ダブルス

安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。

特に、センターの守備が肝、ですよね。

ストロークが強い、上手い選手に、どうネットで対抗していくのか。

「正しい予測」で科学していきましょう。

 

安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

 


 

1.相手にストローク、打たせて良い

アナタ自身が、赤側のペア。

並行陣、で相手のストロークを待ち構える。

相手もしっかり打てそうな雰囲気なら、まずは守備、ブロックを優先しましょう。

この時、アナタ自身は赤側の後衛、どんなイメージで待ちますか?

攻められるなら、↓のようなコースでしょうか・・・。

ショートクロス、ロブ、怖いですよね。

でも、こういうショットは相手だって打つのが怖い。

相当余裕が無いと打てない、のが普通です。

ですので、まずはしっかりローリスクでセンターを突いて来る↓、のが基本でしょう。

まず、この対策をしっかり取らないと試合にならない。

簡単に、並行陣を突破されてしまいますからね。

 

2.速いボールは、ココに来る!

テニスでは、どこにでも速いボールが打てる訳じゃない。

ネットの高さ、が場所に寄って違いますから。

相手が速いボール、を打つならセンター↓が基本。

この2人の間に打たれるようなボール、は速くて低い。

だから、一番警戒しないといけないんです。

ダブルスの試合は、約8割近いボールがこのセンターを通過する、というデータもあります。

2人いるから、真ん中は大丈夫?

それは幻想です。

まずは大事なのは、ブロック。

壁を作って、まずセンターはしっかりブロック。

これが後衛、の仕事です。

しっかり、「どこに速いボールが来るのか?」を意識することが、大事。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.緩いボールは、狙う

センターに速いボール、外側には緩いボール。

この外側のボール、はあえて空けておく位で待っておく。

狙いましょう。

ドロップボレー、でクロスに切り返す。

そのためにも、まずはセンターの高速ショットに耐えないと。

でも、それは後衛だけの役割、ではありません。

1stブロック、2ndブロック、をしっかりと敷く。

2段構え、が並行陣でも基本です。

前衛と後衛が、ラケットがぶつかりそう・・・で、実は少し、ずれている。

縦にポジションが1メートルくらい違うから、当たらない。

前衛が触れば良いけど、後衛もしっかりカバーする。

そもそも、2人の距離感が近いこと、が大事ですね。

 

並行陣の完成度、これを見ればすぐ分かります。

センターをどう、守るか。

スクールではここまで、徹底はしないでしょう。

でも、試合の現場ではこれが大事。

繰り返します。

センターの速いボールを返すことが出来れば、並行陣は勝てます。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  3. ダブルス

    男女問わず、ペアから信頼される人の特徴5つ

    ダブルスのペアとして、信頼されるということ。これは、試合に勝…

  4. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう

    ダブルスの試合で、前衛にいるとき。ポーチに出るか出ないか、迷…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

    ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。ここは一気…

  6. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について…
  2. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう
  3. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます
  4. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく
  5. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
PAGE TOP