テニス 緊張

戦術

負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

「あの人、このトーナメント強いな・・・」

「何だか、急に強くなったみたい」

こう感じる方、みなさんも周りにはいないですか?

テニスが、急に強くなる。

こういう選手は、積んでいる試合の経験、が少し特徴的だったりします。

他の競技でも、共通するポイント、だと思いますよ。

「負けた・・・」と思った試合を拾えると、人は一気に強くなります。

 

負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

 


 

1.「諦めるな!」と言うのは、簡単だけど

私も、すごく経験として分かります。

試合中に「諦めるな!」と応援されるのが、辛い。

もちろん諦めてはいないけど、「だったら代わってみる?」と言いたくなる。

今日みたいな暑い日に、3セットマッチで3時間超え、のような試合では、もう早く終わりたくなるのが普通です。

でも、悔しいからやっぱり勝ちたい、諦めたくない。

でも、しんどい。

こういう選手が最後に自分を鼓舞するには、どうすれば良いのか?

ヒントは、「負け試合を拾う経験」の量にあります。

 

2.「最後に何かが起きる」経験は、美味しい

諦めないと、何かが起きる。

負け試合を拾った経験は、これを教えてくれます。

何とか粘っていると、相手が崩れてくれる、最後に自分が勝てる。

これを、経験して知っている人は、強いですよ。

その美味しさ、を知っている訳ですからね。

経験の無い選手に「諦めるな!」と応援しても、「だって無理だよ」となって響かない。

負け試合を拾う経験は、自分で小さいところから積み重ねていくしかないんです。

 

3.「吹っ切れ方」を知っているかどうか

この経験値を積めるかどうかは、これにかかっています。

「もう、これは負けかな」と思ったところで、どう吹っ切れるのか。

ただ闇雲にプレーする、だけでは何の進歩も無い。

出来るだけ、具体的に自分の中で考えておく方が良いのは当然です。

私は、最後に追い詰められた時には、「全部ネットプレーに出る」と決めています。

シングルスでも、ダブルスでも。

それで、相手が乱れてくれればラッキー、拾える勝ちになる。

こうやって勝った経験は、自分に自信を与えてくれますからね。

みなさんも、自分なりの吹っ切れ方、がきっとあるはずです。

 

4.経験値=試合の数、じゃない

いかに、濃い試合を積むことが出来るか、です。

学生のみなさんでも、社会人、シニアのみなさんでも同じ。

ただ数をこなせば良い、という時期もありますが、強くなるには質を求めていかないと。

負け試合を拾って、這い上がる。

これが出来れば、アナタ自身の経験値は倍以上得られるでしょう。

最悪拾えなくても、当然経験値は残る。

負け試合を拾う勇気、気概がない人は、結局強さが身に付かないで終わるだけですから。

 

拾った試合、は今まで何試合あるのか。

実は、結構あると思いますよ。

それは間違いなく、アナタ自身の強さになっているはず。

ぜひ、意識して試合に臨んでみて下さい。

追い込まれてから、がアナタ自身の腕の見せ所です。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう

    試合でしっかり、相手を観察すること。この重要性は、何度も書いて…

  2. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  3. テニス 打点

    戦術

    ボールを見て打つ、基本の中に「周辺視」を入れる癖を

    これが意識出来ると、テニスは大きく変わります。まず、ボールを見…

  4. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう

    負けそうで負けない、最後は勝ってしまう人。ポイント取得数はほぼ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

    テニスコートの広さって微妙だね。広いと言えば広いが、狭いと言え…

  6. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    「テニスにおける隙の無い並行陣を崩す」為のストローク術とは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. テニス ボレー

    ロブ

    ダブルスで並行陣のサーブ&ボレーでは、「厳しいリターンへの対応」をロブボレーで準…
  4. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第
PAGE TOP