テニス コート

戦術

負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。

一般の草トー大会でも、全日本クラスの大会でも、同じことが言えます。

試合に負けて、もう次の試合が無くなった状態で、どうするのか。

私は、この次の行動でその人の強さ、将来性が見えてくると思いますよ。

 

負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

 


 

1.自分に勝った相手、の次を見届ける

これ、なかなか出来ないですよね。

試合に疲れたらもう帰りたいし、負けた自分はあまり人の目にも触れられたくない。

早く試合会場から去りたい、というのが本音でしょう。

私だってそうです。

でも、アナタ自身に勝った相手、の次の試合を見ることはすごく大事。

自分の試合、以外にどんなテニスをしているのか。

また近いうちに別な大会で対戦するかもしれないし、その対戦相手も、試合で当たるかも知れない。

自分の為に、しっかり見ておくことは大事なんです。

 

2.負けた相手の、どこを見るのか?

私は、自分が負け相手のどこを見るのか。

それは、「試合で出来なかったこと」をやっていたら、どうなっていたのかを考えます。

テニスの試合、普通は1セットマッチ、あっという間です。

だから、出来ないこともあってそのまま試合終了、なことも多い。

その中で出来なかった作戦、を次の相手がやってくれれば参考になる。

もしそれが良い形、になれば「なぜ実行出来なかったのか」も考えてみる。

自分の決断、が少し誤ってしまったのは、なぜだろう。

こう考えるだけで、試合を見る価値はすごくありますよ。

 

3.ただダラダラと、会場に残るのは逆効果

「とにかく残れば良いのか」と思った方、ちょっと違います。

あえて、苦言を呈しますが、テニスの大会会場に負けた後にずっと仲間とおしゃべりしながら残っているような人は、ダメ。

ジュニアチーム、ベテラン、シニアのサークルのみなさん。

確かに、久しぶりに会って試合が終わり、ホッとしているのは分かります。

でも、試合の後にどういう時間を過ごすのか、はアナタ自身のすごく大事な部分。

テニスノートを書いたり、他の試合を見たり、その瞬間にしか出来ないことがたくさんあります。

そういう時間を使わずに、ただ群れているだけの人は強くなれない。

これは、私の経験上間違いない、です。

 

4.自分との試合の勝者の次の試合、だけ見たらさっさと帰ろう

私は、これをお勧めします。

次の試合を見る、テニスノートを書く、そしてさっさと帰る。

それ以上見ても、ダラダラしてしまうだけ。

この切り替え、が出来る人は強いでしょう。

当たり前ですが、要は自己管理がしっかり出来ているということ。

自己管理が出来ているから、負けた後の試合でも決まったルーティーンがあり、「自分の栄養素」に出来ている。

なかなか、これが出来ないんですよね。

負け試合を、しっかりと自分の糧に出来るかどうか。

それは、アナタ自身の試合後、1時間の過ごし方にかかっています。

 

つい、試合に負けた後はだらけてしまいます。

すごく、気持ちは分かりますが、その試合後の時間はまさにゴールデンタイム。

どんなに悔しくても、終わった試合は仕方が無い。

問題は、次にどう活かすか、です。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. 戦術

    1セットマッチ、2-2でリードしているのは自分

    私たちの試合の多くは、1セットマッチ。この進め方について、し…

  2. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい

    「何だかこの相手のテニス、分かりやすいな」と、感じる時。こうい…

  3. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

  4. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう

    テニスの大会、公式戦や草トーナメント、様々な大会に皆さん出場していると…

  5. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  6. 戦術

    「自分たちは、何を目指してるんだ?」

    改めて、これを確認しましょう。もう今年も、1月が終わろうとし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
  2. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う
  3. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  5. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ
PAGE TOP