テニス ダブルス

戦術

大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

もうすぐ年末。

もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試合があるかも知れませんね。

それは市民大会の本戦かもしれないし、スクール・クラブ内のトーナメント、サークル内の順位決めの試合、かも知れません。

でも、大事な試合となると、なかなか思い通りにはいかないのがテニスの試合。

もうみなさん、分かっていると思います。

だからこそ、こういう準備、必要だと思いませんか?

 

大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

 

1.勝ちたいというプレッシャーは半端じゃない

これは、アナタだけじゃない。

パートナーも対戦相手も、そうでしょう。

アナタ自身、勝ちたいと思う試合ほど、思い通りにはいかない。

力も入るし、身体も堅い。

いつも通りのショットなんて打てない、ことに気付いたら、もう理想を捨てるしかない。

自分がやりたいテニスに固執しない。

これを、試合の序盤で気付けるかどうかが大事でしょう。

 

2.試合の序盤は、勝負に徹する

やりたいテニス、よりも出来るテニスをする。

理想を捨てて、現実主義者になる。

これは、大事な試合、大一番のプレッシャーがかかる試合ほど大事です。

「つまり、守備的に粘るということ?」というご質問には、基本そうです、と答えます。

ですが、弱気になって守備的になっても、それはそれでミスが増える。

私が考える勝負に徹する、現実主義なテニスとは確率論。

ファーストサーブを入れて、リターンの軌道を高くする。

いつも書いていることですが、「やればポイントを取る確率が上がること」を徹底する。

序盤はこれで良い、この割り切りが大事です。

 

3.やりたいテニスは、試合の後半で!

試合の後半になれば、硬さも取れて身体も動いて来る。

勝負どころでは、攻撃的に理想を追うようなテニスがしたい。

そう、アナタ自身後半まで勝負どころを取っておくことが大事。

なぜなら、序盤の手がたいテニスも、良い布石になるから。

序盤は守備的だったのに、後半に攻撃的にプレーする、ことで相手は慌ててくれる可能性も大。

大事な試合、大一番の試合こそ、後半勝負。

序盤にミスを重ねてスコアを離される、これが一番もったいない。

強い選手は、そのあたりのことよく分かってますからね。

理想を捨てるテニス、を持っているというのも、ある意味理想が高いから出来ることなんです。

 

4.理想を捨てるけど、絶対に勝負は捨てない

この感覚、大事です。

やりたいテニスが出来ない、上手くいかないくらいで、投げ出したりするなんて最悪。

でも、ほとんどの選手がそうなんですよね。

大一番の試合ほど、緊張するのは分かっているのに、それで諦める。

自分の実力が出せないのは、理想に固執しているから。

それをどうやって出せば良いのか、について真剣に考えないと変わらないですよ。

大一番の試合が控えているなら、準備しておきましょう。

理想を捨てたときに、自分に何が出来るのか。

スコアを安定させて、後半勝負に持ち込むために、何が出来るのか。

きっと、大事な試合で役立つはずです。

 

アナタが望んだ試合、に出れるだけでワクワクする。

でも大一番の試合、ほど身体は自分の思い通りにはならないでしょう。

だからこそ、準備が大事。

理想を捨てて、勝負に徹する。

これが出来る人は、少ないんです。

だからこそ、チャンスだと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. 戦術

    取りに行くポイント、自分で決めよう

    テニスの試合で強い選手は、勝負所に強い。それは、自分で「この…

  2. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?

    最近強い人のテニスを観ていて、感じること。みなさん、必ず下が…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

    試合の中で、相手が打つコースを予測する。簡単なようで、テニスは…

  4. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る

    テニスの試合、みなさんは「初対戦」の割合ってどうでしょうか?試…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

  6. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう
  2. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  3. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
  5. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?
PAGE TOP