ボレー

練習慣れって、怖い

テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。

それは、練習に慣れるって、本当に怖いなということです。

試合では、相手を倒すこと、崩すことが必要になって来るのに、練習ではなかなかそれが難しい。

テニススクールのような場ですと、特にそうですよね。

自分で意識を変えて、どうバランスを取るのか。

練習と試合、この両方を上手く自分の中でコントロールしていくこと、が大事になってきます。

 


 

特に、ボレー対ストロークのラリー

半面なら、そもそも難しくない

みなさんも、ダブルスの試合で経験はないですか?

いつもなら、簡単に入るようなボレーが、なかなか入らない。

サーブ&ボレーのファーストボレーで、ミスが多い。

もちろん試合の緊張感や相手前衛のプレッシャー、初対戦の球筋が分からない等、要因はあるでしょう。

でも、もっと大事な要因が欠如しているように思います。

試合では、相手を追い込まないといけない…はずですが、練習では?どうでしょう?

練習ではつなげる、試合で決める?

このギャップに、気付かないうちに苦しんでいる可能性が高いです。

練習では、何となく相手のことも尊重してつなげるボレー、になることが多い。

ボレー対ストロークの練習でも、そうじゃないですか。

腕先だけのボレーで、まず相手につなぐようにして返す、そこからラリーをしっかりする。

こういう癖が付いていると、どうしても「足から運んで重たいボレーを打つ」ことが難しくなります。

試合でも、腕先だけでつなぐ、軽いボレーになってしまう。

でも、力を出そうとラケットを振ってしまう、スウィングが大きくなってしまう。

このジレンマに苦しんでいるうちに、試合終了になってしまうことが多いはずです。

練習から、さぼらない

しっかり、ボレーは足から力を伝えていく。

いや、みなさん絶対に理解は出来ているはずなんです。

でも、なかなか練習でそれが出来ない。

半面のスペースで、自分の近くにボールは飛んで来てくれる。

ラリーは、しっかりつなげるような空気感がある。

いきなり重たいボレーを打って、相手が返せなかったら雰囲気が悪くなる…ような感じの中にいると、どうでしょう。

もう、試合は厳しいですよね。

何となく同じくらいのレベル相手なら、勝てるかもしれません。

でも、実はこれだと「練習」が実力をアップさせることにはつながらない。

いつまでも、中途半端なままでしょう。

思ったよりも、足は動かない

YouTubeの撮影で、気付いたこと

すごく、すごく分かります。

「もっと足動かして!」と言われても、「いや動かしてるよ!」という感覚。

私も、自分では動かしているつもりでも、佐藤プロや土居コーチから何度も言われました。

要は、「動かしている幅」が狭いんです。

足を、もっともっと大きく出していかないといけない。

力を伝える、ということはコートをしっかりとキックして、ラケットのインパクト時には片足が浮いているような状態を作る、ということ。

だからこそ、必要なのは意識改革です。

そりゃもう、幅跳びの選手にでもなったかというくらい。

足を大きく出す、特にボレーは1歩目でしっかり大きく動くことが大事です。

練習では、ボールは「来てくれる」

自分の手元に、ボールはある程度来てくれます。

そこまで、激しく動いて打つ、なんて機会は少ないはず。

試合では、相手に動かされて、バランス良く打たないといけないのがテニス。

この差、出来るだけ練習から意識した方が良いですよ。

向かって来てくれるボールに対して、本当に精度高く入る。

軸足でボールの軌道の後ろを取る、これを徹底的に意識しないと、試合ではもっと崩される。

練習慣れしてしまうと、何もかもが簡単になって来ますから。

そうなると、試合では弱くなる。

上のレベルの方と試合をやると、もう試合の序盤で感じるはず。

大きなフットワークが、未来を変える

しっかりと上体を起こして、良いバランスで背筋を伸ばす。

そうすると、自然と大きな歩幅でも動きやすくなるはず。

ボレー側でのフットワーク、ぜひこれを意識してみて下さい。

テニス歴が長い方ほど、技術は身に付きますから腕先だけの動き、でもボレーは出来てしまう。

でも、それだけだと試合では勝てない。

ミスも増えるし、遠くのボールに対して力強く入っていくことは難しい。

今、変えるならきっとココだと思います。

ラケットの当たり損ない、を減らす

出来るだけ、動かさないでも強いボールが打てれば。

実は、それにこしたことは無いですよね。

ラケットを大きく振れば振るだけ、誤差も生じやすいのは当然のこと。

だからこそ、大きく動くなら身体全体を、バランス良く。

上手い人、強い人は上手く自分の体重を乗せて、しっかりと重たいボールを打っている。

みなさんも、まだまだ改革出来るはずです。

練習慣れしている打ち方から、考え方を変えていく。

その先に、きっと「重たい、勝てるボール」が見えて来るはずです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

    試合に出ていると、その必要性を再認識すること。ボレーって、なか…

  3. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  4. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

    攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。どうしても感覚が掴めない…

  5. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン

    ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
  3. テニス メンタル

    ストローク

    明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守…
  4. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い
  5. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになり…
PAGE TOP