テニス 環境

ダブルス

ダブルスの試合、やっぱり「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

「あぁ・・・今のポーチ行けたよな・・・」と、何度も試合で後悔する。

私自身、そうです。

つい手を出そうと思っても、後衛に任せてしまう。

相手にとって邪魔な前衛になるって、難しいですよね。

 

ダブルスの試合、やっぱり「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

 

■ミスは怖い、誰だって怖い

前衛のミスって、それはつまり失点に即つながるということ。

後衛のミスだと、そのチャンスを相手前衛に決められる・・・ことはよくありますが、まぁ自分だけの責任じゃないようにも見える。

前衛のミスって、「攻撃的にいってミスした、自己中心的なミス」と思われがち。

でも、本当にそうですか?

動かないでじっとしている、その前衛はミス以前の問題、だと私は思います。

だって、やっぱりミスしても動かれる、ポーチに出て来る前衛の方が嫌ですもの。

 

■「ボールに触らない」ことも、前衛にとってはミスである

ポーチに出ないで、ポイントを終える。

この方が、試合の中では多いですよね。

でも・・・どうですか?

結果的に試合に、勝てていますか?

ポーチに動いてこない前衛って、プレッシャーも無いので相手に「楽」をさせている。

ミスしたって、動かれる方が気になるし、自分のペースが乱される。

ダブルスの試合って、前衛が絡まないと絶対に強くはなれない。

ボールに触らない、ラリーに絡まなまい前衛って、立ってるだけでミスしている、という自覚を持ちましょう。

 

■ポーチに動けば、どんな結果であろうとミスではない

良いじゃないですか、ストレートに打たれて抜かれても。

それは、相手のナイスプレーであってミスでは無い。

絶対に、ペアに謝ってはいけません。

「今ストレート抜かれたけど、プレッシャーかけといたから!」くらいの気持ち、で良いんです。

私が後衛、サーバーやリターンの側なら、「ありがと!プレッシャーかけてくれて!」と言いますよ。

だって、自分の方にボールを呼び込めているんですから。

それだけで、まず成功なんです。

 

ダブルスの試合、まだまだ皆さんは前衛の動きが足りない。

どんどん絡んで、どんどん触って、どんどんミスしたり得点したり、していきましょう。

繰り返しますが、これだけは言えます。

前衛がボールを触っているダブルス、は絶対に強い。

強くなるのです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

    スポーツには、ルールがある。ですがこのルールに違反さえしなければ、…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

    私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみる

    学生の皆さんは特に、シングルスもダブルスも両方をプレーする、選手の方が…

  4. ダブルス

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  5. ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス力

    「ダブルスで並行陣を教えたいんだけど・・・」という質問を受けた。…

特集記事

  1. テニス タオル
  2. テニス 練習
  3. テニス トレーニング
  4. テニス ガット
  5. テニス ラケットバッグ
  1. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想…
  2. メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ
  3. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高め…
  4. サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ
  5. その他

    テニス部の後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだと逆にか…
PAGE TOP