テニス ポジショニング

戦術

目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

何度か記事で書いてきましたが、テニスはポジショニング勝負。

それは、なぜか。

強い相手との対戦ほど、「いつも通り」に戦っては勝てないからです。

相手の立場に立って、こういう視点でテニスを考えてみましょう。

 

目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

 

1.例えばダブルスなら、2バックの陣形が有効

相手のサーブが、どうしようもないくらいに強い。

リターンでも触るのがやっと・・・なら、もうリターンしない選手もベースラインまで下がってしまう。

「いやいや、それでもサーブを打つ選手が強かったら、意味ないでしょ!」と、思いますか?

本当に強い選手はそうでしょうが、きっとほとんどの選手はこの「前衛が下がる」というだけで嫌なはず。

だって、目の前の光景が変わる訳ですから。

これって、「いつも通り」にテニスをさせない、一番簡単で効果的な作戦、だと思いますよ。

 

2.相手前衛だって、力んでミスが増える

「でも、リターンが相手の前衛につかまったら、一緒じゃないの?」と思う方もいるでしょう。

もちろん、これも違います。

ダブルスは2人が後ろに下がったら、そう簡単にはポイントを奪われない。

ドロップボレーは全力で走る。

広範囲を下がって守る、ことはもちろん大事なんですが、それ以上に相手の目の前の「景色を変える」ことが大事。

こういう部分で、メンタルが崩れていく人、多いですよ。

サーバーも前衛も、力んでミスしてくれる。

そのミスを誘うには、まずポジショニングから変えて景色を変えること、です。

 

3.「誰にでも出来る」のに、「やっている人」は少ないのが現実

私がなぜ、これを書くかと言えば「誰にでも出来る」ことだから。

技術的な話は、言ってもミスもあるし当たり損ないも多い。

でも、ポイントが始まる前のポジショニングの変更なら、ミスは絶対に無い。

ベースラインまで前衛が下がる、だけですからね。

要は、やるかやらないか。

やってみようと、思うか思わないか。

ストロークに自信が無くたって、良いじゃないですか。

相手の調子が良い、強い、シード選手・・・相手に、普通にカッコつけて試合しても勝てないですよ。

大事なのは、抗うこと、もがくことです。

 

ベースラインに2人、の2バックだけじゃない。

2人前の並行陣、もっと言えば2人前衛のダブルポーチ、それからクロスの選手だけ前に出るような逆陣形。

アナタが思っている以上に、テニスには色々な陣形があります。

だから面白い、セオリーはあるけど、正解は無い。

いや、強い選手、格上相手にがっぷりおつで正々堂々戦う、ことは不正解、でしょうね。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

    試合の中では、「あそこに打ちたい!」と思いますよね。相手がいな…

  2. 戦術

    テニスの試合を観戦して、強くなる人の特徴5つ

    テニスの試合を生で観戦すること。私は、これは自分を選手として成…

  3. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう

    テニスの試合で、大事な要素となるカウンターショット。これが上手…

  4. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く

    試合前に、テニスノートを書く。ことについては以前も、その重要性…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

    夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。毎年思うのが、野球って延長戦…

  6. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

    傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で
  3. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟
  4. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は…
PAGE TOP