ダブルス

安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。

特に、センターの守備が肝、ですよね。

ストロークが強い、上手い選手に、どうネットで対抗していくのか。

「正しい予測」で科学していきましょう。

 

安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

 


 

1.相手にストローク、打たせて良い

アナタ自身が、赤側のペア。

並行陣、で相手のストロークを待ち構える。

相手もしっかり打てそうな雰囲気なら、まずは守備、ブロックを優先しましょう。

この時、アナタ自身は赤側の後衛、どんなイメージで待ちますか?

攻められるなら、↓のようなコースでしょうか・・・。

ショートクロス、ロブ、怖いですよね。

でも、こういうショットは相手だって打つのが怖い。

相当余裕が無いと打てない、のが普通です。

ですので、まずはしっかりローリスクでセンターを突いて来る↓、のが基本でしょう。

まず、この対策をしっかり取らないと試合にならない。

簡単に、並行陣を突破されてしまいますからね。

 

2.速いボールは、ココに来る!

テニスでは、どこにでも速いボールが打てる訳じゃない。

ネットの高さ、が場所に寄って違いますから。

相手が速いボール、を打つならセンター↓が基本。

この2人の間に打たれるようなボール、は速くて低い。

だから、一番警戒しないといけないんです。

ダブルスの試合は、約8割近いボールがこのセンターを通過する、というデータもあります。

2人いるから、真ん中は大丈夫?

それは幻想です。

まずは大事なのは、ブロック。

壁を作って、まずセンターはしっかりブロック。

これが後衛、の仕事です。

しっかり、「どこに速いボールが来るのか?」を意識することが、大事。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.緩いボールは、狙う

センターに速いボール、外側には緩いボール。

この外側のボール、はあえて空けておく位で待っておく。

狙いましょう。

ドロップボレー、でクロスに切り返す。

そのためにも、まずはセンターの高速ショットに耐えないと。

でも、それは後衛だけの役割、ではありません。

1stブロック、2ndブロック、をしっかりと敷く。

2段構え、が並行陣でも基本です。

前衛と後衛が、ラケットがぶつかりそう・・・で、実は少し、ずれている。

縦にポジションが1メートルくらい違うから、当たらない。

前衛が触れば良いけど、後衛もしっかりカバーする。

そもそも、2人の距離感が近いこと、が大事ですね。

 

並行陣の完成度、これを見ればすぐ分かります。

センターをどう、守るか。

スクールではここまで、徹底はしないでしょう。

でも、試合の現場ではこれが大事。

繰り返します。

センターの速いボールを返すことが出来れば、並行陣は勝てます。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

  2. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  3. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇

    ダブルスの試合で、相手の前衛に捕まってしまう。こういうポイン…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  5. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!
  2. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル
  3. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  4. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿
  5. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある
PAGE TOP