テニス

戦術

太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

「そんなの、当たり前じゃないかー!」と、思いますか?

ですよね。

でも、実際はそうでもないと思いますよ。

私が見ている限り、「何で走らせないんだろう?」と思う試合はいっぱいある。

ドロップ系が打てない、のか、そもそも相手の特徴に気付いていないのか。

テニスの試合、相手に情け容赦は禁物です。

 

太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

 

1.ガッチリした相手は、ストロークもボレーもサーブも「重い」

みなさんの周りもいませんか?

少し太めでガッチリした人。

こういう人は、ストロークもボレーも、サーブも全部が重たいボールを打って来る。

だから、普通にラリーしていたらちょっと押されて、その後主導権を握られる。

アナタに必要なのは、走らせるということ。

それもハッキリと前後に、です。

 

2.前後へのダッシュは、脚力が問われる

テニスの試合、横方向とは違う。

縦方向に走るのって、基本のダッシュ力がモノを言います。

テニスコートは、3倍近く縦に長い。

走る距離も長いし、打点も低いから難しい。

体格が良い人は、自分の体重をコントロール出来ない人も多いですからね。

前に走って、届いたとしても自分の重さでフラフラ、止まれない。

これは結構、大問題なはず。

もっともっと、こういうシーンを作ってあげないと。

対戦相手が太っているな、と思ったら、遠慮なく走らせてみる。

そこで機敏な動き、をされたらまた考える。

大きなチャンスがあるのに、手を出さないのはもったいないですよ。

 

3.「弱点を突く」ことを、日常作業に

今回の太っている人を走らせる、こともそうですが、当たり前のように弱点を突く。

これは、日常作業くらいに大事なこと。

相手をよく見て、何が効きそうなのかを考えて試す。

このパターン、実はテニスでも何個か「お約束」のパターンがあります。

太っている人を前後に走らせる、以外にも、たくさんある。

両手バックハンドストロークの人は、浅いボールに弱い、とか。

アナタなりに、ぜひ考えて欲しいんです。

今までの経験から、どうだったのか。

書き出してみるだけで、面白いと思いますよ。

 

4.前に走らせるのは、難しくない!

「でも、ドロップショットは難しい・・・」という方は、発想を変えましょう。

何度か書いて来ましたが、ベースラインから相手コートのネット際、に打とうと思うから難しい。

自分が少し前、サービスラインくらいから打てるときに、チョン、と前に落としてみる。

これで充分、ナイスドロップです。

相手は走ることが嫌い、苦手意識があると思いますから、これでも焦ってくれると思いますよ。

前に走らせる、ことが日常茶飯事、くらいに練習しておかないと。

まずは、身近な人から試してみませんか?

 

きっと、アナタの周りにもいるでしょう。

ちょっと、足が遅そう、太ってそうだな・・・という人から、まずは走らせてみる。

練習で実践していることは、試合でもきっとできる。

身体が勝手に反応してくれるでしょう。

ぜひ、太ったような対戦相手、を大好物になって下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    戦術

    良いショットさえ打てば相手を追い込める、は幻想です

    テニスの試合で、どうにも独りよがり、になっている人が多い。シン…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

    テニスの試合の中で、必要なこと。もちろん、基本やベースとなる技…

  3. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃してい…

  4. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

  5. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  6. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

    今はまさに、日が長い時期。日照時間が長いので、テニスの試合も結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    甲子園での球数制限、について思うこと
  3. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  5. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠
PAGE TOP