その他

自分にとって、一番大切なモノ

今だからこそ、考えてみたいこと。

私は、高校時代に授業で経験した、ある問いかけを今でも凄く覚えています。

日本が、そして世界が今苦しい状況にあるからこそ、私にはこの思い出が蘇って来ます。

大袈裟な話、ではないでしょう。

みなさんもぜひ、時間が出来る今だからこそ考えてみて欲しいことがあります。

アナタ自身にとって、一番大切なモノは何ですか?

「宗教」の授業で

私の高校は、いわゆる仏教の教えを元に基づいた教育が基本理念としてありました。

それこそ、「宗教」という授業があったんですよね。

こう書くとすごく怪しい、稀有な感じに思われる方も多いと思いますが、そんなことはありません。

仏教と言っても実はすごく現実的で、リアルに今をどう生きるのか?について考える、とても良い機会でした。

その授業の中で、「自分にとって、一番大切なモノは何か?」という問いかけがあり、それぞれ個人で答えていったんです。

私が答えたのは…

何て答えよう、と考えて順番を待ちました。

私は苗字が「と」から始まるので、出席番号でも真ん中くらい。

前からでも後ろからでも、ちょうど中間くらいだったので考える時間はたっぷりありました。

そこで考えて出した答えが、「スポーツ」でした。

当時私は体育の先生になりたい!と思っていたのと、テニス漬けの毎日でしたから。

それに対して、すごく自信を持っていたように思います。

その他のクラスメイトは「お金」や「両親」、「夢」というような答えが多かったように記憶しています。

そこで、先生に言われた言葉があります。

「命」が無ければ、始まらない

色々な人が挙げた、自分にとって一番大切なモノ。

それも全て、自分の命があればこそ。

だから、命を一番大事にしないといけない、というのが先生の伝えたいことでした。

当時は、「そんなの当たり前じゃないか」くらいにしか思いませんでした。

でも、今になって思うんです。

これはすごく重く、大切な考え方だなと。

自分の命があるからこそ、スポーツも出来る、テニスも出来る。

そこに対して感謝の気持ちがなければ、大切にしようとも思わなくなる。

無意識に活きていると、命って本当に大切だと思えなくなる。

私は今のこういう時期だからこそ、この話を思い出し、書いておきたいと感じました。

東京オリンピックも延期になり、暗いニュースばかりが目に付く毎日。

テニスをやりたくてもなかなか出来ない、一般の方もプロ選手、関係者のみなさんも非常に辛い毎日だと思います。

でも、私たちにはまだ「命」があります。

命があれば、またラケットを持って黄色いボールを打つことも出来るでしょう。

テニス一つ、自分には楽しみがある。

そう思えることに、今日も感謝しながら。

今は静かに力を溜めつつ、研鑽を積んでいく。

T-PRESSも、コロナウィルスが収まった後には、色々とガッと動けるように。

せっかく生かされている命、ですから。

大切に、感謝しながら思いっきり使わせて頂きたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

    学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。社会人になって…

  2. その他

    【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、表題の…

  3. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ

    テニスの試合、会場に着いたら一気に緊張感が高まりますよね。周り…

  4. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

  5. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  6. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
  2. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう
  3. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね
  4. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な…
  5. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めて…
PAGE TOP