ダブルス

破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

前衛は、前に、前に。

この意識は大事ですが、それだけなら相手にかわされる。

だからこそ、ミックスダブルスでは掟破りな前衛、になって欲しい。

男性のみなさん、思い切って動きませんか?

ミックスダブルスなら、私は有りだと思いますよ。

 

破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

 


 

1.ミックスダブルスを、現実的に考えよう

ミックスダブルス、女性同士が後衛で、男性同士が前衛。

このパターン、試合でもよくありますよね。

赤が女性、青が男性だと思って見てみて下さい。

女性サーブ、女性リターン。

この場合、男性がどう参加するか、が肝になりますよね。

女性サーブ、の女性リターンの場面では、相手のリターンは山なりに返って来ることが多い。

まぁ、相手の男性、前衛を避けようと思いますからね。

こういうリターンから、山なりのラリーが続く雁行陣同士の戦い、が続く。

ミックスダブルス、でのあるあるじゃないでしょうか?

 

2.前に動いても、ポーチで参加出来ない

実際、相手の女性も触れないようなリターンを打って来ます。

これが上手いんですよ、ミックスダブルスに慣れている人は。

だからこそ、ずっと待っていても男性は触れない。

相手のリターンは、↓のようなエリアにバウンドする絶妙な深さを狙って来ます。

このボール、をどう潰すのかが大事。

男性であるみなさん、どう考えましょうか。

普通に前に動いても、↓触れないなら・・・。

もう、こんな感じで↓後ろに動いてみたらどうでしょう?

思い切って動く、ことが大事。

相手がリターン、ラケットをテイクバックして振り出す少し前、にはもうコースは変えられないですから。

ストレートは捨てて、サービスライン上くらいまで、斜め後ろに下がる。

しっかり下がれば、リターンに触れます。

相手は、女性に山なりに返しているつもりだけど、そこに男性が参加していく。

この勇気、が大事なんです。

思い切った、破天荒な前衛になりましょう!

 

3.そこから、どう狙っていくのか?

触るだけでも、確かにプレッシャーになります。

ですが、そこでスマッシュ、ハイボレーミスしていては、本当の意味でのプレッシャーになれない。

それに、打つコースにも迷いがあるとダメ、ですね。

狙いは、どこがベストでしょう?

基本は、私はクロスにスマッシュ、だと思います。

出来るだけ、相手の女性にもう一度、触らせたい。

相手は、ビックリして気持ちが引いてくれるでしょうから。

安易に、相手の前衛を狙っていくと・・・↓。

きっと、カウンターを喰らうでしょう。

相手の女性に打って、もう一度、前衛のポジションに戻ってみる。

これ↓、すごく良いプレッシャーになると思うんですよね。

合わせて、パートナーも女性も前に出る。

2人でプレッシャーをかける、という意識で攻撃的にいきましょう。

きっと、相手の女性はもう参っているでしょう、メンタル的に。

だからこそ、しっかりプレッシャーをかけて追い詰める意識が大事です。

 

実際に、試合で使えるテクニックです、これは。

男性が前衛にいても、全然存在感が無いミックスダブルス、いるじゃないですか。

そんなペアは、まず勝ち上がれない。

思い切った、斜め後ろへのポーチ。

これが、新しい戦術としてアナタ自身を次のステージに上げていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

    みなさんは、ミックスダブルス、プレーされる機会はありますか?学…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

    「前衛は、ポーチに出ないといけない!」と、焦ってしまう。確かに…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

    テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思い…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「追い込まれそうなとき」こそ相手のポジションを確認しよう!

    テニスの試合は、相手に攻撃されて「追い込まれていく」ときに、その人の実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合の中で「ダブルスの前衛がポーチに出たとき」の後衛の動き、実は曖昧にな…
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  3. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  5. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう
PAGE TOP