テニス 予測

シングルス

シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。

試合後には相手から、「よくシングルスなのに、そんなにネットに出れますね」と言われるんですが・・・。

そんなに難しくない、と私は思いますよ。

シングルスの試合ならでは、のネットプレーの考え方、で挑めばすごく楽になります。

 

シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

 

1.ダブルスと違って、相手は一人

シングルスの試合ですから、当然相手は一人。

相手は一人ですから、しっかり走らせればオープンスペースはたくさんある。

私が意識しているのは、とにかく相手を走らせること。

出来るだけ3歩以上、走らせた後にはそんなに精度の高いパッシングショットは来ない。

それに、走っているということは、必ずスペースが出来ているということ。

相手一人、を走らせていると考えるとすごく楽、です。

 

2.シングルスには前衛がいない

だから、浅いボールで良いんです。

ダブルスなら、前衛が触ってチャンスになるようなボールも、後衛一人だと思えば楽ですからね。

ネットに出て、浅いボレーでもナイスボレー、になってくれるのがシングルスの試合です。

とにかく、こちらから深いコーナーを狙って無理しない。

浅いボレーで良い、とにかく良いパッシングショットも止める。

止めて返球する、ことに集中するだけで私は良いと思っています。

それを拾われて抜かれることもありますけどね。

でも、自分から狙い過ぎてミス、するよりは結果的に相手を動かしているから良しとする、感じでしょうか。

これくらい、で考えてネットに出るだけでも、試合ですごく有効です。

 

3.なぜかネットプレー、にはハードルを上げたがる人多数

ボレーは決めるもの、華麗にプレーするもの、と考えている人が多い。

これって、本当に幻想です。

プロ選手の試合だって、おそらくパッシングショットのミス、がボレーのエースよりも多いはず。

シングルスの試合、ネットプレーは泥臭くいきましょう。

相手にプレッシャーをかけて、自分は楽に考える。

浅いボレーで終わる、ことで充分。

抜こうとしてくる相手、をまず止めることが大事なんです。

 

4.あるレベルまでは、パッシングショットは1発勝負

これ、試合の現場では多いです。

シングルスの試合で、パッシングショットは1発勝負。

1発で抜けないと、一気に落ち込んでしまう人が多い。

もう、ボレーで止められたら一気にテンションが下がるんですよ。

浅いボレー、追わない人も多いですしね。

だからこそ、アナタが無理するのはもったいない。

そうは思いませんか?

 

現実的に、シングルスをしっかり勝つにはネットプレーが必要。

あるレベルまでは、これが省エネテニスにもなるはずです。

「いや、シングルスでネットに出るなんて・・・」と思っている方ほど、チャンスです。

だって、相手もアナタ自身をそう見ている可能性が大、ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  3. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

    テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズ…

  4. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

    セカンドサーブで、攻撃を仕掛けていく。ちょっと無謀とも思えるよ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  2. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要
  3. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしま…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット
PAGE TOP