テニス リターン

ストローク

「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

ストロークでもボレーでもそうですが、怪我が多い人ってグリップを強く握り過ぎ。

ボールを打っていないときも、ずっとラケットを強く握っている方多いんですよね。

これだと体力も消耗するし、本当に打ちたいときに感覚が研ぎ澄まされない。

テイクバック、ラケット準備のときって、もっと「ゆるゆる」で良いと思うんです。

きっと、グリップの準備を変えれば精神も安定しますよ。

テニスってそんなもの、ですから。

 

「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

 

1.緊張するのは、自分が力を入れるから

試合で緊張してすぐに疲れてしまう人は、具体的に何かを変えないと。

私は一番はラケットを握るグリップ、だと思いますよ。

緊張するとつい、近くのモノをギュッと握りたくなりますからね。

これって、何ででしょう?

一つは、ちょっとしたことが不安になって、ラケットを落とすんじゃないかとか、色々ネガティブに考えるから。

ボールに打ち負けないように、と思ってしまうこともありますよね。

でも、テニスではボールを打つ瞬間に力を入れれば大丈夫。

逆に強く握ると、スウィングのスピードは落ちてしまいますよ。

 

2.腕とラケットを一体化させるには、ゆるゆるが一番

テニスが上手い人、感覚が鋭い人は、知っている。

腕とラケットを、本当に一体化させるには「ゆるゆる」なグリップが必要だということを。

ゆるゆるだと、腕とラケットで全体が鞭のようにしなって、しっかり打てる。

ギュッと握っていると、そこで力の伝導が途切れてしまうんですよね。

これだと、非効率的。

腕とラケットが、しっかり鞭のようにしなって使えると、ストロークもボレーも伸びが出る。

それには、テイクバック時の脱力が一番です。

 

3.ラケットの威力、性能を活かすには余計なことをしない

最近のラケットは、アナタが思っている以上によく出来ている。

ガットもそうですね。

でもこれらの性能って、しっかり脱力してスウィングスピードを上げていく、うえで発揮されるように出来ているものがほとんどなんです。

アナタ自身、力を入れて余計なことをすると、その性能が失われていくだけ。

だから、大事なのは余計なことをしないこと。

しっかりラケットに活躍してもらう、そのサポートを自分がするくらいに考えておきましょう。

力んでも良いことは無い、ですよ、本当に。

もっとラケットを信じて、速い準備でしっかり打っていく。

振っていく中で、当たる瞬間にだけしっかり握る、で充分です。

 

4.出来るだけ長く、ラケットを持とう

男性なら、小指がはみ出るくらいで良いと思います。

しっかり長く、ラケットを持つこと。

そうすることで、リラックスも出来るしラケットも振りやすい、扱いやすい。

グリップの一番下、端の部分を握る感覚、みなさん持ててますか?

意外と、短く持っていることで振りにくくしている人、多いですよ。

短く持っても、逆に振りにくいしボールに負けてしまう。

それがテニスのグリップです。

 

自分が力んでいるのかどうか、はどうやって見極めれば良いのか。

練習のラリーから、相手が打ってテイクバックする瞬間、を意識しましょう。

ここで脱力出来ていれば、大丈夫。

きっと試合でも脱力、ゆるゆるテイクバックの癖、身に付くと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

    試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。ここで女性…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとし…

  5. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に

    左右に走ってストローク、特にシングルスでは多いシチュエーションですよね…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

    試合の中で、ストロークミスが多い人。は、そもそも打点がおかしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニスノート

    戦術

    テニスでも自分に1本の軸が出来れば、「被害妄想意識」は消える
  2. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと
  3. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう
  5. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で
PAGE TOP