テニス

戦術

「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。

改めまして、最近アンケートに回答頂いた方やご意見を頂きましたみなさん、ありがとう御座いました。

温かい励ましの言葉をたくさん頂き、もっと私自身頑張らないとと身を引き締めています。

そこで、今回はこのテーマで。

私たちはもう、一つのチームですから。

 

「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

 


 

1.試合前に考えて欲しいこと

みなさんに、試合前に考えて欲しいこと。

それは、どんな強敵が相手でも同じです。

「自分は、何を強化して来たのか?」を再確認するということ。

何を武器に、仕上げてきたのか。

相手に対して、どんな脅威を自分は与えられるのか、という点を確認しておきたい。

T-PRSSの読者のみなさんに、私自身が伝えて来たこと。

今回はそれを、明確にしておきたいと思います。

 

2.ネットプレーの意識と、戦術の考え方

私はこの2つ、だと思っています。

文章と、ほんの少しの図でしか示せていない、心苦しい限りですが・・・。

まずはネットプレー。

この重要性と使い方、は何度も書いてきたつもりです。

そして戦術についての考え方、です。

今まで、みなさんもコーチや先生から「テニスの陣形や、戦術の基本」という部分は、教わって来たはず。

でも、私自身が書いて来たことは、そんな基本とは逸脱する内容、も多かったでしょう。

テニスの試合は、綺麗ごとだけでは勝てない。

それが、みなさんの中での武器であり、強化して来た部分、だと私は信じています。

 

3.試合前に気付ければ、試合に勝てる

冒頭にも書きましたが、私と読者のみなさんは一つのチーム。

T-PRESSを読んで頂いている、継続して読み続けていること、それ自体で一つの一体感のようなものが生まれている。

私は、最近すごく感じています。

試合前に、このチームの強さを感じることが出来れば、もうアナタ自身は勝ったようなもの。

正直、まだまだ私自身は力不足を感じることばかりです。

ですが、読み続けているみなさんは、間違いなく強くなっている。

ネットプレーと戦術、この2つでは相手に負けない、ずっと自分は考えて来た。

そう気付ければ、きっと試合でも結果は自然と出るでしょう。

 

4.次の試合、に魂を込めて戦おう

良い機会ですから、みなさんも心に決めましょう。

テニスの試合って、延々と続いていく。

学生のみなさんは、学年や卒業がありますから節目となる試合、があるでしょうが、私たち一般の試合はそうじゃない。

ともすれば、節目の試合って作り辛いじゃなですか。

だからこそ、自分で作らないといけない。

次の試合は、自分の魂を込める、節目の試合にするんだと。

その試合には、強化して来たもの、力を入れて来たこと、を武器として戦うと心に決める。

どうでしょう、ちょっとワクワクして来ませんか?

 

まず、ありがとう御座います。

こうやって書き続けることが出来るのも、読者の方一人一人、がいてこその話です。

成長しているのは、みなさんだけじゃありません。

私自身も、成長を実感しています。

だからこそ、もっともっと、みなさんと高いところに行きたい、遠くを目指したい。

たかがテニス、されどテニス。

私たちには、テニスがありますから。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

    テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。…

  2. 食事

    戦術

    「テニスの醍醐味、味わってる?」テニスの試合で必要なパワーに頼らない戦術の考え方

    テニスが大好きだ。だって楽しいでしょ?その楽しさは何か…

  3. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方

    テニスの試合、序盤大事。これはあっという間に時間が過ぎて、いつ…

  4. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

  5. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

    相手にやられて、一番嫌なこと。みなさんは、何でしょうか?…

  6. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない

    悲しいですけど、これが現実だと思います。テニスの試合で、トーナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使って…
  4. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ
  5. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる
PAGE TOP