サーブ

相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」してくれるかも知れない

ダブルスフォルトは、皆さんどんなときに多くなりますか?

「サーブの調子が悪いとき・・・」というときもあるかも知れませんが、実はそれ以外の要因も大きいはず。

例えば相手のリターンが強力で、サービスゲームなのに押されてしまう。

深く打とうとして力が入り、フォルトしてしまう・・・なんてこともあるんじゃないでしょうか。

このシチュエーション、やはり自分がリターンのときに作り出したいですよね。

しっかりセカンドサーブをチャージしてく、攻撃していくことは現代テニスでは必須です。

 

相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」してくれるかも知れない

 


 

■リターンゲームの、理想形を考えてみよう

アナタが理想とするリターンゲームは、どんな展開ですか?

私は一言で言えば、「相手がサーブを打つのが嫌になる」ようなシチュエーションを作ること。

それくらい、セカンドサーブは入れても攻撃されるし・・・もう、打ちたくない・・・というような感じに、相手を追い込むことです。

こういったリターンゲームにもっていくことが出来れば、アナタ自身もう勝ったようなものでしょう。

そうする為に、どうするか、を考えてみましょう。

 

■ファーストサーブはしっかり返球する、ことでプレッシャーになる

まずは相手のファーストサーブを、しっかり返球する。

スライスでも良いので、リターンミスを減らすことが大事です。

なぜなら、そうすることで相手は、「もっと強く打たないと、決まらないな・・・」と思ってくれるから。

しぶとく返球していれば、きっとファーストサーブの確率は下がっていくはず。

そうすれば相手がセカンドサーブを打つ機会が増えるので、それだけチャンスが拡がるということ。

まずはファーストサーブをリズム良く打たせない、というのが大事です。

 

■セカンドサーブは、前に踏み込んで攻撃していく

セカンドサーブは、そもそも相手も入れにくる可能性が高い。

ポジションをしっかり前に取り、高い打点で打っていきましょう。

相手は、特に試合慣れしていない選手であれば「入ったことに安心」している可能性が高い。

だからこそ、速いタイミングでリターンを返球することで慌てて準備が出来ない。

出来ないから落ち込んで、サーブを打ちたくない・・・というようなメンタルになってくれるのです。

 

セカンドサーブに自信が無くなると、テニスは厳しい。

まずは相手に、「セカンドサーブを打たせる機会」を増やす方法を考えましょう。

調子が良い相手でも、アナタのファーストサーブへの対応で何かを変えていけるかも知れない。

相手の調子が良いから諦める、のではなく、調子を崩す方法と武器を準備しましょう。

そしてセカンドサーブは、しっかり攻撃していくこと。

これだけで、テニスの試合の勝率はだいぶ上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  2. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  4. テニス ロブ

    サーブ

    ダブルスの試合、ノータッチエースは一人の仕事じゃない

    シングルスの試合より、ダブルスの試合の方が多い。私は、そんな気…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  6. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨いて試合で使おう

    左利きの方のサーブは、厳しい。そんな漠然とした先入観があるのは…

特集記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、…
  2. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失…
  4. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?
  5. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう
PAGE TOP