テニス サイト

ストローク

ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

目次

ウォーミングアップで行うショートラリー。

これ、正直苦手という人多くないですか?

ただつなげるだけ、ラケットに当てるだけになっている人は、少なからずいるはず。

テニスの技術がしっかりしている人は、しっかり振り切ってサービスラインの内側でラリーが出来る。

これは、試合で勝てるかどうかに直結する問題だと思います。

 

ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

 


 

1.振り切って、遅いボールを浅く打つ

ラケットをしっかり振り切って、相手の前にバウンドさせる。

飛んでいるボールは遅め、回転量は多いようなラリー。

ショートラリーの基本は、これです。

このラリーが出来るかどうか、みなさん今一度考えてみて下さい。

そのまま距離を長くして打つラリーの延長線上であり、尚且つ、意外と試合でそのまま使うショットなはずです。

 

2.ショートラリー用の打ち方、になってない?

足を動かして、何となく相手と打ち合うショートラリー。

これだと、ショートラリー用のショートラリー、にしかなりません。

考えてみて下さい、ただ当てるだけで相手に返す、というショットを試合で使いますか?

距離が長くなって初めてラケットをしっかり振る人は、ショートラリーで特殊な打ち方をしているということ。

もちろん、相手と距離は短いし加減しないといけない、という要素はあります。

その加減、スウィング自体が大きく変わるようだと問題なんです。

 

3.弱いショットは、簡単に打てない

短く、弱いショット。

これがテニスでは難しいんですよ。

回転量を多くかけて、浅く打つショットって難しい。

だから、ショートラリーも良い練習になるんです。

ショートラリーはウォーミングアップ、のようで私は立派な練習だと考えています。

しっかり出来る人は、間違いなくテニスも強い。

弱いショットを正確に打つことが出来ますからね。

今一度、ショートラリーへの意識を高く持っていきましょう。



4.ラケットが合わない可能性、もあるかも

どうしても、ショートラリーが難しいという方。

それは、もしかしたらラケットが合っていない可能性があります。

しっかり振れるのに、フレームが厚過ぎるラケットだったり、その逆もあるでしょう。

ボールが飛び過ぎたり、逆に飛ばな過ぎる人は、ラケットやガットを調整してみるというのも有り。

ショートラリーって、一種の健康診断のようなものだと思います。

短く弱いショットを正確にコントロール出来ないと、下がっても良いラリーは出来ないでしょうからね。

 

5.お勧めの練習法

何を意識して、ショートラリーをするのか。

まず、しっかりスピン、スライス、の回転量を増やす。

スピン限定、スライス限定、混ぜてのラリー、を意識して3種類行いましょう。

当てるだけ、つなぐだけのショートラリーは、しない。

スピン回転をかけて高い軌道、スライス回転をかけて低い軌道、という意識も大事です。

この部分を意識するだけで、かなりショートラリーは意味のあるものになっていくはず。

変えていくには、アナタ自身の意識改革が必要です。

 

ショートラリーでストレスを感じると、練習も気分が乗らない。

最初のウォーミングアップ、ですからね。

しっかり自分の中で自信が出来ると、日々の練習の充実度も変わって来るでしょう。

最初は上手くいかなくても、しっかり振って短く落とす、ことを意識してみて下さい。

きっと、試合でも使える柔らかさが身に付くはずです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

    回り込み=少し下がって後ろから回りながら入っていく、というイメージを持…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

    女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

    試合に出ていると、気付くはずです。ライジングショット、自分が打…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    今も昔も、「ストロークの変わらない基本は、前に踏み込んで打つ!」この基本、忘れていませんか?

    人は何かを上達させていくときに、壁にぶつかれば必ず基本に立ち返る。…

  5. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選
  2. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  3. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!
  4. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう
  5. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
PAGE TOP