ダブルス

強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

並行陣で、手堅くプレーしていく。

安定感のあるダブルスは、ミスが少なくて穴が見当たらない。

こういうペアは、後衛のポジショニングがすごく良いペアが多いです。

並行陣は後衛のポジショニングで、まだまだ強くなれる。

今回は私が考える基本、についてまとめてみたいと思います。

 

強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

 


 

1.ありがちなミス、ワイドからワイドへのサーブ&ボレー

ダブルスの試合、みなさんはどこからサーブを打ちますか?

これって結構、曖昧になっているような気がします。

赤側のペア、がアナタ自身のペアでサーブを打つとイメージしてみて下さい。

↑のような感じなら、まずまずのバランスと言えるでしょう。

でも、ダブルスでは前衛がいるので、ついサイド寄りに立ってサーブが打ちたくなる。

↓のような場所からサーブを打っている人、少なくないと思います。

ここからサーブを打って、そのまま真っすぐ前に出ると・・・。

かなりワイド寄りなポジションになってしまう。

これでは、↓のようなストレートロブをカバーするのは難しいでしょう。

後衛の後ろ、をカバー出来ないだけじゃない。

もっと致命的な問題があるんです、このワイド寄りのポジショニングだと。

 

2.ファーストボレーをバックボレーで処理、は厳しい

もう1つ、並行陣で大事なのはセンターケア。

相手は当然、2人の間を狙って来ますからね。

ワイド寄りのポジションに立っていると、右利きの方はここ↓を守りにくくなる。

当然、ファーストボレーをバックボレー、で処理することになりますよね。

バックボレーでセンターを処理していると、相手の前衛はすごく動きやすい。

沈められたら、返すので精いっぱいですからね。

こんな感じで、ファーストボレーをポーチで仕留められてしまう。

センターを狙われてしまうと、どうしても苦しくなってしまうんです。

これも全て、最初のサーブのところからのポジショニング、が引き起こしている問題です。

 

3.センター寄りから打てば、全てが解決!

センター寄りからサーブを打てば、並行陣の後衛はバランスが良くなる。

右利きの方のデュースサイド、で考えると分かりやすいと思います。

センター寄りからサーブを打つと、そのまま前に出れば良いポジショニングになる。

前衛との距離感、も近い感じに保てます。

このポジションなら、広くフォアハンドボレーでカバー出来る。

バックボレーで打つような場所は、確実に前衛が触ってくれるでしょう。

意識はフォアボレー、で前に出るサーブ&ボレーでリズムが作りやすい。

当然、ワイド寄りから打つよりも、↓のようにストレートロブはカバーしやすくなります。

ですが、ショートクロスは少し空いているので不安、に思うかも知れません。

でも、大丈夫。

↓のような所に打たれても、フォアハンドボレーですから届く、コントロール出来る。

むしろ打たせる、くらいの意識で良いと思いますよ。

大事なのは、ペアとしての2人の距離感です。

センター寄りからサーブを打つので、センターにも打ちやすい。

当然、相手のリターンする選手をセンターに寄せることが出来るので・・・。

リターンのコース、も限定出来る。

だから、味方の前衛もポーチに出やすくなる。

守りやすいし、サービスゲームをキープしやすくなるでしょう。

 

ダブルスって、なぜか「2人で離れていた方が、守りやすい」と思いがちじゃないですか?

実はその逆、です。

2人で離れれば離れる程、センターが守りにくいし、辛くなる。

並行陣ではよりその特徴、が出ますからね。

センター寄りから、外側のボレー中心。

この意識だけで、だいぶ違うと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ダブルス

    相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

    相手の前衛がポーチに出られて、決められてしまう。これを、ただの…

  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

    「あぁ・・・今のポーチ行けたよな・・・」と、何度も試合で後悔する。…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  4. ダブルス

    ミックスダブルスは、女性の前のスペースでチャンスメイク

    ミックスダブルスの試合での、鉄板パターン。それは、どのレベルに…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  2. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  4. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス
  5. テニス ミス

    フットワーク

    「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、も…
PAGE TOP