テニス 予測

シングルス

シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。

試合後には相手から、「よくシングルスなのに、そんなにネットに出れますね」と言われるんですが・・・。

そんなに難しくない、と私は思いますよ。

シングルスの試合ならでは、のネットプレーの考え方、で挑めばすごく楽になります。

 

シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

 

1.ダブルスと違って、相手は一人

シングルスの試合ですから、当然相手は一人。

相手は一人ですから、しっかり走らせればオープンスペースはたくさんある。

私が意識しているのは、とにかく相手を走らせること。

出来るだけ3歩以上、走らせた後にはそんなに精度の高いパッシングショットは来ない。

それに、走っているということは、必ずスペースが出来ているということ。

相手一人、を走らせていると考えるとすごく楽、です。

 

2.シングルスには前衛がいない

だから、浅いボールで良いんです。

ダブルスなら、前衛が触ってチャンスになるようなボールも、後衛一人だと思えば楽ですからね。

ネットに出て、浅いボレーでもナイスボレー、になってくれるのがシングルスの試合です。

とにかく、こちらから深いコーナーを狙って無理しない。

浅いボレーで良い、とにかく良いパッシングショットも止める。

止めて返球する、ことに集中するだけで私は良いと思っています。

それを拾われて抜かれることもありますけどね。

でも、自分から狙い過ぎてミス、するよりは結果的に相手を動かしているから良しとする、感じでしょうか。

これくらい、で考えてネットに出るだけでも、試合ですごく有効です。

 

3.なぜかネットプレー、にはハードルを上げたがる人多数

ボレーは決めるもの、華麗にプレーするもの、と考えている人が多い。

これって、本当に幻想です。

プロ選手の試合だって、おそらくパッシングショットのミス、がボレーのエースよりも多いはず。

シングルスの試合、ネットプレーは泥臭くいきましょう。

相手にプレッシャーをかけて、自分は楽に考える。

浅いボレーで終わる、ことで充分。

抜こうとしてくる相手、をまず止めることが大事なんです。

 

4.あるレベルまでは、パッシングショットは1発勝負

これ、試合の現場では多いです。

シングルスの試合で、パッシングショットは1発勝負。

1発で抜けないと、一気に落ち込んでしまう人が多い。

もう、ボレーで止められたら一気にテンションが下がるんですよ。

浅いボレー、追わない人も多いですしね。

だからこそ、アナタが無理するのはもったいない。

そうは思いませんか?

 

現実的に、シングルスをしっかり勝つにはネットプレーが必要。

あるレベルまでは、これが省エネテニスにもなるはずです。

「いや、シングルスでネットに出るなんて・・・」と思っている方ほど、チャンスです。

だって、相手もアナタ自身をそう見ている可能性が大、ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

    今年はシングルスを頑張りたい!と思っている皆さん、全力で応援します。…

  5. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、改良案3つ
  2. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
  3. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっ…
PAGE TOP