テニス ボレー

ボレー

ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

テニスにおける難しい技術、ローボレー。

低い位置のボレーはネットを越えて、しかも相手コート内にバウンドさせないといけない。

難しいと思うからこそ、「何となくすくい上げて、誤魔化す」ようなボレーを卒業していきましょう。

 

ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

 


 

1.「すくい上げる」ボレーは、絶対に安定しない

ローボレーはつい、腕で持ち上げたくなる。

でも、この打ち方は絶対に安定しない。

なぜならアゴが上がって打点が顔から遠い、腕先の動きだけを使って誤魔化しているボレー、でしかありません。

ローボレーって、何が難しいのか。

それは、「まずい!攻撃されてる!」という受け身でうろたえる姿勢、かも知れません。

しっかり落ち着いて、基本に忠実なボレー、が改善につながるはずです。

 

2.ローボレーでも、基本はラケット面作りで足で運ぶ意識を

ローボレーも、基本は同じ。

しっかりラケット面を作って、下半身でボールを運ぶ意識が大事。

低い位置でのボレー、だけで慌ててしまうから腕先の動きだけになってしまう。

ローボレーこそ、しっかり足から動かして入っていく。

不安になると、足が止まってしまいますからね。

流れるような動きで、リラックスして丁寧に。

持ち上げようと、無理する必要は無いんです。

 

3.自然なフォロースルーで、充分にボールは上に飛ぶ

「でも、ローボレーは上に飛ばさないと・・・」と、思う方も多いでしょう。

確かに、その通り。

その上に飛ばす為に、腕で持ち上げるのではなくしっかりラケット面を上に向ける。

そして打点に対しては、少しだけ上から入ってあげれば抑えの効いた良いローボレーになるはず。

この感覚、明日からぜひ練習してみて下さい。

持ち上げようとしないで、そのまま低い位置で終わる、自然なフォロースルーを前に出す。

これだけで、充分です!

 

ローボレー、難しいと思っているから難しくなる。

自分で難しくして、最後は誤魔化している・・・だけかも知れませんよ。

腕先に頼らず、しっかり足で運ぶこと。

コツをつかめば、ローボレーも安定して返球出来るはずです!

 

今回のまとめ

ローボレーは足とラケット面で運ぶ意識が大事!

 

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

    「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

    守備力が高い選手は、ボレーも上手い。特に、相手から打ち込まれた…

  3. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

    これはダブルスに限った話では無いのですが・・・。ボレーを打つ、…

  4. テニス ラケット

    ボレー

    テニスでのボレーは「ボールを引き付ける」、だけで見違える

    どうやっても、ボレーが上達しないで悩んでいる人。ストロークには…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い…

    ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

    私は、最近常々感じていることがあります。ストロークが得意、ネッ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニング…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?
  3. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  4. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、ボレーでは手首をこねている
  5. テニス サーブ

    サーブ

    人は不安になると、早くボールを手放したくなる
PAGE TOP