テニス ドロップショット

ストローク

テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無い

練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います。

ネットを挟んで、まずは短い距離でストロークのラリー、その後距離を長くしてベースラインからのラリーに移行していくのが通常でしょうか。

でもこのショートラリー、なんだか力を加減して当てるだけの、「中途半端な形」になってはいませんか?

テニスが上手い選手は、ショートラリーも上手い。

この違いって、どこにあるんでしょうか?

 

テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無い

 


 

1.回転をしっかりかけて、ラケットを振り切る

ラケットを振り切れていないと、回転量が減ってしまう。

これでは、ただラケットをフラットに当てて飛ばすだけの、「羽子板」のようなテニスになってしまう。

ベースラインでのストロークと全く異なるようでは、ウォーミングアップとは言えませんよね?

しっかりとグリップを確認して、ボールにスピンやスライスを、この短い距離でもかけられるようにしましょう。

 

2.「振ったら飛び過ぎる」を解消するためには?

「でも振ったら飛び過ぎて、短い距離だとラリーにならない・・・」という声が、聞こえてきそうですね。

解消方法としては2つ。

まずはラケットスィングを行う際に、振り切るんだけど「ゆっくりなスィング」から入ってみる。

徐々に感覚が掴めてきたら、それをスピードアップさせていく感じで通常のスィングスピードに近付けていきましょう。

そしてもう一つが、厚いグリップでの「薄い当たり」を身に付けること。

これが一番、難しいです。

しっかり厚い、スピン回転をかけるグリップで、ボールの後ろをしっかり捉えて回転をかける、ワイパースィングのようなフォアハンドから入っていきましょう。

当たりが「良すぎる」と、ボールは飛び過ぎてしまいます。

かと言って、こすっているだけでは意味が無い。

難しい調整ですが、ぜひ意識を高く持ってチャレンジしてみて下さい。

 

3.ライジングショットも練習できるのが、ショートラリーの神髄!

一番の練習は、ライジングショットかも知れません。

短い距離ですので、必然的に自分の足元、深いボールは飛んで来やすい。

だからこそ、しっかりと速い準備で通常のストローク、ライジングショットと、瞬時に判断して打ち分けないといけません。

この練習は、ショートラリーの神髄とも言えます。

下がって打点を落とすようなと、ベースラインに移動しても同じことを繰り返して相手に押し込まれてしまいます。

短い距離のショートラリーから、しっかり意識していきましょう。

 

回転量をかけて、短い距離でストロークラリー、が出来るとテニスでは応用が効く。

実際に試合の中で、コートの内側、ネット近くでワンバウンドのボールを打つ機会も、意外と多いですよね。

であれば、ショートラリーはストローク練習にとどまらず、チャンスを拡げたり決めたりするショットの基本の確認にもなります。

ぜひ、ウォーミングアップ以上の意識を持って、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?

    以前に、頂いたご質問の中で「なかなかフォームが固まりません・・・」とい…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

    テニスの試合のラリー。緊張感が高まってきたときに、先の強引なミ…

  4. テニス ダブルス
  5. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!

    「攻撃的にストロークを打ちたい!」と思っている方。今のアナタの…

  6. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

特集記事

  1. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です
  2. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  3. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由
  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
  5. テニス スポーツ

    メンタル

    「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由…
PAGE TOP