テニス フットワーク

シングルス

シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。

自分の攻めも、「何がしたいのか分からない」状態になっている人、シングルスの試合で多くないですか?

ダブルスなら、ある程度ポイントの型が決まっている。

ですがシングルスって、なかなかその型が作り辛いですよね。

攻めているようで、何がしたいのか分からない。

そういう人は、まずこの意識が大事です。

 

シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

 


 

1.速いボールで攻撃、整理出来てる?

みなさん、試合でどうでしょうか。

速いボールを打っていれば、当然相手からの返球も速くなる。

自分の打ちたいコース、作戦が決まらないままに、次、次とボールが飛んで来て慌てているような場面、ないでしょうか?

「何がしたかったのか、自分でも分からない」という人は、こうなっている可能性大。

自分が速いボールを打って返された時に、頭が整理出来ていない。

これでは当然、ミスも増えて自滅するだけです。

 

2.遅いボールなら、自分が次のイメージを持てる

例えば、アナタ自身が打ったボールが遅いとどうでしょう。

自分が打って、相手が打つ前に少し時間が出来ますよね。

スライスや軌道の高いボールなら、それが出来る。

そうすると、考える時間、余裕が出来るんです。

遅いボールを打って相手を動かせば、考えをまとめることが出来る。

「こう返って来たら、次はこうだな」というのを、準備出来るんです。

シングルスの試合、ペースを遅くすると思考も楽になる。

ちょっと意識すると、試合でかなり違うでしょう。

 

3.相手を動かすことで、次の展開に幅が生まれる

遅いボールで良いので、相手を動かす。

そうすると、相手は打った後にまた「戻ろう」としてくれますからね。

そうなると、その逆も突ける。

動かすことで、相手のコートに必ず穴が出来るのがテニスです。

シングルスの試合、相手を3歩動かせれば充分。

次の展開をイメージしながら、じっくり待てばOK。

遅いボールを使うこと、勇気が要りますがシングルスの試合では必要です。

 

4.自分のポジションだって、変えられる!

私はよく、自分が打って相手が触るまでの時間でネットに出たりもします。

意表を突く感じですね。

いかにも、というアプローチではなく、ワンテンポ遅く前に出る。

だから、サービスラインくらいでのボレーで良い。

ここでボレーするだけでも、シングルスでは相手へのプレッシャーになります。

時間を作れば、それは自分のポジションチェンジにも使える。

テニスは、時間をどう作るのか、使うのか、が大事な競技。

そのためにも、日ごろから上手く遅いボール、を打てるようにしておきましょう!

 

コントロール良く、コートの端に遅いボールを打つ。

試合でこれが出来れば、何も怖くありません。

速いボールを打つのは、その人自身が不安だから。

速く打って仕留めたい、と思いながら、自分で思考が追い付いていないだけ。

ここを変えるだけで、シングルスの試合は勝てますよ、絶対。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  4. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選

    シングルスの試合、でぜひみなさんに身に付けて欲しい技術。相手の…

  6. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    私から、「試合に出ているテニスの上級者の方」にお願いしたいことについて
  2. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?
  3. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
  4. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  5. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に
PAGE TOP