ダブルス

自信満々、な相手の方がポーチが効く

ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。

ストローク、リターンも凄いし、どうしよう・・・と感じた時。

安心して下さい。

こういう相手の方が、実はポーチやチェンジプレー、のような作戦が効きやすい。

そして、自信のあるショットを押さえ込めば、楽に勝てる相手なはずです。

 

自信満々、な相手の方がポーチが効く

 


 

1.自信が無い相手、の方が色々やって来る

テニスの試合、相手の「自信」を探りましょう。

何だか自信が無い、不安そうな相手、それから逆に自信満々な相手。

みなさんは、どっちがやりやすいですか?

私は意外と、自信満々の選手相手の方が、やりやすいです。

なぜなら、ショットが単調で淡泊なプレーが期待出来るから。

自信が無い選手の方が、最初から色々工夫する、ロブも使うし粘りもある、ような手段を用意してそうじゃないですか。

実際、色々やって来ると思うんですよね。

自信が無い選手、用心深そうな選手の方が、試合はやり辛いです。

 

2.早めに動いて、クロスショットを消そう

自信のある選手って、ストロークやリターンが大好き。

クロスに打つ、強打してプレッシャーをかけてくる感じ、が多いでしょう。

ですので、早めにポーチに出て、触っておく。

ボール速いかもしれないですが、ネット近くで触ればテニスは当たり損ないでも相手コートに入る可能性が高い。

後ろでプレーしている方が、しんどいですよ。

自信満々な相手は、こっちが引かないで強気に出ると「お、何だコイツら・・・」とムキになってくれますしね。

ダブルスなら前衛の腕の見せ所です。

 

3.自分のショットを打ちたがり、なだけです

こういう相手って、ただ単に自分のショットを打ちたいだけ。

サーブ、リターン、ストローク・・・自分の打ちたいショットを打つ、それがテニスだと思っている。

あまり勝ち執着していない感じ、ありますよね。

遠慮なく、こちらは勝ちにいきましょう。

そのためには、まずは相手の自信のあるショットを潰すこと。

それも、試合の序盤に。

ショット自体には威力があるので、中途半端に動くとやられますからね。

あくまで作戦を揃えて、2人で対応していきましょう。

 



 

4.強力なリターン、クロスへのストロークをポーチするには?

とにかく、早めにポジションを変えること。

相手がテイクバックしたら、もうセンターストラップ近くまで動く、ことですね。

それをかわしてくるような相手、ではないはず。

前衛はストレーㇳを後衛に任せて、クロスのパワーショットを全力で潰しましょう。

ブロックボレーで、相手の力を利用することで楽に返せるはず。

返すだけで、こういう相手は「何だよ!邪魔だな!」と嫌がってくれますから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

例えば試合形式で、ミックスダブルスを行う。

その時に、男性のサーブ、男性のリターンのポイントで、女性の前衛が動く練習をしましょう。

男性のクロスのボールに飛び込んでいくのは、結構勇気要りますよね。

これに慣れておくと、女子ダブルスの試合はすごく楽に感じます。

練習メンバーに男性がいない方は、男性コーチのボールをポーチするのも良い練習になる。

とにかく、「強いリターン、ストロークをしっかり前に出てポーチで潰す」という形でいきましょう。

目と身体が慣れてくれば、きっと試合で自然に決まるようになりますよ。

 

相手のストロングポイントを潰す。

これは、前衛の仕事です。

後衛があえて、相手に攻めさせて前衛が潰す、なんてのも良い作戦。

自信満々な相手が崩れていく、ことに快感を覚えてこそテニス選手。

ぜひ、試合の中で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  2. ダブルス

    後衛が迷っていると、ダブルスは試合にならない

    ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは、後衛がしっかり…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

  4. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

    いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
  3. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い…
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  5. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本
PAGE TOP