テニス フットワーク

シングルス

シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。

自分の攻めも、「何がしたいのか分からない」状態になっている人、シングルスの試合で多くないですか?

ダブルスなら、ある程度ポイントの型が決まっている。

ですがシングルスって、なかなかその型が作り辛いですよね。

攻めているようで、何がしたいのか分からない。

そういう人は、まずこの意識が大事です。

 

シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

 


 

1.速いボールで攻撃、整理出来てる?

みなさん、試合でどうでしょうか。

速いボールを打っていれば、当然相手からの返球も速くなる。

自分の打ちたいコース、作戦が決まらないままに、次、次とボールが飛んで来て慌てているような場面、ないでしょうか?

「何がしたかったのか、自分でも分からない」という人は、こうなっている可能性大。

自分が速いボールを打って返された時に、頭が整理出来ていない。

これでは当然、ミスも増えて自滅するだけです。

 

2.遅いボールなら、自分が次のイメージを持てる

例えば、アナタ自身が打ったボールが遅いとどうでしょう。

自分が打って、相手が打つ前に少し時間が出来ますよね。

スライスや軌道の高いボールなら、それが出来る。

そうすると、考える時間、余裕が出来るんです。

遅いボールを打って相手を動かせば、考えをまとめることが出来る。

「こう返って来たら、次はこうだな」というのを、準備出来るんです。

シングルスの試合、ペースを遅くすると思考も楽になる。

ちょっと意識すると、試合でかなり違うでしょう。

 

3.相手を動かすことで、次の展開に幅が生まれる

遅いボールで良いので、相手を動かす。

そうすると、相手は打った後にまた「戻ろう」としてくれますからね。

そうなると、その逆も突ける。

動かすことで、相手のコートに必ず穴が出来るのがテニスです。

シングルスの試合、相手を3歩動かせれば充分。

次の展開をイメージしながら、じっくり待てばOK。

遅いボールを使うこと、勇気が要りますがシングルスの試合では必要です。

 

4.自分のポジションだって、変えられる!

私はよく、自分が打って相手が触るまでの時間でネットに出たりもします。

意表を突く感じですね。

いかにも、というアプローチではなく、ワンテンポ遅く前に出る。

だから、サービスラインくらいでのボレーで良い。

ここでボレーするだけでも、シングルスでは相手へのプレッシャーになります。

時間を作れば、それは自分のポジションチェンジにも使える。

テニスは、時間をどう作るのか、使うのか、が大事な競技。

そのためにも、日ごろから上手く遅いボール、を打てるようにしておきましょう!

 

コントロール良く、コートの端に遅いボールを打つ。

試合でこれが出来れば、何も怖くありません。

速いボールを打つのは、その人自身が不安だから。

速く打って仕留めたい、と思いながら、自分で思考が追い付いていないだけ。

ここを変えるだけで、シングルスの試合は勝てますよ、絶対。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること。これは、…

  2. テニス シングルス
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  4. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

  5. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

    シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!と、私は何度か言い続…

  6. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  2. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いし…
  3. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想…
PAGE TOP