戦術

上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

試合の中で、何かが成功する、上手くいく。

これは、順調そうに見えて実は怖い部分、でもあります。

最初に成功してしまうと、人は期待をしてしまうもの。

「ずっとこのままでいける!」と、どこかで思ってしまうんですよね。

強い相手は、そんなに簡単に倒せる相手じゃないですよ。

 

上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

 


 

1.上手くいったら、客観視しよう

例えば、前衛のポーチが決まる。

ここで喜んでいる暇はありません。

もちろん、嬉しいですけどね。

同時に、しっかり相手を観察してみましょう。

悔しそうにしているのか、ペアとどんな話をしているのか。

その後、が大事ですから。

ポーチを避けようとしてくる相手なのか、それとも気にしないで打って来そうなのか。

上手くいったからと言って、続ければOKという話ではありません。

ですが、つい続けてしまうんですよね、私たちは。

 

2.上手くいったら、変えていこう!

私は、あえて変えます。

試合に出ている中で、必ず相手は対応して来ますから。

上手くいった作戦があれば、それをどう活かすのかが大事。

浮かれて何回もやっていると、逆を突かれたりしてカウンターを喰らってしまう。

ダブルスのポーチがまさにそれ、ですよね。

シングルスのネットプレーもそうでしょう。

1回良いポイントが決まると、試合の後半までその「良いイメージ」が鎖のようになって、自分をがんじがらめにしていく。

自分で自分を苦しめている、それは序盤の成功をひきずっているからです。

上手くいったら、その作戦を活かす作戦に変える、というのが上手い戦い方です。

 

3.成功した作戦を、あえて温存しておく

まず序盤でしっかり動く。

そして中盤は、その上手くいった作戦を少し温存しておく。

温めておいて、相手から「いつやってくるんだ・・・」と、思わせるように匂わせておく。

その間には別な手も見せながら、最後の試合終盤にまた序盤に上手くいったパターンを試してみる。

「そんなに作戦、多くないんですけど」と思う方も、いるでしょう。

例えばリターンのコース、だけでも私は充分だと思いますよ。

しっかり散らす、上手くいったコースを隠しておく。

クロスへ打つ以外のリターンも、練習から積極的に磨いておきましょう。

 

4.変える勇気、を持って実践しよう!

テニスの試合では、この大胆さが必要です。

上手くいったことを、すっぱりと変える、捨てる。

これが出来れば、相手は迷います。

「あんなに調子良く決めたのに、続けないんだ・・・」と。

普通は続けたくなるでしょう、その方が失敗も少ないし、相手も嫌そうに見える。

でも、それは違います。

強い相手は、一度やられたらしっかり対策を練って来る。

だからこそ、上手くいっているうちに変えていく勇気、が大事なんです。

 

引き出しが多ければ、それだけ強い。

武器が少ないと、捨てたくなくなるし固執してしまう。

みなさんの手持ち武器、どうでしょう。

しっかり選べるくらい、見せて隠せるくらい、持ち合わせはありますか?

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. + POWER CUP について
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  2. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

  3. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

  4. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

    傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無…

  5. テニス 環境

    戦術

    変化を突き付けられるのではなく、予測する癖を

    テニスの試合、練習に、トラブルは付き物。試合に強い人って、こ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど

    今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。試合は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  3. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!
PAGE TOP