テニス チャンス

戦術

スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。

また、逆に「あっという間だった・・・」と思うこともあるでしょう。

それって、実はスコアに関係している。

当たり前のことかも知れませんが、人の心理というのは数字のプレッシャーに大きく左右されるのです。

 

スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

 


 

1.勝っている試合は、「早く終わって欲しい・・・」と思うモノ

試合の後半、5-2や5-3でリードしてあと1ゲーム・・・というときには、「早く終わって欲しい・・・」と思いますよね。

試合時間がそのときは長く感じるし、1ゲームが重たい・・・感じになる。

だから相手のミス待ちになったりして、結局まくられてしまう経験、皆さんも一度や二度じゃないでしょう。

これは、この心理を理解して準備しておかないと難しい。

リードしているときには、試合時間は長く感じる。

だから焦らず、自分のやるべきことをやる、のが大事なんです。

 

2.リードされた試合は、どんどん進んでいく感覚に陥いる

逆に、相手がリードしている展開。

これは、試合がどんどんあっという間に進んでいく・・・ような感覚、ありませんか?

さっきまで1-2だったのが、気が付けばチェンジコートで1-4、そして2-5・・・と、あと1ゲームになっている。

そんなときに、人は焦ってしまうのです。

時間が流れる速度は変わらないのに、どんどん自分自身が追い詰められているような感覚になる。

まずは、リードしている時同様に、「こういう心理状態に陥りやすいんだ」と理解しておくことが大事、です。

 

3.流れる時間の速度は、誰も操作できない

結論、時間の流れはいつも、どんな場面でも変わりません。

変わるのは、アナタの心理状況。

焦ってしまう、自分を見失うから時間の速度が速く感じたり、逆に遅く感じてしまう。

これは、テニス選手として未熟だということです。

しっかり、勝っている時も負けている時も、自分と向き合って情報を整理する。

テニスの試合には、制限時間はありませんからね。

どんなに時間をかけても、最後に勝てばそれで良い。

この気持ちを、忘れないでおくだけで、試合にはきっと強くなれます。

 

時間の流れを、意識してみる。

そうすると、焦っている自分と客観的に向き合うことが出来るはず。

テニスの試合、試合慣れしていくとはこういうこと。

相手が焦っている、自分が焦っている、客観的に観れば実は試合はまだまだチャンスがたくさんある。

ちょっとだけ、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな

    試合が進んでいけば、勝敗が見えて来る。テニスの試合には、必ず…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。…

  3. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

    試合の中で、何かが成功する、上手くいく。これは、順調そうに見え…

  4. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?

    試合に勝てる人は、守備が上手い。反応も良いし、攻撃するのが嫌に…

  5. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

    試合前に過ごす時間、みなさん何かきまったことはありますか?試合…

  6. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い

    良いボールを打っているのに、負けてしまう。押しているのに、ポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  2. テニス コントロール

    練習メニュー

    「シンプルな練習にポイント要素を入れる」テニスのストロークの基本練習メニュー
  3. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  5. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
PAGE TOP