テニス メンタル

戦術

試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ

試合の雰囲気が、重たく、暗い。

そんなときに、アナタ自身に出来ることは何があるでしょうか。

ただ、手をこまねいているだけだと、試合の状況は変わらない。

少しでも良い兆し、を自分から探していかないと試合では勝てないですよ。

 

試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ

 

1.自分の「いつも通り」なショットを探す

良いショット、良い所、を無理に探そうとしない。

いつも通り、に自分が出来ていることをまずは探してみる。

サーブかリターン、またはネットプレーか・・・ちょっとしたことでも良い。

そのショットを、出来るだけ使えるような作戦、を考えてみましょう。

大崩れしないイメージが出来れば、きっと長いラリーも増えてリズムも生まれてくるはず。

いつも通りの自分、に気付けるだけで精神的にもだいぶ楽になりますよ。

 

2.ネットに出る

これは、2つの目的があります。

一つは、良い意味でアナタ自身吹っ切れること、が大事だから。

ポジションを変えて、気分も変えてみる。

もう一つは、相手が何か変化を起こしてくれるかも知れない、ということに期待出来るということ。

ネットに出た相手、に慌ててくれれば儲けもの、くらいの感じで良いと思いますよ。

 

3.サーブを変える

きっと、リズムが悪いのってアナタ自身のサーブが入らない、攻撃されてしまうのが原因なケースが多い。

思い切って、サーブの種類を変える、あるいはクイックサーブを打ってみると、雰囲気が変わるかも知れません。

サーブが一つだと、こういう時に試合で辛くなってしまうんですけどね。

自分の中で、この変化を興せるのかどうか。

2~3ゲーム目で、違う種類のサーブを打てる選手は強い。

私はそう思います。

 

4.ドロップ系のショットを使う

これも、相手が何か崩れてくれる可能性が高い。

苦し紛れのドロップショットではなく、試合を動かす、一石を投じるドロップショット、にしていきましょう。

なのでまずは、打つことが第一。

決まらなくても良いですが、相手の動きや対応の感じをしっかり見ておきましょう。

ストロークは強力でも浅いボールの処理が苦手な人、は結構多いですからね。

普段の練習から、しっかり打てるようにしておかないと試合で繰り出せないですよ。

 

5.要所で声を出す

これは、大人やシニアのみなさんでも必要です。

自分を鼓舞する、周りの雰囲気を変えていく。

良いポイント、の後だけじゃない。

しっかり取られたポイントでも「よし!」と、次への気合いを込めて。

要所で声を出していくことで、頭もリセット出来る。

ただうるさいだけは無意味ですが、計算してしっかり声を出すこと、はやっていきましょう!

 

試合の雰囲気を、序盤に察知して変えていく。

これがきっと、アナタ自身に必要なことでしょう。

また、相手が変えようとしてきても、自分は乱れない。

繰り返しますが、ちょっとしたことで試合を動かすのはアナタ自身ですよ。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

    試合の中で、苦しい場面。みなさんは、それはどんな時だと思います…

  2. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

  3. テニス ミス

    戦術

    テニスの試合の中で、「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点を持とう

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

  4. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

  5. テニス 試合

    戦術

    テニスの試合では、「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいないと考えよう

    何となく、試合で強い人、練習よりも試合で強さを発揮する人、皆さんの周り…

  6. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  2. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  3. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること
  5. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けか…
PAGE TOP