試合開始、ですからね。

しっかり事前のトスアップ練習、が大事です。

 

6.試合で「やらないこと」を決める

やることを決める、と考えるとどうでしょう。

実は不安になったり、集中出来ないで試合に入る、ようなことにもなりかねないですよね。

私はいつも、試合前には「やらないこと」を決めます。

ポーチに出る!というよりも、「ストレートを守らない」と決めるんです。

ちょっとしたニュアンスの違いですが、よりスッキリした形で試合に入れると思いますよ。

ぜひ、アナタらしい項目を選んで、決めて試合に入りましょう!

 

7.感謝の気持ちを確認する

「は?何それ?」と思う方も多いでしょう。

でも、よく考えてみて下さいよ。

私たちがテニスが出来る、試合で戦えるのは、色々な人の支えあってこそ。

この感謝の気持ちを確認しておくだけで、テニスの試合ってすごく良い試合が出来るんです。

「なんでこんな朝から試合を・・・」という気持ちがあると、まずスタートからつまずくでしょう。

青臭いかもしれないですけど、私たち大人にこそ必要じゃないですかね、この感謝の気持ち。

試合前に、少し意識してみて下さい。

本当に、変わりますよ。

 

自分なりに、毎回決まったルーティーン、を意識してみて下さい。

アナタ自身でカスタマイズして良い、色々試してみて良い。

何となく友達としゃべって待っているだけ、よりはずっと効果があるでしょう。

強くなるには、何かを変えないと。

試合前の過ごし方、短期決戦の私たちの試合ではここで大きな差になる気がします。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな

    試合が進んでいけば、勝敗が見えて来る。テニスの試合には、必ず…

  2. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  3. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ

    今日も暑い・・・ですね・・・。梅雨入りしたときの暑さは、もしか…

  4. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

    試合の中での自分の失点。試合の後に、どれくらい思い出せますか?…

  5. テニス 打点

    戦術

    ボールを見て打つ、基本の中に「周辺視」を入れる癖を

    これが意識出来ると、テニスは大きく変わります。まず、ボールを見…

  6. テニス メンタル

    戦術

    メイクショット、アタックショット

    テニスの試合、この2つを自分の中でどう作っていくのか。同じシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ
  2. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!
  3. テニス スポーツ

    練習メニュー

    自分のテニスを成長させたければ、「今日のナイスショット」を「来月は普通のショット…
  4. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む
  5. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!…
PAGE TOP