その他

今の状況になって、気付いたこと

目次

しばらく更新が滞っておりまして、すみません。

みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?

正直私は、これほどの事態になるとは…という感じです。

そして今、こういう状況になったからこそ感じることがたくさんあります。

ありのままに、今感じることを書いてみたいなと思います。

記事が、書けない

T-PRESSの記事は、今まで5,000記事以上書いて来ました。

記事数だけで言えば、我ながら大したもんだと思います。

もちろん、中には質が伴わない記事もたくさんありましたが…それもこれも、書いてみて気付いたこと。

ですので、私自身は記事の本数にはすごく意識高く持っていたつもりでした。

仕事の合間、テニスの合間、とにかくゲーム感覚で記事を書いてました。

自分のテニスをやって気付いたこと、観て気付いたこと、YouTubeの撮影の合間で気付いたこと、など…。

「時間があれば、もっとしっかり書けるのになぁ」なんてことばかり、考えてました。

でも、実際はどうでしょうか。

私自身が在宅勤務になり、そりゃもう時間はめちゃくちゃありますよ。

でも、約1ヵ月間、1記事も書けなかった。

これが現実なんです。

私自身が一番驚いてますし、情けないというか…なんでこうなっちゃうんだろうと。

考えて悩んで、改めて気付いたことがあります。

ボールを打ってないと、試合をしてないと

書けないんです、実際。

私自身、ここまでテニスをしない時期ってなかなか無いんですが…それでも、書けると思っていました。

でも、それは違ったんです。

自分でボールを打って、試合をしないと、記事って書けない。

過去のことを思い出しても書けますが、それってどこか以前にも書いたような内容になるし、自分でも満足のいく内容にはならない。

何度か書こうとして書き始めてみたんですが…途中で止めてしまいました。

「こんなにも、内容の薄いものしか書けないのか…」と、自暴自棄になって。

それだけ、生の感覚というのが大事だったんだなと。

そして何より、「明日の練習、試合で使って欲しい!」という熱意が今持てなくなっていること。

これが大きいんだと、改めて気付きました。

だからこそ、今だからこそ、私は書きたいことも生まれてきました。

今のまま、考えていることや未来について

書いていきたいなと思います。

例えば、記事更新の背景にある部分や、YouTubeの撮影秘話や運営方法など。

どれだけの人が参考にしてくれるか分かりませんが、こういうご時世ですので自分でメディアを持ちたい、運営したい、副業を始めてみたいという方もいらっしゃるはず。

そういう方に、自分の経験を少しでも活かせてもらえたら、と思っています。

私で出来るんですから、きっとみなさんも出来るはず。

ブログやYouTubeって、本当に始めるのは簡単です。

ただ、何より続けるのが難しい。

そこのちょっとしたコツみたいなものをまとめていくことで、また自分自身も新しい価値を生めるんじゃないかと。

あくまで自分の成長の為にも、チャレンジしていこうと思います。

とはいえ、テニスの試合に関する知識や技術、提案もどんどん更新していきます!

改めて心機一転、T-PRESSは新しいフェーズへ挑んでいきます。

その主役は、間違いなくこのブログ読者のみなさんです。

ぜひ、この時期だからこそ出来ることをやり続け、一緒に力を蓄えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス関連の記事は note へ
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・

    暑い毎日が続く。こういう時期はしっかりと水分補給しながら練習し…

  2. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  3. その他

    「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと

    「試合に勝つとかじゃなくて、テニスを楽しみたいんです」というご…

  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  5. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイントとは?

    今週から始まりました、全豪オープンテニス!錦織選手も初戦を突破…

  6. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
  2. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
  3. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる
  4. テニス メンタル

    戦術

    「何も攻撃して来ない相手」には、あえて空きコースを作って狙わせてみると良い
  5. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
PAGE TOP