テニス ストローク

シングルス

シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

シングルスの試合で、そんなにパッと見強くないのに、負けない選手っていますよね。

対戦相手は、すごくやり辛そうな感じ。

でも、これって本当によく考えられた作戦を徹底しているだけだと思いますよ。

それは、今のみなさんの実力でも確実に出来ること、なんです。

 

シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

 


 

1.ほとんどの人は、リズムの変化に弱い

例えばスライス。

これが入るだけで、一気に相手はミスしてくれる。

テニスって、一定のリズム、テンポで打ち続けること、がみんな好きなんですよね。

練習を思い出してみて下さい。

みなさん、一定の球種、リズムでずっと打ち合っているじゃないですか。

なぜなら、それが楽だしラリーが続いて楽しいからです。

 

2.試合では、相手からミスをもらわないと

練習では、それで良いのかもしれない。

でも、試合では違います。

相手からミスをもらう、ずーっと安定してラリーさせてはいけない。

だから、スライスを入れて遅さを出したり、ムーンボールを使って高い軌道で変化を付ける。

地味ですけど、こういうショットを自分から打てるかどうか、がシングルスの試合では大事になります。

速いボールだけでも、相手はすぐに慣れますからね。

ストロークの打ち合いの中で変化、を付けていくことが大事です。

 

3.そのスライスにも、相手が慣れてきたら・・・?

今度は前後、の揺さぶりですね。

相手を前に出すようなドロップショットや、自分が前に出てネットプレー、を入れていきましょう。

ストローク同士の打ち合い、の中での変化も大事ですが、このポジションの変化も大事。

両方を組み合わせれば、まだまだアナタ自身のプレーってどんどん幅が拡がると思うんです。

シングルスの試合は、1対1の打ち合い。

どうやって、自分から変化を付けていけるのか、が大事です。

 

4.「出来ることが少ない」のは、ただ勇気がないだけ

シングルスの試合で、出来ることが少ない・・・と感じている方。

きっと、「やっていない」だけです。

まだまだ、アナタ自身が出来ることは無限にある。

今の時代、カウンターテニスがみなさん上手いので、下手に動くと逆に危ない、と感じる方も多いでしょう。

でも、それでは成長が無いですから。

やられること、を経験しないで強くはなれない。

それがテニス、でしょう。

 

シングルスの試合での、変化の付け方。

どういう方法があるのか、これから一緒に考えていきましょう。

でも、机上の空論ではダメ。

どんどん試合の現場で、やってみる、やられてみる。

これが、強くなるうえで必要なことですから。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。ぜひ、ダウン…

  2. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?

    よくテニスの戦術に、「ワイドに打ったら、そのままワイドをケアで!」とい…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

    何度か「自分から前に出る重要性」を書いてきましたが、逆に相手に先に前に…

  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要
  2. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
  3. 戦術

    相手の走力と、走る意欲を確認しよう
  4. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
PAGE TOP