テニス 並行陣

戦術

試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること

試合の中で、ガクッと来るような場面。

それって、例えば長いラリーで失点したような時、じゃないですかね。

せっかく粘ったのに、チャンスはあったのに、落としてしまった・・・と思っていると、どうでしょう。

引きずってしまって、その次からのポイントにも悪影響、が出てしまいませんか?

 

試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること

 


 

1.競って落とすポイント、そんなのばかり

テニスの試合は、実際に拮抗してくるとそんなポイントばかり。

ラリーは長いし、どっちに転ぶのか分からないようなポイント、は多くなります。

どうしても、私たちは損したと思ってしまいがち。

長いラリーを落としてしまうと、精神的にもこたえますよね。

でも、この発想はもったいないし、損するだけ。

「せっかく頑張ったのに、落としてしまった・・・」という発想は、卒業していきましょう。

 

2.相手から奪ったもの、印象付けたもの、に目を向ける

長いラリーの後には、失ったものは考えない。

こちらが手に入れたもの、に目を向けましょう。

シングルスの試合なら、どの程度体力を削れたのか。

何を印象付けたのか、相手はさっきのポイントを終えて、何を考えているのか・・・をイメージしてみる。

落としたポイントは変えられないですが、アナタ自身が得たもの、に気付くことは出来るはず。

次のポイントからは、その得たもの、を活かして戦略を決めて行ければ良い。

私なら、「長いラリーを嫌がっていたのかどうか?」に着目します。

嫌がっていたなら、相手は次から積極的に早くポイントを終わらせようと動いてくる可能性も高い。

そういう相手には、隙が生まれやすいですからね。

大事なのは、アナタ自身が失ったポイントをどう活かすのか、です。

 

3.長いラリーを続けていれば、試合のリズムは出て来る

みなさん、思い出してみて下さい。

試合に負けるときって、「あんまりラリー出来なかったな・・・」と、思うこと多くないですか?

長いポイントは、確かに落とせば痛いですけど、それだけ試合になっているということ。

試合のリズム、は出来ているということになります。

ですから、焦る必要や損したという発想は全く必要ない。

アナタ自身のペースで進んでいる、くらいに考えておいて良いんです。

 

4.長いポイント=頑張ってるポイント?

という発想も、ちょっと違います。

それは結果的に長いラリーになっただけで、アナタ自身が頑張ったかどうかなんて、無意味。

そういう尺度でポイントを測っていると、試合は進め辛くなります。

短いポイントでも長いポイントでも、頑張り度合いは変わらない。

結果的に長いラリーになっただけで、それを落としても、特にダメージは無いはず。

試合慣れしていない人は、損したという発想になるかも知れませんが。

それで必要以上に落ち込んでいたら、そりゃ試合にも勝てないですよ。

 

そもそも、練習からミスが早い、ラリーが短い人。

こういう人ほど、もったいないという発想に陥りがち。

試合の中でラリーが続いていくと、ソワソワする人、多いですよね。

どっしり構えて、いくらでも相手と付き合う姿勢、落としても同じない心。

これが準備出来ていないと、テニスの試合では勝てません。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

  2. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて

    試合運びが上手い人って、みなさんの周りにもいませんか?上手くポイン…

  3. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない

    皆さんは今、育てている技術、ありますか?私は今、ロブをまた一か…

  4. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事

    試合の中で、動いて試して、それでも勝てなかった試合。これは、間…

  5. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

    どうも最近、自分の成長が止まっている気がする。今いるカテゴリ、…

  6. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

    何か新しいことを始める、練習する。その中で、皆さんはきっと最初…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  2. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには…
  5. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう
PAGE TOP