テニス メンタル

ダブルス

「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。

これ、出来ているようでなかなか出来ないんですよね。

特に、自分が前衛にいるとき。

ポイントが欲しい、ミスしたくない、と強く思えば思うほど、試合では動けなくなる。

ペアに任せるって、本当に難しいことなんです。

 

「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

 


 

1.「後ろにペアがいる」から、前衛は動ける

前衛は、攻撃の優先権を持っている。

後ろにペアがいますから、本来もっともっと、攻撃的に動いて良いんですよね。

でも、ついコートを縦割りにして、縦半分を自分が守る・・・ような意識になってしまいませんか?

それって、遠回しに後衛を信用していない、とうこと。

自分の後ろも、後衛に任せて良い。

その分、自分が前衛で動いて点を取れば良い。

そう考えれば試合で強いのに、なかなか上手くはいかないもの、なんです。

 

2.「任せる」から、成長する

ペアで成長出来る選手は、こういう意識がある。

つまり、任せて失点しても、それは失敗じゃない。

必要なステップであり、試合の中で必要なことという感覚なんですよね。

私自身、ストレートを任せて前衛として動いて、失点しても気にしない。

そりゃ、厳しいロブやストレートが来たら、後衛だって取れないですよ。

でも、それが怖くて「何も任せられない」となる方が、怖い。

ダブルスの試合じゃないですから、もうそれって。

テニスの試合、どんどん任せてポジションチェンジしていくこと、大事です。

 

3.強い選手ほど、弱い選手に任せてみよう

この逆、が普通だと思います。

ダブルスペアで、強い選手が弱い選手に「任せられる」ことはよくあるでしょう。

でも、それって試合の中で普通のことなので、相手も予測済。

そして、強い、弱いという関係に変化は無いし、成長も無い。

しっかり、強い選手が弱い選手に「任せる」ことが大事なんです。

強い選手から動いて、その動いたポジションを弱い選手がカバーする。

こうやって得たポイントって、すごく成長につながりますから。

ダブルスのペアで実力差、があるペアはどうしても「強者優先」になってしまいがち。

それでは、任せる勇気なんて育まれないですよね。

 

4.「全部を自分でやろう!」というのは、ただの独りよがり

ダブルスの試合、こういう人が多すぎる気がします。

特に、男子ダブルスですかね。

独りよがりで、自分で全部やりたい、任せられない人。

ある程度は勝てるかも知れませんが、ペアに任せられないとポジションを変えてのプレーが出来ないので、どうしても単調になってしまう。

任せる勇気、を持てるかどうか。

これが、アナタ自身の次のステップだと思いますよ。

 

任せられれば、後衛だって必死に走ります。

どこか中途半端、だからペアとしての作戦が成功しない。

こういうケース、ダブルスの試合で多いことに気付かないと。

自分が任せられていないから、弱いんだと。

気付いたペアから、見違えるように動きが変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!

    先日、明学東村山高校の男子テニス部へボランティアレッスンで行ってきた。…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  4. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

    ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。ミスすればチャンスを決めら…

  5. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  6. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  2. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  3. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?
PAGE TOP