テニス メンタル

リターン

相手のサーブの本質を、を見抜こう

試合の中で、リターンゲーム。

テニスの試合は、必ずサーブかリターンで始まります。

そのリターン、みなさん打つ技術にばかり意識がいっていませんか?

もちろん、ポジショニングやラケットワークも大事。

でも、もっと大事なことがあります。

それは、相手のサーブに対するスタンスを察する、洞察力です。

 

相手のサーブの本質を、を見抜こう

1.相手のサーブは、何狙い?

まず、これを考えてみる。

結構色々な人がいますよね、試合では。

完全にエース狙いな人、パワーで押して甘いリターンを引き出したい人、コーナーを突いて前衛を活かしたい人・・・。

まず、相手の狙いを感じてみる。

男性、女性、年齢といった先入観を取っ払って考えることが大事です。

洞察力って、テニスでは凄く大事です。

 

2.女性でも強打、男性でも安定感

一般的に、男性はバンバン強打して、女性は確率重視・・・のようなサーブが多い、と思いますか?

確かに、そういう傾向はあるでしょうが、一部です。

その逆のパターンのサーブを打つ選手も、試合では多いですよね。

だからこそ、先入観って怖いんです。

いつのまにか、洞察力が鈍ってしまう、考えることを放棄してしまいがちですから。

毎回しっかり、真っ新な気持ちで相手と向き合う。

そうすれば、サーブに対してどういうスタンスなのか、が見えてきます。

 

3.サーブはその人そのもの、かもしれない

私がなぜ、相手のサーブを感じることを大切にしているのか。

それは、サーブってすごくその人の考え方、が反映されるから。

サーブのスタンスが、テニスのスタンスとも言えるんですよね。

自分の好きなように打てるし、自分らしさが嫌でも出るのがサーブでしょう。

だから、ここの解明を進めれば他にも応用が効く。

バンバン打って来るようなら、きっとストロークやボレーだってそうでしょう。

慎重派なら、粘りが身上かもしれない。

こういう想定が立てやすい、のがサーブです。



4.本質を見抜く、には習慣が大事

いざ、試合でやろうと思っても上手くいきません。

実際に洞察力を磨くには、まず練習から。

普段一緒に長く練習しているメンバーのことが分からないで、なぜ初対面の人のサーブが分かるのか。

もっと身近な人から、しっかりと観察して洞察力を鍛えておく。

「この人は、サーブに何を求めているんだろう」という疑問を、常に持つ、考える。

これだけで、リターンはすごく良くなると思いますよ。

スタンスさえ見えてくれば、相手の攻略はもう8割完了したようなものでしょう。

 

何となく、分かるような分からないような・・・。

でも、それで良いんです。

何となく、という部分で想定を立てて、試合の後半には確信に変わる。

サーブって、本当に十人十色、ですからね。

相手を知るには、一番分かりやすいと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの…

  2. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  3. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  4. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを

    ダブルスの試合、強い選手ほどセンターからのサーブが上手い。コン…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

    ダブルスが上手い選手は、リターンが上手い。これは、何度か書いて…

  6. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイン…
  2. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
  5. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽に…
PAGE TOP