その他

自分にとって、一番大切なモノ

目次

今だからこそ、考えてみたいこと。

私は、高校時代に授業で経験した、ある問いかけを今でも凄く覚えています。

日本が、そして世界が今苦しい状況にあるからこそ、私にはこの思い出が蘇って来ます。

大袈裟な話、ではないでしょう。

みなさんもぜひ、時間が出来る今だからこそ考えてみて欲しいことがあります。

アナタ自身にとって、一番大切なモノは何ですか?

「宗教」の授業で

私の高校は、いわゆる仏教の教えを元に基づいた教育が基本理念としてありました。

それこそ、「宗教」という授業があったんですよね。

こう書くとすごく怪しい、稀有な感じに思われる方も多いと思いますが、そんなことはありません。

仏教と言っても実はすごく現実的で、リアルに今をどう生きるのか?について考える、とても良い機会でした。

その授業の中で、「自分にとって、一番大切なモノは何か?」という問いかけがあり、それぞれ個人で答えていったんです。

私が答えたのは…

何て答えよう、と考えて順番を待ちました。

私は苗字が「と」から始まるので、出席番号でも真ん中くらい。

前からでも後ろからでも、ちょうど中間くらいだったので考える時間はたっぷりありました。

そこで考えて出した答えが、「スポーツ」でした。

当時私は体育の先生になりたい!と思っていたのと、テニス漬けの毎日でしたから。

それに対して、すごく自信を持っていたように思います。

その他のクラスメイトは「お金」や「両親」、「夢」というような答えが多かったように記憶しています。

そこで、先生に言われた言葉があります。

「命」が無ければ、始まらない

色々な人が挙げた、自分にとって一番大切なモノ。

それも全て、自分の命があればこそ。

だから、命を一番大事にしないといけない、というのが先生の伝えたいことでした。

当時は、「そんなの当たり前じゃないか」くらいにしか思いませんでした。

でも、今になって思うんです。

これはすごく重く、大切な考え方だなと。

自分の命があるからこそ、スポーツも出来る、テニスも出来る。

そこに対して感謝の気持ちがなければ、大切にしようとも思わなくなる。

無意識に活きていると、命って本当に大切だと思えなくなる。

私は今のこういう時期だからこそ、この話を思い出し、書いておきたいと感じました。

東京オリンピックも延期になり、暗いニュースばかりが目に付く毎日。

テニスをやりたくてもなかなか出来ない、一般の方もプロ選手、関係者のみなさんも非常に辛い毎日だと思います。

でも、私たちにはまだ「命」があります。

命があれば、またラケットを持って黄色いボールを打つことも出来るでしょう。

テニス一つ、自分には楽しみがある。

そう思えることに、今日も感謝しながら。

今は静かに力を溜めつつ、研鑽を積んでいく。

T-PRESSも、コロナウィルスが収まった後には、色々とガッと動けるように。

せっかく生かされている命、ですから。

大切に、感謝しながら思いっきり使わせて頂きたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 7/30(火) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 in テニス…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  2. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイントとは?

    今週から始まりました、全豪オープンテニス!錦織選手も初戦を突破…

  3. テニス 疲れ
  4. その他

    来年のイベントについて

    いつもT-PRESSを応援して頂きありがとうございます少し早…

  5. その他

    自分のブランド作りを考える2024年

    今年やりたいことの一つとして、私富田のブランド作りがあります…

  6. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  2. テニス 客観視

    メンタル

    苦しんだ人じゃないと、テニスは楽しめない
  3. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやって…
  4. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い
PAGE TOP