戦術

接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。

こ同じような競技は、多いですよね。

でも、ネットを挟まないで直接選手同士が接触する競技も、たくさんあります。

私が感じているのは、このネットに挟まれているからこそ生まれる安心感、って大きいんじゃないかということ。

本物のプレッシャーって、相当意識しないとかからないでしょう。

 

接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

 


 

1.相手にタックル、は出来ない

サッカーやラグビーだと、もう凄いじゃないですか。

相手との接触、まさに相手を削りにいくような動きが、ナイスディフェンスと賞される。

ナイスディフェンスとファール、は本当に紙一重。

テニスは、当然相手と接触することは出来ません。

相手コートの中にまで入っていって、動きを止めたり邪魔することは出来ない。

だからこそ、なんです。

相手にプレッシャーをかけるなら、ネットプレーが大事なんです。

 

2.その10cmが、相手は嫌なもの

例え、10cmでも良い、相手に近付く。

これだけでも、実に嫌なものですよ、試合では。

相手からすると、どんどん迫って来る訳ですから。

近い程、触られそうに感じてしまう、打つ場所が無いように感じる。

「ロブを打てば良いじゃない」と思うかもしれませんが、実際の試合でどうでしょう。

相手が本当に迫って来るような状況で、精度が高いロブが打てますか?

10cm違うだけで、相手の印象は違う。

それくらい、ハッキリと前に出ることが良いプレッシャーになるんです。

 

3.自分のプレッシャーは甘い、と自覚しよう

試合の中で、何気ないポイント。

相手のナイスショット、のような場面で何を感じるのか。

試合に強い人、責任感がある人は「自分のプレッシャーが甘いな・・・」と感じるはず。

これが無い人は、相手からしてもやりやすいんです。

前に前に、という推進力が無いですからね。

試合に強い人は、もうこっちのコートに入って来るんじゃないか、というくらい激しい前への推進力があります。

当然、それだけではないですが、ここぞという場面ではしっかりネットに詰めて来る。

接触プレーが無いテニス、だからこそ差が出るとも言えるでしょう。

 



 

4.相手のメンタルにタックルしていくつもりで

前に出る、プレッシャーをかけるということは、そういうこと。

相手のメンタル、ハートに向かってタックルしていくようなもの、なんです。

自分の技で勝つだけが、テニスの試合じゃないですよ。

相手のメンタル、ハートをへし折って自滅を促す。

思いっきりタックルしてくくらいの闘志が試合では欲しい。

前に詰めてポーチ、ボレー、スマッシュ。

ここぞという場面では、相手のコートに入っていくくらいのつもりで。

ネットに触らなければOK、どんどん迫っていきましょうよ。

 

5.お勧めの練習法

普段の試合形式で、ポーチボレーのポジションを変える。

プレッシャーの代名詞と言えば、やっぱりダブルスのポーチです。

ネットから遠い場所で打っても、相手の脅威にはならない。

普段の練習、試合から、「ネットを触れるくらい、詰める」ことを意識しましょう。

本当にポジションが10cm違うだけで、テニスはプレーの質が変わりますから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

強い相手にこそ、前に出たい。

以前にも書きましたが、プレッシャーをかけないと試合には勝てないんです。

自分より強い相手にこそ、この10cmを削り出さないと。

接触プレーが無いテニス、に安心しないこと。

どんどん相手を削りにいく、くらいの覚悟で試合に挑みましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  2. 戦術

    基本ポジションは、ラリーの中でどんどん変わる

    基本のポジション、テニスではこれが大事とされています。でも、…

  3. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い

    対戦するときに、嫌な相手。それって、どんな相手でしょう?…

  5. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要

    スポーツに数字は付き物。だからこそ競争できるし、ルールも決ま…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

    テニスコートの広さって微妙だね。広いと言えば広いが、狭いと言え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    試合の後に、相手に感想を聞く時のマナーについて
  2. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ
  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足…
  4. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
PAGE TOP