テニス ポジショニング

戦術

目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

何度か記事で書いてきましたが、テニスはポジショニング勝負。

それは、なぜか。

強い相手との対戦ほど、「いつも通り」に戦っては勝てないからです。

相手の立場に立って、こういう視点でテニスを考えてみましょう。

 

目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

 

1.例えばダブルスなら、2バックの陣形が有効

相手のサーブが、どうしようもないくらいに強い。

リターンでも触るのがやっと・・・なら、もうリターンしない選手もベースラインまで下がってしまう。

「いやいや、それでもサーブを打つ選手が強かったら、意味ないでしょ!」と、思いますか?

本当に強い選手はそうでしょうが、きっとほとんどの選手はこの「前衛が下がる」というだけで嫌なはず。

だって、目の前の光景が変わる訳ですから。

これって、「いつも通り」にテニスをさせない、一番簡単で効果的な作戦、だと思いますよ。

 

2.相手前衛だって、力んでミスが増える

「でも、リターンが相手の前衛につかまったら、一緒じゃないの?」と思う方もいるでしょう。

もちろん、これも違います。

ダブルスは2人が後ろに下がったら、そう簡単にはポイントを奪われない。

ドロップボレーは全力で走る。

広範囲を下がって守る、ことはもちろん大事なんですが、それ以上に相手の目の前の「景色を変える」ことが大事。

こういう部分で、メンタルが崩れていく人、多いですよ。

サーバーも前衛も、力んでミスしてくれる。

そのミスを誘うには、まずポジショニングから変えて景色を変えること、です。

 

3.「誰にでも出来る」のに、「やっている人」は少ないのが現実

私がなぜ、これを書くかと言えば「誰にでも出来る」ことだから。

技術的な話は、言ってもミスもあるし当たり損ないも多い。

でも、ポイントが始まる前のポジショニングの変更なら、ミスは絶対に無い。

ベースラインまで前衛が下がる、だけですからね。

要は、やるかやらないか。

やってみようと、思うか思わないか。

ストロークに自信が無くたって、良いじゃないですか。

相手の調子が良い、強い、シード選手・・・相手に、普通にカッコつけて試合しても勝てないですよ。

大事なのは、抗うこと、もがくことです。

 

ベースラインに2人、の2バックだけじゃない。

2人前の並行陣、もっと言えば2人前衛のダブルポーチ、それからクロスの選手だけ前に出るような逆陣形。

アナタが思っている以上に、テニスには色々な陣形があります。

だから面白い、セオリーはあるけど、正解は無い。

いや、強い選手、格上相手にがっぷりおつで正々堂々戦う、ことは不正解、でしょうね。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. 戦術

    なぜ、打った後の反応が遅れるのか?

    良いショットが打てるのに、なかなか試合では勝てない。そういう…

  2. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない

    テニスを教わること、試合に出ること。これの明確な違いって、私は…

  3. 戦術

    取り返したい、時ほど冷静に

    試合の中で、冷静さを失う時。それって、相手に「やられた時」だ…

  4. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ

    今日も暑い・・・ですね・・・。梅雨入りしたときの暑さは、もしか…

  5. 戦術

    「ゆったりしたテニス」を受け入れて、得意になれば勝てる

    練習ではすごく上手いのに、試合で弱い人。それって、こういう方が…

  6. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    身近になれば、それは掴める
  4. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
PAGE TOP