戦術

上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

目次

試合の中で、何かが成功する、上手くいく。

これは、順調そうに見えて実は怖い部分、でもあります。

最初に成功してしまうと、人は期待をしてしまうもの。

「ずっとこのままでいける!」と、どこかで思ってしまうんですよね。

強い相手は、そんなに簡単に倒せる相手じゃないですよ。

 

上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

 


 

1.上手くいったら、客観視しよう

例えば、前衛のポーチが決まる。

ここで喜んでいる暇はありません。

もちろん、嬉しいですけどね。

同時に、しっかり相手を観察してみましょう。

悔しそうにしているのか、ペアとどんな話をしているのか。

その後、が大事ですから。

ポーチを避けようとしてくる相手なのか、それとも気にしないで打って来そうなのか。

上手くいったからと言って、続ければOKという話ではありません。

ですが、つい続けてしまうんですよね、私たちは。

 

2.上手くいったら、変えていこう!

私は、あえて変えます。

試合に出ている中で、必ず相手は対応して来ますから。

上手くいった作戦があれば、それをどう活かすのかが大事。

浮かれて何回もやっていると、逆を突かれたりしてカウンターを喰らってしまう。

ダブルスのポーチがまさにそれ、ですよね。

シングルスのネットプレーもそうでしょう。

1回良いポイントが決まると、試合の後半までその「良いイメージ」が鎖のようになって、自分をがんじがらめにしていく。

自分で自分を苦しめている、それは序盤の成功をひきずっているからです。

上手くいったら、その作戦を活かす作戦に変える、というのが上手い戦い方です。

 

3.成功した作戦を、あえて温存しておく

まず序盤でしっかり動く。

そして中盤は、その上手くいった作戦を少し温存しておく。

温めておいて、相手から「いつやってくるんだ・・・」と、思わせるように匂わせておく。

その間には別な手も見せながら、最後の試合終盤にまた序盤に上手くいったパターンを試してみる。

「そんなに作戦、多くないんですけど」と思う方も、いるでしょう。

例えばリターンのコース、だけでも私は充分だと思いますよ。

しっかり散らす、上手くいったコースを隠しておく。

クロスへ打つ以外のリターンも、練習から積極的に磨いておきましょう。

 

4.変える勇気、を持って実践しよう!

テニスの試合では、この大胆さが必要です。

上手くいったことを、すっぱりと変える、捨てる。

これが出来れば、相手は迷います。

「あんなに調子良く決めたのに、続けないんだ・・・」と。

普通は続けたくなるでしょう、その方が失敗も少ないし、相手も嫌そうに見える。

でも、それは違います。

強い相手は、一度やられたらしっかり対策を練って来る。

だからこそ、上手くいっているうちに変えていく勇気、が大事なんです。

 

引き出しが多ければ、それだけ強い。

武器が少ないと、捨てたくなくなるし固執してしまう。

みなさんの手持ち武器、どうでしょう。

しっかり選べるくらい、見せて隠せるくらい、持ち合わせはありますか?

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲームマッチ4試合をイメー…

    体力なら誰にも負けない、という猛者とは、なかなか試合をしたくないもの。…

  2. テニス 練習

    戦術

    再現性の高さ、こそテニスの真の実力である

    試合に強い人って、どんな人?派手さは無いけど、きっと同じことを…

  3. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  4. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK

    フォアハンドボレー、ネットに詰めて・・・あとは決めるだけ!これ…

  5. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ

    1セットマッチの試合、での試合の入り。もう、正直これが全て、…

  6. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
  2. 日々の雑記

    メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ
  4. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
  5. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!
PAGE TOP