テニス サイト

ストローク

ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

ウォーミングアップで行うショートラリー。

これ、正直苦手という人多くないですか?

ただつなげるだけ、ラケットに当てるだけになっている人は、少なからずいるはず。

テニスの技術がしっかりしている人は、しっかり振り切ってサービスラインの内側でラリーが出来る。

これは、試合で勝てるかどうかに直結する問題だと思います。

 

ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

 


 

1.振り切って、遅いボールを浅く打つ

ラケットをしっかり振り切って、相手の前にバウンドさせる。

飛んでいるボールは遅め、回転量は多いようなラリー。

ショートラリーの基本は、これです。

このラリーが出来るかどうか、みなさん今一度考えてみて下さい。

そのまま距離を長くして打つラリーの延長線上であり、尚且つ、意外と試合でそのまま使うショットなはずです。

 

2.ショートラリー用の打ち方、になってない?

足を動かして、何となく相手と打ち合うショートラリー。

これだと、ショートラリー用のショートラリー、にしかなりません。

考えてみて下さい、ただ当てるだけで相手に返す、というショットを試合で使いますか?

距離が長くなって初めてラケットをしっかり振る人は、ショートラリーで特殊な打ち方をしているということ。

もちろん、相手と距離は短いし加減しないといけない、という要素はあります。

その加減、スウィング自体が大きく変わるようだと問題なんです。

 

3.弱いショットは、簡単に打てない

短く、弱いショット。

これがテニスでは難しいんですよ。

回転量を多くかけて、浅く打つショットって難しい。

だから、ショートラリーも良い練習になるんです。

ショートラリーはウォーミングアップ、のようで私は立派な練習だと考えています。

しっかり出来る人は、間違いなくテニスも強い。

弱いショットを正確に打つことが出来ますからね。

今一度、ショートラリーへの意識を高く持っていきましょう。



4.ラケットが合わない可能性、もあるかも

どうしても、ショートラリーが難しいという方。

それは、もしかしたらラケットが合っていない可能性があります。

しっかり振れるのに、フレームが厚過ぎるラケットだったり、その逆もあるでしょう。

ボールが飛び過ぎたり、逆に飛ばな過ぎる人は、ラケットやガットを調整してみるというのも有り。

ショートラリーって、一種の健康診断のようなものだと思います。

短く弱いショットを正確にコントロール出来ないと、下がっても良いラリーは出来ないでしょうからね。

 

5.お勧めの練習法

何を意識して、ショートラリーをするのか。

まず、しっかりスピン、スライス、の回転量を増やす。

スピン限定、スライス限定、混ぜてのラリー、を意識して3種類行いましょう。

当てるだけ、つなぐだけのショートラリーは、しない。

スピン回転をかけて高い軌道、スライス回転をかけて低い軌道、という意識も大事です。

この部分を意識するだけで、かなりショートラリーは意味のあるものになっていくはず。

変えていくには、アナタ自身の意識改革が必要です。

 

ショートラリーでストレスを感じると、練習も気分が乗らない。

最初のウォーミングアップ、ですからね。

しっかり自分の中で自信が出来ると、日々の練習の充実度も変わって来るでしょう。

最初は上手くいかなくても、しっかり振って短く落とす、ことを意識してみて下さい。

きっと、試合でも使える柔らかさが身に付くはずです。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. ラジオ番組、始めました!
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う

    テニスって、結構自由度が高いスポーツ。そうは思いませんか・・・…

  2. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

    走り抜けながらパッシングショットを打つ機会、実際の試合の中では1回ある…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

    現代テニスの申し子、のような選手。しっかり粘りながらも、浅いボ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
  3. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう
  4. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本…
  5. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない
PAGE TOP