テニス

戦術

太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

目次

「そんなの、当たり前じゃないかー!」と、思いますか?

ですよね。

でも、実際はそうでもないと思いますよ。

私が見ている限り、「何で走らせないんだろう?」と思う試合はいっぱいある。

ドロップ系が打てない、のか、そもそも相手の特徴に気付いていないのか。

テニスの試合、相手に情け容赦は禁物です。

 

太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

 

1.ガッチリした相手は、ストロークもボレーもサーブも「重い」

みなさんの周りもいませんか?

少し太めでガッチリした人。

こういう人は、ストロークもボレーも、サーブも全部が重たいボールを打って来る。

だから、普通にラリーしていたらちょっと押されて、その後主導権を握られる。

アナタに必要なのは、走らせるということ。

それもハッキリと前後に、です。

 

2.前後へのダッシュは、脚力が問われる

テニスの試合、横方向とは違う。

縦方向に走るのって、基本のダッシュ力がモノを言います。

テニスコートは、3倍近く縦に長い。

走る距離も長いし、打点も低いから難しい。

体格が良い人は、自分の体重をコントロール出来ない人も多いですからね。

前に走って、届いたとしても自分の重さでフラフラ、止まれない。

これは結構、大問題なはず。

もっともっと、こういうシーンを作ってあげないと。

対戦相手が太っているな、と思ったら、遠慮なく走らせてみる。

そこで機敏な動き、をされたらまた考える。

大きなチャンスがあるのに、手を出さないのはもったいないですよ。

 

3.「弱点を突く」ことを、日常作業に

今回の太っている人を走らせる、こともそうですが、当たり前のように弱点を突く。

これは、日常作業くらいに大事なこと。

相手をよく見て、何が効きそうなのかを考えて試す。

このパターン、実はテニスでも何個か「お約束」のパターンがあります。

太っている人を前後に走らせる、以外にも、たくさんある。

両手バックハンドストロークの人は、浅いボールに弱い、とか。

アナタなりに、ぜひ考えて欲しいんです。

今までの経験から、どうだったのか。

書き出してみるだけで、面白いと思いますよ。

 

4.前に走らせるのは、難しくない!

「でも、ドロップショットは難しい・・・」という方は、発想を変えましょう。

何度か書いて来ましたが、ベースラインから相手コートのネット際、に打とうと思うから難しい。

自分が少し前、サービスラインくらいから打てるときに、チョン、と前に落としてみる。

これで充分、ナイスドロップです。

相手は走ることが嫌い、苦手意識があると思いますから、これでも焦ってくれると思いますよ。

前に走らせる、ことが日常茶飯事、くらいに練習しておかないと。

まずは、身近な人から試してみませんか?

 

きっと、アナタの周りにもいるでしょう。

ちょっと、足が遅そう、太ってそうだな・・・という人から、まずは走らせてみる。

練習で実践していることは、試合でもきっとできる。

身体が勝手に反応してくれるでしょう。

ぜひ、太ったような対戦相手、を大好物になって下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

    皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか?身…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスが上手くなるのに、センスは要らない

    テニスには、センスが必要。その思い込みは、損するだけと何度も書…

  3. テニス メンタル

    戦術

    先制攻撃のダメージは、最後まで残る

    テニスの試合でまず大事なのは、先制パンチ。これが試合の最後ま…

  4. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

    自分自身の試合、の失点シーン。なかなか正面から向き合えないです…

  5. テニス 観察眼

    戦術

    相手のミスで得点、嬉しい?嬉しくない?

    相手のミスを、しっかり自分のポイントとして認識する。これ、当…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?
  2. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方
  3. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てな…
  4. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?
  5. ストローク

    ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント
PAGE TOP