テニス メンタル

ダブルス

「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。

これ、出来ているようでなかなか出来ないんですよね。

特に、自分が前衛にいるとき。

ポイントが欲しい、ミスしたくない、と強く思えば思うほど、試合では動けなくなる。

ペアに任せるって、本当に難しいことなんです。

 

「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

 


 

1.「後ろにペアがいる」から、前衛は動ける

前衛は、攻撃の優先権を持っている。

後ろにペアがいますから、本来もっともっと、攻撃的に動いて良いんですよね。

でも、ついコートを縦割りにして、縦半分を自分が守る・・・ような意識になってしまいませんか?

それって、遠回しに後衛を信用していない、とうこと。

自分の後ろも、後衛に任せて良い。

その分、自分が前衛で動いて点を取れば良い。

そう考えれば試合で強いのに、なかなか上手くはいかないもの、なんです。

 

2.「任せる」から、成長する

ペアで成長出来る選手は、こういう意識がある。

つまり、任せて失点しても、それは失敗じゃない。

必要なステップであり、試合の中で必要なことという感覚なんですよね。

私自身、ストレートを任せて前衛として動いて、失点しても気にしない。

そりゃ、厳しいロブやストレートが来たら、後衛だって取れないですよ。

でも、それが怖くて「何も任せられない」となる方が、怖い。

ダブルスの試合じゃないですから、もうそれって。

テニスの試合、どんどん任せてポジションチェンジしていくこと、大事です。

 

3.強い選手ほど、弱い選手に任せてみよう

この逆、が普通だと思います。

ダブルスペアで、強い選手が弱い選手に「任せられる」ことはよくあるでしょう。

でも、それって試合の中で普通のことなので、相手も予測済。

そして、強い、弱いという関係に変化は無いし、成長も無い。

しっかり、強い選手が弱い選手に「任せる」ことが大事なんです。

強い選手から動いて、その動いたポジションを弱い選手がカバーする。

こうやって得たポイントって、すごく成長につながりますから。

ダブルスのペアで実力差、があるペアはどうしても「強者優先」になってしまいがち。

それでは、任せる勇気なんて育まれないですよね。

 

4.「全部を自分でやろう!」というのは、ただの独りよがり

ダブルスの試合、こういう人が多すぎる気がします。

特に、男子ダブルスですかね。

独りよがりで、自分で全部やりたい、任せられない人。

ある程度は勝てるかも知れませんが、ペアに任せられないとポジションを変えてのプレーが出来ないので、どうしても単調になってしまう。

任せる勇気、を持てるかどうか。

これが、アナタ自身の次のステップだと思いますよ。

 

任せられれば、後衛だって必死に走ります。

どこか中途半端、だからペアとしての作戦が成功しない。

こういうケース、ダブルスの試合で多いことに気付かないと。

自分が任せられていないから、弱いんだと。

気付いたペアから、見違えるように動きが変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーに…

    どうして、自分のパートナーはなかなかサービスをキープできないんだろう。…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

    ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。リターンのときに、よく…

  6. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニングが最重要!

    ダブルスのポーチは重要だ!ポーチをしっかり決めると、相手はボレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なもの…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?
  4. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう
  5. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です
PAGE TOP