テニス 緊張

戦術

負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

「あの人、このトーナメント強いな・・・」

「何だか、急に強くなったみたい」

こう感じる方、みなさんも周りにはいないですか?

テニスが、急に強くなる。

こういう選手は、積んでいる試合の経験、が少し特徴的だったりします。

他の競技でも、共通するポイント、だと思いますよ。

「負けた・・・」と思った試合を拾えると、人は一気に強くなります。

 

負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

 


 

1.「諦めるな!」と言うのは、簡単だけど

私も、すごく経験として分かります。

試合中に「諦めるな!」と応援されるのが、辛い。

もちろん諦めてはいないけど、「だったら代わってみる?」と言いたくなる。

今日みたいな暑い日に、3セットマッチで3時間超え、のような試合では、もう早く終わりたくなるのが普通です。

でも、悔しいからやっぱり勝ちたい、諦めたくない。

でも、しんどい。

こういう選手が最後に自分を鼓舞するには、どうすれば良いのか?

ヒントは、「負け試合を拾う経験」の量にあります。

 

2.「最後に何かが起きる」経験は、美味しい

諦めないと、何かが起きる。

負け試合を拾った経験は、これを教えてくれます。

何とか粘っていると、相手が崩れてくれる、最後に自分が勝てる。

これを、経験して知っている人は、強いですよ。

その美味しさ、を知っている訳ですからね。

経験の無い選手に「諦めるな!」と応援しても、「だって無理だよ」となって響かない。

負け試合を拾う経験は、自分で小さいところから積み重ねていくしかないんです。

 

3.「吹っ切れ方」を知っているかどうか

この経験値を積めるかどうかは、これにかかっています。

「もう、これは負けかな」と思ったところで、どう吹っ切れるのか。

ただ闇雲にプレーする、だけでは何の進歩も無い。

出来るだけ、具体的に自分の中で考えておく方が良いのは当然です。

私は、最後に追い詰められた時には、「全部ネットプレーに出る」と決めています。

シングルスでも、ダブルスでも。

それで、相手が乱れてくれればラッキー、拾える勝ちになる。

こうやって勝った経験は、自分に自信を与えてくれますからね。

みなさんも、自分なりの吹っ切れ方、がきっとあるはずです。

 

4.経験値=試合の数、じゃない

いかに、濃い試合を積むことが出来るか、です。

学生のみなさんでも、社会人、シニアのみなさんでも同じ。

ただ数をこなせば良い、という時期もありますが、強くなるには質を求めていかないと。

負け試合を拾って、這い上がる。

これが出来れば、アナタ自身の経験値は倍以上得られるでしょう。

最悪拾えなくても、当然経験値は残る。

負け試合を拾う勇気、気概がない人は、結局強さが身に付かないで終わるだけですから。

 

拾った試合、は今まで何試合あるのか。

実は、結構あると思いますよ。

それは間違いなく、アナタ自身の強さになっているはず。

ぜひ、意識して試合に臨んでみて下さい。

追い込まれてから、がアナタ自身の腕の見せ所です。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

    最初は、それで良いでしょう。試合に出始めたばかりは、まずは相…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

  3. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

  4. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

  6. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる
  2. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう
  4. テニス サーブ

    戦術

    自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
PAGE TOP