テニス メンタル

ボレー

「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?

パートナーのサーブが入らないで、セカンドサーブも弱々しい感じになっていく。

相手は前に入ってリターン、クロスにズドンと打って前に出て・・・もう、万事休す。

こういう時にこそ、私はサーブ側の前衛の出番だと思いますよ。

だって、相手の立場に立ってみると・・・その理由が分かるはずです。

 

「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

 


 

1.良いサーブ → ポーチ?

でしか、動けない前衛の人って多くないですか?

私からすると、本当に甘えるなという話なんですよ。

良いサーブはリターンの力が無いから、前衛として出やすい、とでも思っているんだと思います。

つまりは、サーブが良くないと動けないということですよね。

それって、前衛にいる意味あると思いますか?

そういうナイスサーブは、前衛で触らなくてもサーブを打った本人でも充分に決まる可能性が高い。

良いサーブじゃないと動かない前衛は、試合では使えません。

 

2.絶対無理だ・・・と、きっと相手も思っている

弱々しいセカンドサーブ、これをリターンで狙っていく。

その選手は、何を考えていると思いますか?

「このサーブならクロスにリターンして、安心して前に出れるな・・・前衛も、動かないだろう」と。

つまりは、甘いサーブだからストレートをケアしているだろうと、そう考えているはず。

安心してクロスリターンから、押し気味に進めていくことを選択するはずなんです。

だからこそ、チャンス!

アナタ自身、前衛が先回りしてポーチに出る。

これがダブルスの醍醐味ですし、パートナーの力になるということなんです。

 

3.コツは、「先回り」

こういう相手が攻めて来る場面では、当然相手のポジションは前。

リターンも、タイミング早く打って来るでしょう。

ですから、いつも通りにポーチに動いても、少し遅い。

飛びつく感じで、良いボレーは打てないでしょう。

相手がリターンダッシュする、チャージしてくるような場面では、先回りが大事。

私は、いつもより早くスタートを切ります。

スタートを切る前から、ジワジワとポジションをセンター気味に寄せておく。

あえてクロスに打たせて、仕留める感じですね。

ラケットは当然、コンパクトに動かします。

相手が強打してチャージしてくる場面ですので、その力を使えば良い。

相手も意表を突かれる感じになると思うので、きっと慌ててくれますよ。

 

4.逆転の発想を、常に持つこと

「普通は難しい」と思う時ほど、アナタ自身のチャンスです。

普通の逆、を実践していくことが、アナタ自身の強さになる。

逆転の発想を、常に意識して下さい。

弱いサーブの方が、ポーチに出やすい。

相手が攻めて来る場面の方が、前衛の出番。

人と同じようにしていて、どこか安心していませんか?

それでは、今まで通りのアナタでしかない。

絶対に無理だ・・・という場面で、動ける前衛でありたいじゃないですか。

そうやって、パートナーのサービスゲームをキープに導いていきましょう!

 

相手が攻める瞬間、こそチャンス!

テニスは必ずネットを越えて、ボールを相手コートに運ぶ。

だからこそ、そこで仕留めれば逆転出来る。

決めようと思わなくて良いですよ。

決めようと思っているのは相手、ですから。

それを返すだけで、アナタ自身の立派な攻撃の完成です。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  3. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

    深いボレー、浅いボレー。この打ち分けを、腕の力だけで行ってはい…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

  6. テニス ハードコート

    ボレー

    オムニコートで滑るボレー、次に対応出来ますか?

    意外と、男性プレイヤーでやってしまうケースが多い、このネットプレー。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス
  2. テニス ボレー

    サーブ

    シングルスの試合でのファーストサーブがフォルトすることの意味を、アナタはまだ真剣…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
  5. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと
PAGE TOP